« プローブのチェック | トップページ | スペアナ不調_0 »

2018年8月19日 (日)

非常事態

Faulty_supeana_0

休みが長いので修理しかけで放置していたFT-1021などを診ていたのですが、18日午前中までは異常がなかったスペアナが午後にはノイズも表示されない、壊れましたね(T-T)

まあ、中古で入手してから3年半余り、よく動いていたとも言えますが..
 
 
 
 
 

Faulty_supeana_1

ユニットの抜き挿しぐらいで治ってくれないかなという願いもむなしく..
 
 
 
 
 
 
 
 

Faulty_supeana_2

IF/LOG DETユニットにSSGからダイレクトに3.6MHz、4dBm(50Ω終端)を入力し、SPANゼロにしてみますと
 
 
 
 
 
 
 
 

Faulty_supeana3

なんかの拍子で表示されることがありますが、レベルがおかしいし..
 
 
 
 
 
 

Faulty_supeana4

レベルの変動もありそうです。

LOGアンプあたりでしょうか、リニアでもおかしいみたいですが、もしやリレーか?
これは参りましたねえ

|

« プローブのチェック | トップページ | スペアナ不調_0 »

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

スペアナが壊れると厄介ですね。治すのにちゃんとしたスペアナが必要になります。ちゃんとしたのがもう1台あれば修理なんてしないって!?

投稿: JK1LSE | 2018年8月20日 (月) 22時02分

本田さんこんばんは
壊れるんなら9連休の前半にしてほしかったんですがねえHi
来週から地獄のようなSKEDになってます。

スペアナ直すのにスペアナ必要、その通りでして
幸い同じAnritsuの610Bがありますので
引っ張り出してきましょう、役目は果たしてくれるでしょう

投稿: Yamada | 2018年8月20日 (月) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 非常事態:

« プローブのチェック | トップページ | スペアナ不調_0 »