2017年9月29日 (金)

どうなんだ邦題

去年製作された映画で以前から評判を聞いて面白そうだなと思ってた"Hidden Figures"がようやく公開される。
だけど、その邦題が『ドリーム』なんだそうでちょっと膝がカクっとしました。
なんでそうなった?
Hiddenは隠された、表に出てこなかったということ、Figuresは人物(の影)と数字、計算といった意味をかけた上手い表現じゃないですか、ねえ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

フェミニストのつもりですが

アッキーさんは悪い人じゃないかもしれないけどいささかオカルト、スピリチュアルに抵抗がなさすぎて(天然?)ヘンなところに担ぎ出されることがしょっちゅう。
これまでにも、疑似科学、ニセ科学をウォッチしてきてハラハラすることが多々ありました。
水にありがとう、『波動』がなんちゃらの江本勝氏を信奉したり、ナノ純銀除染だったり、ニューエイジに嵌ったり。
沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設反対派のテントを訪問してびっくり、というのもその方面の人間関係ですね。
これは、もう誰か、なんとかしたほうがいいと思う。

築地の汚染が言われ始めたら、それは『健康に影響なし』という知事さん、じゃあ豊洲はもっと安全だろうからさっさと移転するべきだった。
盛り土だ謎の地下空間だ地下水だと、このワイドショー的『小池さんよくやってる感』が世に漂うことには強い違和感があります。

司法試験に合格する人がお利口だとは限らないんだなと思い知らされた防衛大臣とか..

こういう女性は応援できないなー
ま、性別関係ないけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月27日 (火)

炎色反応

同僚が、『最近、事務所で使っているガスコンロの炎の色が赤っぽくておかしい、前はこうじゃなかった!』と騒いで、ガス屋さんを呼ぶ。
ガス屋さん、『換気してください。』とか言う。

それ、こないだ設置した加湿器から放出された水道水のカルシウムの炎色反応でしょ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

水素水の効能は水分補給

国民生活センターのいい仕事です。
酸素⇒酸化⇒老化⇒悪玉
水素⇒還元⇒若返り⇒正義の味方
みたいな短絡的な根拠のない評判が独り歩きして、それに便乗して「水」商売を始める..
これ、水素水に限らず昔から繰り返されるパターンですね、現に水素水と言われるものの中には過去にアルカリイオン水とか電解水とか言って売られていたものもあります。
これは溶存気体としての水素じゃなくてアルカリだから「水素」イオン濃度/pHが高いって話で、違うモノなのですが「水素」ブームでもうひと山というところでしょうか。
(この手のは胃腸症状に効果ありとされているのですが、胃酸を薄める程度の話。)
溶存水素濃度が高い、っていう商品は大手の伊藤園まで乗っかっちゃってね、下手に効能を謳えないのを重々わかってやっているのがなんだかなあ..という感じで、伊藤園自体はQ&A

「Q:どんな健康効果がありますか?」
「A:伊藤園が販売する水素水は医薬品ではないため、健康効果を標ぼうするものではありません。」
「Q:なぜ水素水を販売しているのですか?」
「A:水分補給の1つの選択肢として販売しております。」

と言い切っています。
普通に水でいいじゃんという話で、それでもなおTVやネットなどで健康や美容にいいみたいな話が蔓延しているので高価な価格設定の水素水を効能があると誤認して買ってくれるのを期待したのかな?
これ以降、私はコンビニでお茶買うとき伊藤園の飲み物を避けています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年9月17日 (土)

ドタバタしすぎ

見たいものを見て、聞きたいことを聞くようにバイアスのかかった政治家、マスコミ。
鍵括弧つき『専門家』の意見に飛びついてはややこしくなる。
もうちょっと落ち着いたらいかがでしょうか。
NHKの科学文化部あたりが静かなんですが、社会部とも協議してもっと冷静に深掘りしてもいいんじゃないかな、そういうことができるスタッフがいると思うんですが。

水が溜まっちゃいけないのか?まず設計仕様を知りたいですね、溜める設計もあると思うので。
雨水は砕石などの透水層を通して地下に浸透させたり横引きして釜場に導いてポンプアップなどするんじゃないかと思うんですが、オーバーフローレベルまでは溜まるのかどうか。
あと、前に書きましたが引渡し前で排水ポンプが稼働してないとかいうことはないのか。
(※追記 やっぱり、排水システムが本格稼働していないらしいですね、稼働すればなくなる水ですね。)

コンクリートや添加剤に触れた水はアルカリ性にしかならないと思うし、砕石などから砒素は溶出しえる、「雨水なら弱酸性だ、雨水にはない砒素が含まれるから地下水」っていう『専門家』はどうなのか..
六価クロムも普通に検出されるだろうと思ってましたが検出限界以下だったようで。
(※追記 東京都の調査が出て、そちらでは六価クロムも微量検出されましたね、やっぱり雨水がコンクリートや砕石、フライアッシュとかの混和剤に触れて溶出したものですよねえ)
そもそも、長靴でジャブジャブやってる足元の濁った水をサンプルに掬ったりしてるんじゃ説得力も疑われます。

基本設計の段階で盛り土じゃなくてピットだったわけで、そのまま詳細(実施)設計、発注、施工と進んだ都の直営工事、その部分について計画変更通知があったわけでもない、それを隠蔽だなんだ言われたら担当者はたまったもんじゃないだろうなあと思います。
いまごろ盛り土じゃないのが「聞いてない」とか問題になるようなら、それは技術的なことというより手続きですよね、どんなガバナンスなのかそっちが問題。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2016年5月28日 (土)

富田勲さんと糸川博士

岩手へ移動するとき聞いていたFMが富田勲氏の追悼番組でした。
富田さんの曲作りはアイデアがあって知的でやっぱりいいなと思いました。
エピソードの中でも糸川博士との関係(nhk.or.jp)は面白かったです。
隼(一式戦闘機)の開発に関わった宇宙工学の糸川博士がなんでまた60歳にもなってバレエを始めちゃったのかHi..それが縁で「惑星」の富田さんとつながるのも不思議。
そしてJAXAのイトカワとはやぶさですよ、いいですよねー
糸川博士へのレクイエムとして捧げたという曲の出だしがVLFのドーンコーラス(ホイッスラー現象)でした、無線好き人間にもぐっときます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 2日 (金)

巻雲

20151001

今日は低気圧の接近で強い風が吹いてます.
写真は昨日のもの,刷毛でさっと引いたような雲です.
高い高度で,低気圧とご同伴の温暖前線が近づいてくるとき,その前面に現れるんだそうです.
こういうのを見て 『お,明日は荒れるな..』 とつぶやくとかっこいいですね.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年8月 7日 (金)

裏っ側

地球を横切る月の裏側の映像,いいですねえ.

BGMはピンクフロイドに決まりですね.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

NASAそして科学にとって不幸な話

なって欲しくない人がNASAのボスになるみたいだ.
無茶苦茶な人選ですなぁ

http://techcrunch.com/2015/01/12/climate-change-denying-senator-ted-cruz-will-oversee-nasa/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 3日 (水)

ハンダ付け

はやぶさ2の打ち上げ成功,おめでとうございます.
はやぶさ2を支えた『現代の名工』というNHK映像にハンダ付けの名手のことが出ていました.

手ハンダなんですね,道具はHAKKOか,窒素ガスは使ってないのか?糸ハンダも私らの使うものとは違いますね,Soder-Wickのケースに巻いて小分けにして使ってるのかな?
実体顕微鏡うらやましい,キムワイプを常備はマネできるかなHi

私のハンダ付けはどれぐらいのレベルなんだろうかなー?

Solder_hozan

※訂正

>糸ハンダも私らの使うものとは違いますね,Soder-Wickのケースに巻いて小分けにして使ってるのかな?

いや,Hozanのでしたか,私持ってた..^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧