2018年11月19日 (月)

時計不調

Bedside_clock_0

カード会社のポイントかなんかでもらった時計。

デジタル表示が明るくてデカく、USBの電源が二系統取れるのでベッドサイドにおいてスマホの充電とグーグルホーム・ミニに使ってたのですが、時計機能はいいものの、まずグーグルホーム・ミニが動作しなくなり次にはスマホの充電もできなくなりました。
 
 
 
 

Bedside_clock_1

中国製でしょうけどわりと凝った作りで表面にはビス穴がなく..
 
 
 
 
 
 
 

Bedside_clock_2

両面テープで貼られた前面パネルをはがすと出てきました。
 
 
 
 
 
 
 

Bedside_clock_3

写真右側に5V用のAVRがあります。
 
 
 
 
 
 
 
 

Bedside_clock_4

負荷オープンでは普通に電圧が出てるんですが負荷をつなぐと間欠的な電圧変動が出てきます。
電圧変動は一次側にもあり、外部から供給すると正常。
(電源ICは317かなんかでしょうか銅板で巻く実装は面白い)
 
 
 
 

Bedside_clock_5

結果、ACアダプターの不良のようですねー
どうしよっか..

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

セルビアからメール

台風はいかがでしたでしょうか、当地では雨は降りましたが風はそれほどでもなく済みました。
一昨日、突然メールがきて、某マシンの回路図を持っていないか?とのことでした

あまりネットに出回っていないのですよね、私も友人から貰っていたので..
どうしようかなと思ったんですが、JA製のマシンを大事に使いたいということのようですし、お困りのようでしたから
『個人使用に留めてね、wwwに拡散は望まないよ。』
との注意付きでファイル送りました。

教えてクンみたいなのには基本対応しないんですが、『ぐぐれ』では確かに見つからないだろうと思いますのでねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

ポンコツなれど..

Faulty_supeanai

SSGの1GHzの信号を1kHzスパンで見ている様子。
GPS周波数標準のおかげで電源投入直後でもピタっと止まって表示される。(もちろん実際にはヒートランしますが)
当たり前なんですけど気持ちがいい。
外部同期じゃないと波形が走り回って捕まりませんからねーHi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

スペアナ不調_4

大丈夫ですか?台風
こちらは夜半に来るようです、風が怖い。

Faulty_supeanag

さて、スペアナを所定の位置に戻し、Anritu団子三兄弟。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Faulty_supeanah

フルスパンでのトラジェネ出力を見たところ。
まあ、いいようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

スペアナ不調_3

Faulty_supeanae

発注してたケミコンが到着しました。

いそいそと装着して試運転。
 
 
 
 
 
 
 
 

Faulty_supeanaf

おお、よさげ。
キャリブレーションも通ります。
飲む人だったらここで缶ビール開けるんでしょうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

スペアナ不調_2

Faulty_supeanab

方針が決まればひたすらやるだけです。
外しました、ケミコン。
 
 
 
 
 
 
 
 

Faulty_supeanac

注文したKMGが届くまでお掃除に精を出すこととします。
 

C18のところ、完全に炭化してます。

 
 
 
 

Faulty_supeanad

お定まりの作業です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月31日 (金)

スペアナ不調_1

Faulty_supeana5

出張先でサービスマニュアルを眺めながら『リファレンスあやしい』と思ったので帰ってきてチェック。
50MHz出力がかろうじてあるもののレベルが低いし波形がおかしいです。
ユニットを取り出して±12Vを加えてみると正常に見えます。

スペアナ本体の電源を当たってみると+12Vラインに0.5Vぐらいしか来てない、これか..
 
 
 

Faulty_supeana6

電源ユニットです。
+12V、-12V、+15V、-15V、+5Vは別のユニットでチェックしてちゃんと来てたのでいいのかな?と思ってましたら
 
 
 
 
 
 

Faulty_supeanaa

+12Vは2系統あるのね。
 
 
 
  

 
 
 

Faulty_supeana7

まずは目視。
おお、12V出力のケミコンの足が..
液漏れ、腐食、発熱の成れの果てじゃないでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 

Faulty_supeana8

漏れてます、漏れてます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Faulty_supeana9

うむ、ケミコンは全とっかえですね。
KMGを発注しました。
真っ先に電源見るべきでしたね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

スペアナ不調_0

Log_amp_test_1

IF/LOG DETユニットにIF周波数3.6MHzの信号をダイレクトに注入、SPANゼロで管面に表示される値を入力+4dBmから10dBステップで減らしたときの読みの追従の偏差が2dB以内ならログアンプは正常、とサービスマニュアルには書いてますがどうなんでしょうか。 
 
 
 
 

Log_amp_test_0

どうやら正常ではないみたいですね。
でも、ログアンプなのかA/D周りなのかいろいろ考えられます、絞り込みが必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

非常事態

Faulty_supeana_0

休みが長いので修理しかけで放置していたFT-1021などを診ていたのですが、18日午前中までは異常がなかったスペアナが午後にはノイズも表示されない、壊れましたね(T-T)

まあ、中古で入手してから3年半余り、よく動いていたとも言えますが..
 
 
 
 
 

Faulty_supeana_1

ユニットの抜き挿しぐらいで治ってくれないかなという願いもむなしく..
 
 
 
 
 
 
 
 

Faulty_supeana_2

IF/LOG DETユニットにSSGからダイレクトに3.6MHz、4dBm(50Ω終端)を入力し、SPANゼロにしてみますと
 
 
 
 
 
 
 
 

Faulty_supeana3

なんかの拍子で表示されることがありますが、レベルがおかしいし..
 
 
 
 
 
 

Faulty_supeana4

レベルの変動もありそうです。

LOGアンプあたりでしょうか、リニアでもおかしいみたいですが、もしやリレーか?
これは参りましたねえ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

プローブのチェック

Prove_chk_0

スペアナで帯域を見るために冶具をでっちあげP6201を測定してみました。
こんなんじゃダメでしょうか..
 
 
 
 
 
 
 

Prove_chk_1

-3dBが740MHz、900MHzまで伸びません。
調整が必要なのか、こんな接続じゃダメなのかも。
 
 
 
 
 
 
 
 

Prove_chk_2

もう一つのアクティブプローブP6202
これは500MHz帯域
 
 
 
 
 
 
 
 

Prove_chk_3

意外に伸びています。
まあ、どっちも私の守備範囲じゃ問題ないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧