2018年10月 5日 (金)

打ってます

20181005

今週は週五ぐらいでうどん打ってますHi
自分で食べたりお裾分けしたり。
同じ粉を使っているので出来は安定した感じですが、まだ会心..というレベルには至ってません、精進いたします。
『売れないうどん屋ぐらい打ってるかなあ。』
とカミさんに言ったら
『いくら売れないうどん屋でもこんなもんじゃないわよ。』
と、そりゃそだね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

今日のうどん

八戸の現場は荷下ろししかできなかったので早く帰って手打ちうどん。
給料日前の夕食は冷蔵庫の在庫処分です。
うどんは上手く打てたと思います。
秘伝のかえしのつゆも美味い。
お金はかけず手間はかけて贅沢な気分。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

うどんブログだなぁ

ちょっと柔らかかった玉ですがなんとか形にして、食してみるとつるつると、これはこれで美味い。
ぶっかけで…

今日は加水率を1%下げてみます。
加水率47%、塩水濃度13%
水回しの感じは良好。
先回のように柔らかくない。

踏んでも押し返されるぐらいの力強さ。
菊練りして玉にしたところ、いい肌艶
昨日のはべたつくような感じだった。

大将の話ではこの段階で柔らかすぎるとこのあと冷蔵庫に入れて硬くなっても結局戻ってしまうとのこと。
練り上がりの玉の温度がこの時期27℃ぐらいでいい硬さになっているのが理想的なんだとか..


ばっちりじゃないですか^_^
硬すぎても割れてくるので加水率はデリケート。
ま、でも蕎麦の方がストライクゾーン狭いかも。

冷蔵庫に入れて一日寝かします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

塩と水

20180916

うどん、続けてます、今日作った玉。
大将に頂いた粉を使ったんですが、講習の時に持ってきていただいた粉と違うせいか、同じ加水率では柔らかくなってしまった感があります。
頂いた粉は北海道産の「きたほなみ」という銘柄です。
この粉に合った加水率や塩分を探らなければなりません。

大将の話ではけっこう難易度の高い粉だということです。
 
 

Udon_salt_water

水と塩の量がピタっとこないとなかなかうまくいきません。
加水率は粉に対する塩水の重量%で標準は50%ほど。
夏は玉がダレて柔らかくなる傾向があります。
対応としては加水率を下げるか塩水の塩分濃度を上げることのどちらか、あるいは両方となります(冬は逆)。
これを手計算してると混乱して間違ったりするので表計算ソフトででっち上げました。
需要があるかどうかわかりませんが、ダウンロードはこちらHi
Libre Officeで作ってます、EXCEL形式にしてます。
Archiveに入れておきますか、自分のためにも。
小麦粉の量、加水率、塩分濃度を入力すれば水と塩の量が出ます。
この比率がけっこう厳密で、それを守らないといい玉にならないようです。
同じ銘柄でも製粉会社が違うと比率を調整しないといけないんだとか..

私はたまに粉が手に入るとうどんを打ってみていたのですが、素性のわからない粉(たいてい1kg程度)を1回か2回挑戦したところで適正な加水率や塩分濃度がヒットすることは稀なので出来が安定しなかったのだと納得しました。

頂いた粉は大量なのでTry & Errorは可能と思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

手打ち、手打ち

今日も手打ちうどん、カミさんが捏ねて踏んだものを一日寝かせ、私が伸して切りました。



今日はあったかい汁をかけていただきます。
美味いです(^^


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

実践中

昨夜の主食
カミさんが伸して切ったもの。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

うどん打ち受講

Udon_lecture_0

秋田県大館市出身、香川県で技術を身に着けて青森市内で本格的なうどんを提供するお店なみおかうどんの大将に直々に来ていただき、勉強させていただきました。

うどんに目がないカミさんがファンとして時々お邪魔させてもらっているだけなんですけど、うどん愛が通じましたかHi

今日の営業が終了してからお疲れのところわざわざ来ていただきました。

Udon_lecture_1

マラソンやっておられて、ねぶた祭りではバケトを演じるエネルギッシュな大将、うどん文化の普及にも熱心で各方面で教室も開講されているようです。
私もうどん打つんですが、なかなか安定した出来につながらずどこかコツが掴めていないところがあるんだろうと思っていました。
やはり、加水、加塩、粉だけとはいえ適正な品質・分量と手順で違ってくるんですねえ。
 

Udon_lecture_2

試食、私たちはシンプルに大根おろしとレモンにだし醤油のみ、先生にはぜひ群馬風に食べていただきたくきんぴらごぼうや摺りゴマ、ほかトッピング少々。
うどんは間違いなく美味いし、群馬の食べ方も好評でした。
 
 
 
 
 

Udon_lecture_3

今日コネて踏んだ玉、すべすべです、一晩寝かせて明日も手打ちうどんだー
ごちそうさま、ありがとうございました、とお帰りいただいたのですが、一時間後ぐらいに『ピンポーン』、玄関には大将が..
 
 
 
 

Udon_lecture_4

『楽しかったんでプレゼントさせてください。』
と、え?一袋?25kg?業務用でしょ!
うわぁ、手打ちうどんも上手になっちゃうかもなー
今後、主食はうどんです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2018年7月29日 (日)

うどん打つ

20180729_0

群馬の地粉が手に入ったのでうどん
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

20180729_1

加水率40%、塩5%ぐらい
踏んで
 
 
 
 
 
 
 

20180729_2

寝かせて
 
 
 
 
 
 
 
 

20180729_3

伸して、切る
 
 
 
 
 
 
 
 

20180729_4

食う
うどんは久しぶりなので思うようにいきません。
蕎麦のほうが安定して打てるかなあ。
まあ、美味いのですけど
数をこなしてトライ&エラーしませんとねえ..
 
 
 
 
6mはさっぱりダメ、もう終わりかなあ
明日は新規の現場の打ち合わせで横手まで行かなきゃ..
遠いよー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

弘前

連休中は混むところに行くのも億劫でゴロゴロしてましたが今日は弘前に来てみました。
風が強いものの天気は良くて津軽富士やりんごの花がきれいです。



蕎麦と・・

定番コースのソフトクリーム、例によりまして大がカミさん、中が私。

今日は弘大カフェに来てみました、建物は旧制弘前高等学校外国人教師館、弘前では有名なコーヒースクール主催の成田専蔵さんのお店になってます。
私はエスプレッソ、カミさんがラテ。



レトロな洋館、静かで雰囲気よろしいです。
混んでないし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月31日 (日)

蕎麦打ちました

20171231

今日は3kgほど打ちました。

去年は家族に病人、けが人が続出で蕎麦どころではなかった。
こうして蕎麦を食べて年越しできるのはハッピーなことだ。
皆さん、本年はいろいろとありがとうございました。
良いお年を!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧