2017年9月20日 (水)

浜松_ts830v_06

Hamamatsu_ts830v_20

各部調整していると、ほぼ再調整の必要がないほどです。
必要があったのはRITのセンター、RFメーターのVRガリ、キャリアポイントの微調整、キャリアサプレッションなど..
ほとんどはトリマポットのロータ―の接触が微妙になっているところです。
いちおう、再調整で追い込めているのですがどれだけ持つかなあ、やるなら全とっかえなんですけど、今回はこれで勘弁してもらうか..
調整後の受信音、送信音ともにいい感じです。
んで、プロセッサを入れたらスイッチがガリ、あー、やってなかったか、もう一度パネルを外しました。
送受リレーが粘っこいな..これも磨きましょう。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

ziVNAu PCソフトマイナーリリース

RFワールド誌のサイトの掲示板Ⅱをときどき覗いてますが、ziVNAuのPCソフトのマイナーリリースが度々出ています、最新はv170827でしょうか。
ご購入された方々、アップデートしてますか?

Zivnau_exe_170827_0

欲しくて手に入れたせっかくのおもちゃなのに遊んでませんねー

 
 
 
 
 

Zivnau_exe_170827_1_2


今回の改良点として測定項目にkQ積が加わりました。
電力伝送効率ってやつですかねえ。
他にもバグFIXがあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

浜松_ts830v_05

Hamamatsu_ts830v_18

ファイナルボックスを戻して送信テスト。
OK、各バンド10Wちょい出てます。

 
 
 
 
 
 
 

Hamamatsu_ts830v_19

14メガ送信時のスペクトル、100MHzスパン。
3倍がそこそこ出てますねー

WARCバンドを送信可能にして出力チェック、OK

ようやく各部調整に入れるでしょうか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

浜松_ts830v_04

Hamamatsu_ts830v_16

バラしたんですが、まー大変^^;
気力が満ちてた頃は苦にもしなかったと思いますが、寄る年波。
接点復活剤の弊害でしょうか。
まあ、古いマシンは多かれ少なかれこんなものか。 

 
 
 
 

Hamamatsu_ts830v_17

サボリサボリ、四日費やしたんですが大変なところは一気にすっ飛ばして組みなおしたところ、間違ってないのか?これHi

全バンド小信号テストはOKのようです。

送信テストまで持って行きたいのですが、本業の現場掛け持ちが今週9件になりました。
そんなの無理ですHi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

浜松_ts830v_03

Hamamatsu_ts830v_13

送信時、10m以外は同調が取れない件。
まずは、臓物摘出。

 
 
 
 
 
 
 

Hamamatsu_ts830v_14

固定Cのチェック、よさそうです。

やっぱりバンドスイッチですね。
さっと、DeoxITを吹きかけ、グリグリ..

 
 
 
 
 

Hamamatsu_ts830v_15

真空管を固定Rに置き換えて50Ω側からπマッチをチェック。
各バンド同調します、あのときダメだった20mもこのとおり。

ということは、バンドスイッチを本格的に分解清掃して組みなおせばよいのではないかな。
言うのは簡単ですがHi

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

ミッション

20170909

sanyoshiさんが重いの積んできました。
お疲れさんでした。
1021二台と1000一台、こいつらの主治医でありますHi
WW本番までに治さないといけません。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

浜松_ts830v_02

Hamamatsu_ts830v_09

AGCのスイッチを清掃したところ、銀メッキの状態よし。
接点グリスを薄く塗って

 
 
 
 
 
 
 

Hamamatsu_ts830v_10

組直し。

ウエハーを180度回転して今まで使われてこなかった接点を使うようにした。

 
 
 
 
 
 

Hamamatsu_ts830v_11

プッシュスイッチの以下同文、残りの3個。

 
 
 
 
 
 
 
 

Hamamatsu_ts830v_12

ここいらで動作チェック。
接触不良は解消されてます。
今夜はここまで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

浜松_ts830v_01

Hamamatsu_ts830v_06

RITスイッチに接触不良がありました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hamamatsu_ts830v_07

分解、清掃します。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hamamatsu_ts830v_08

RITだけというわけにもいかず、以下同文を6個やらにゃいかんでしょう。
今日のところは3個だけ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

なんだこれー

ハンダごてのディスプレイでテトリス、とかいうのでなんだ?と見に行きましたら..
OLEDディスプレイがついたスマートハンダごてですね、STM32マイクロコントローラ内蔵。
やー、テトリスどうでもいいですがかっこいいハンダごてですよねえ、これはー。
コテとしてもコンパクトですが、このサイズでDC電源つなぐだけでもうステーションタイプのコテですよ。
スタンドアロンで温度設定できるし、PCでコンフィグも書けるみたい。
気になりますねえ。

https://www.banggood.com/MINI-TS100-Digital-OLED-Programable-Interface-DC-5525-Soldering-Iron-Station-Built-in-STM32-Chip-p-984214.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

浜松_ts830v_00

Hamamatsu_ts830v_00

これはもう、そろそろ2年越しになってしまったTS830V。
こういったものは修理というよりレストアになってしまい、正直、どこまでやったらいいのかわからない。
とりあえず状況確認。
受信はわりと調子よくしている、送信は10mのみ正常に出るが他のバンドは既定の出力を得られない、ファイナル同調回路のバンドスイッチか固定C抜けか..
AGCの切り替えスイッチが接触不良。
RITのスイッチが接触不良。
AF・VRのガリ、まだあるかも。

Hamamatsu_ts830v_01

確認程度のことですが、毎度通電したくないので真空管の代わりに固定抵抗入れて..

 
 
 
 
 
 
 

Hamamatsu_ts830v_02

πマッチが50Ω側から整合するかどうか、10mはOK。

 
 
 
 
 
 
 
 

Hamamatsu_ts830v_03

20mではディップ点見当たらず、やっぱりね。
これ、バラすのかー、と小さい溜息。

 
 
 
 
 
 
 

Hamamatsu_ts830v_04

後には戻れないHi
AGCのスイッチを摘出。

 
 
 
 
 
 
 

Hamamatsu_ts830v_05

グリースが硬くなってるのかな、一度洗浄して組み直しましょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧