« Indy 500 | トップページ | めv君とSSBでQSO »

2020年8月25日 (火)

研いだ

20200824-230811まだ時期には早いのですが思うところあってまた蕎麦打ちたいな、と
ここのところうどんばかり打ってました、包丁も鈍ってきました。
薄刃の直刃は気合い入れないとなかなか難しいです。
まずは砥石の台直しから..
現状は刃の両端が研ぎ減りして中央が気持ち丸く出ている感じ、これを意識しながら補正するように研ぎました。
うっすらカエリが出るくらいまで研いで仕上げ、まずまず。

 

 

20200824-234324普段使いのGlobalの包丁(下)、普段使いのレザーマン(上)、お気に入りのWilliam Henry(中央:関市MokiのOEM製作)をタッチアップ。
包丁はカミさんから
『身がなくなるからそんなに研ぐな』
と言われております^^; だいぶ形が変わりました。

|

« Indy 500 | トップページ | めv君とSSBでQSO »

コメント

刃物の世界は面白い
大陸では同じ包丁なのに
わが国では沢山種類がありますね
伊豆松崎の刃物屋さん
ミニの包丁が色々と並んでいました
全部切れるんだ、と教えて頂きました
可愛い孫ちゃんと話をしていたら
お店からじいちゃんが出てきて話して頂きました

投稿: | 2020年8月25日 (火) 08時33分

あれ?お名前が..

ミニチュア包丁ってあちこちの刃物屋さんでよく作ってますね
技術の紹介ってこともあるんでしょう
私のyoutubeのお薦め動画にもよく出てきますHi

投稿: Yamada | 2020年8月25日 (火) 09時27分

おっ、失礼しました
名前無しになっていました
失礼しました

投稿: sky | 2020年8月25日 (火) 12時52分

skyさんと思ったんですがちょっとIPで追えませんでした
なんでだろう

投稿: Yamada | 2020年8月25日 (火) 13時25分

ステンレスに鋼を混ぜて刀鍛冶さんに作っていただいた包丁が硬く砥ぐのも面倒になりMac包丁のセットを買って届いたが切れない研ぎ目を見ると荒削りすぎが原因かな
仕方なく中砥と仕上砥で仕方なく研ぎ直し
刀鍛冶さんに作っていただいたのは出刃包丁も兼用できるように少し厚みがあり重量感があるためにMAC包丁は軽すぎて切れ味が悪い😅
今まで28センチと32センチを使ってたので慣れるまで仕方ないとあきらめ
衝動買いはダメですね(反省)

投稿: kazu260 | 2020年8月27日 (木) 08時09分

MACと銘が入った包丁過去に所有していたかもしれません
堺の包丁ですね。
薄刃でしなしなする感じだったかな。

うちのは三条です。
鋼材は公表されておらず研いだ感じでは柔らかめです。
家庭用としてはすぐ刃がつくし研いでしばらくはよく切れるのでまあまあ使いやすいのではないかな?と思います。

麺切り包丁は白紙です。
出刃や薄刃は割り込みのものがあります、切れ味はそちらのほうがいいですが仕事しているときはメンテナンスが出来ませんでした。
青紙の包丁は持ってません、硬いですよね。
鰹節削りのカンナだけ青紙です。

投稿: Yamada | 2020年8月27日 (木) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Indy 500 | トップページ | めv君とSSBでQSO »