2017年3月12日 (日)

センタークリックできない

いや、ひどい現場だった、昨日は18時過ぎまで由利本荘にいてそのあと走って夜遅く帰ってきました、全身筋肉痛、また14~15日行かなくちゃ。

Mouse_switch

カミさんのPCでブラウザ使ってたらセンタークリックが効かない。
ドライバでも悪さしてる?と思ったらタクトスイッチがダメになってるだけのようだ。
予備のマウスに替えて修理しようとしたんですがタクトスイッチが見当たらない。
なんかの基板にくっついてそうなもんだけど..
そのうち信頼のおけそうなパーツに取り換えておきましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

GPSDO

I000209

雑誌企画から始まったVNAの頒布にはまんまと乗っかりましたが、また気になるお話が一つ。
こちらはトラ技ですか、GPSDOのキットを販売するようです。(写真はCQ出版のサイトから拝借)

うちはThunderboltのGPSDO使ってるんですが、いつ壊れるかもしれず、保守はどうする?と考えたりもします。
キットは\48.6kですか、ebayあたりに出てるZ3805Aの放出品が買えるお値段ですね。
どうやらキットはダブルオーブンのOCXOではなくVCXOらしい、フェーズノイズは大丈夫なのかしらん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

ziVNAu再販決定

VNA(完成品版)の再販が決定したようです。
納期は3月上旬とのこと。
少しは在庫も置くんでしょうかね。
迷っている方は今一度悩んで下さいませHiHi

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

キーパッド

Keypad_0

7600用に作りました。
VOICEメモリ、CWにRTTYでもペディション呼ぶのに使えるのかな?
早く作っときゃよかったな。

 
 
 
 
 
 

Keypad_1

角穴はきらいだHi

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

中華マイク+リミッティングアンプⅡ

Chinese_mic_and_limiting_amp_1

昨日のローカルQSOのレポートを参考に時定数を少し長くして、マイクスタンドをドッキングしてしまいましたよHi
カミさんに
『かっこいーだろー』
と言ったら
『いや、ダサいのとの狭間にあるね。』
と冷静なお言葉

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

中華マイク+リミッティングアンプ

Chinese_mic_and_limiting_amp

自作のリミッティングアンプに3Pのジャックを取り付け、シングルエンド化した中華マイクをつなげるようにしました。
マイクの電源はリグ本体から貰ってます。
アタックのメリハリがついて悪くない感じですが、さて..?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

ziVNAuアプリ、マイナーアップデート

Cw_fil_test

Full-2Port校正にあったバグがFixされたようです

 

前回測ってみたCWフィルタをEnh-Resp校正とFull-2Port校正の比較でもう一度やってみます。

 
 
 
 

細かく見るために1kHzスパンでやってみました。

Cw_fil_logmag



 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cw_fil_phase_2




 
 
 
 
 
 
 
 

Cw_fil_delay


 
 










Cw_fil_smith












前回のように校正の違いによる結果の差が出るようなことはなく、ほぼ同じプロットが得られました。

これが正解なのでしょうね。
挿入ロス4dB、-3dB帯域275Hz、-6dB帯域はおよそ300Hz、シェープファクターは1.5ぐらいということがわかります。

ziVNAuの再販リクエストの方は現在25台、意外に伸びませんね、ちょっと割高になったこともありましょうか。
第二ロットまでに200台ぐらい出たようですが、ネットを見渡しても私のようにはしゃいでいる人は少数のようです^^;

一方、注目してましたNanoVNAの方も開発が進んでいるようで、LCDでスタンドアロン、タッチパネル仕様と実に魅力的な構成です。
人柱向けに何台かキット化するみたいです、いいなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

切れた

Roter_lamp_0

20数年間替えた記憶がないので初めて切れたんですね。
ガラス管タイプのランプは入手もめんどくさいのでLED化してしまいましょう。 

 
 
 
 
 
 

Roter_lamp_1

もとのランプはAC8Vで点灯してるのでDC化しました。
とりあえずもとのソケットに直ハンダです。

 
 
 
 
 
 
 

Roter_lamp_2

ムラがありますけど、ランプも同じようなもの..

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

中華マイク、まずまず

天井から凧糸で吊り下げ、リグの音質設定をデフォルトにしてローカルQSOに使ってみました。
100円マイクが高域の足りないこもった音であるのに対し、中華マイクはフラットで抜け感のある歯切れのいい音のようです。
(100円マイクのとき、通常はリグ側でBASSを落とし、Trebleを上げて使っていましたので実際の使用状況のちゃんとした比較ではないですが..)
価格差13dBの違いが出ましたかHiダイヤフラムが大きいのはいいことですね。
まだ、カップリングCをフィルムにしたり、できることが残されていますので工夫してみます。
これを使うとなりますとやはりリミッティングアンプが欲しくなりますねえ..
とりあえず軽くコンプレッションをかけて使いますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

中華マイク

修理依頼のマシンを多数お預かりしながら放置状態なのに「なんだ、遊んでるじゃないか。」と思われるかもしれません、なんといいますか、細かく込み入った作業に集中力がない状況に対するリハビリのつもりで、簡単な作業をしてみて、ちょっとあがいている、というところですSRI

Chinese_mic_0

さて、各所で大流行りした模様の\2kちょっとで入手できる中華コンデンサマイク、遅ればせ、私も一つ求めてみました。
無線機で使うのですから、バランス出力もファンタム電源も必要ないでしょう、無線機の手前にキャノンコネクタな機器をいろいろとつなぐこともない私はシングルエンドに改造してしまいます。
プラスチックの箱には電源となる006Pが入っていてPTTはフットスイッチ用にRCAで出してやります。

 
 
 

Chinese_mic_1

まだ、定数を追い込んでませんが、とりあえず電波が出るのを確認。
わりとスカっとした音だと思いますがどうなんでしょ。
現行の100円マイクと勝負だなHi

| | コメント (14) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧