« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月31日 (火)

10月が終わる

先週から明日にかけて6件の現場が片付く、新規の現場が3件始まるけど、少しはマシか..
寒くなりました、昨日はみぞれが降ってました、今日は今シーズン初めてタイツを穿きました、そろそろ防寒のことを考えないといけません。
今日は八戸市南郷でした明日は五時起きで秋田。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月29日 (日)

新顔

昨夜、修理したマシンを届けに行ったら来てた新顔、コンパクトだねー。
箱から出して『これ、どうやって使うんだ?』ってやってるところ。
シールドが良くてアンテナ端子に何も繋がないと隣で運用してるkWも弱くしか聞こえない。
奥のUボルトがモニタ用アンテナHi
デュアルワッチとウォーターフォールの速さはいいですねー
タッチパネルにマゴマゴするおじさんたちHi

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

野戦病院

参戦早々流れ弾に当たったか?いきなり負傷という兵隊を引き取りに行きました。

Local_ft1021_c_17

本番中というのに誰か上がってる、Fさんだ。
トラップ入りのアンテナなんて滅多にないクラブですけど、何かトラブルか?と思ったらWARCのアンテナだそうで、sanyoshiさんいわく
『これで今度来た時の楽しみが増えた。』
と。
コンテスト関係ないんかいっ!ヾ(ーー )ォィ

 
 

Local_ft1021_c_18

負傷者はダイヤルと周波数がコケてるんじゃないか?ということでさっそく診てみると、たしかに21MHzバンドだけサブループ1周分(約655kHz)低いところにロックしてる(最初の症状は28MHzで確認されたとのこと)。
VCOのトリマがあやしいかな?
実はPLLは一昨日の夜、最終的にもう一回調整しておこうといじったのですが、それがかえって不安定性を招いてしまったのか?
とりあえずPLLのメインループを再調整していい感じなんですが、これじゃ再発の可能性大ですね。

Local_ft1021_c_19

ここは頑張ってトリマ交換しましょ。
VCOは4バンド、一個だけってわけにはいきませんよね。

 
 
 
 
 
 
 
 

Local_ft1021_c_20

4個交換、ふー

 
 
 
 
 
 
 
 

Local_ft1021_c_21

も一回PLLメインループの調整。

1500に引き上げてきて、いま2000。
さて、戦線に叩き出しますかねー

昔の野戦病院のころを少し思い出しましたHi

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

対決

カミさんがgoogle home miniを入手した。
見た目の可愛さがお気に入り。

Gadjets

私  『Hey Siri 毛利元就はどこの人?』
Siri 『毛利 元就は、室町時代後期から戦国時代にかけての安芸の国人領主で...』

カミさん『ねえ、google 毛利元就はどこの人?』
google  『すみません、お役に立てそうもありません。もっと勉強して改善します。』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

某所へ

十和田の現場を終わってから帰りにちょっと寄りました。
大手術後の退院患者さん一名を送り届けるため。

柱の数が変わらないのに増殖しているように見えるのはスタックになってきているからだな。

大運動会の準備で忙しそうでした、ご安全に。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

太平洋

昨日は津軽海峡、今日は太平洋。
いい天気だー、水平線
台風のときは避難せよー、と言われた場所らしい。

こいつはペンギンなのか?タコ被ってるけど…

※追記訂正 八戸のご当地キャラだったのねー、ウミネコのいかずきんだそうで..

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ローカル_FT1021_その二_07

Local_ft1021_c_15

送信音をモニタしますとなかなかクリアでいい音がします。
ドライバ段FETにA級並みのアイドリングを流しているからでしょうか。
TS-930Vのファイナルをサイボーグしたときも音はよかった。
放熱が間に合うのか?なんですが..

 
 
 

Local_ft1021_c_16

アイドリング調整用冶具です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

大間でいちばんベタな写真

午前中は東北町の現場、その後六ヶ所村に寄ったりしながら大間まで移動。
時間的には余裕で明るいうちに着いた。
みんな撮るマグロ



津軽海峡、台風の余韻で風が強く荒れてます。



こんな中、漁港を出て行くイカ釣り船があった。
大変だねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

ローカル_FT1021_その二_06

Local_ft1021_c_14

ドライバ用のAVR、空中配線でみっともないですが(汗
30Vラインから16Vぐらいに落としてます。
さあさ、送信テスト、ここまで長かった。

 
 
 
 

Local_ft1021_c_11

いつもながら怖いもんです、PA組みなおして灯入れするのは。
とりわけ今回は派手なサイボーグ化(ドライバRD16HHF1、ファイナル2SC2510)でしたから。
電源を入れるのにドキドキ
PTTを押すのにドキドキ
アイドリングを流すのにドキドキ
パワーを上げていくのにドキドキ

 
 

Local_ft1021_c_12

躊躇を重ねた末のキーダウン。
200W出てきますね。

 
 
 
 
 
 
 

Local_ft1021_c_13

7MHzで200W送信、100MHzスパンのスペクトル。
いいみたいです。
組み込んで大丈夫かな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

3エリアに

来月なんですが、会社から行ってこいとのお達しあり。
めんどくさいので電車もホテルもカミさんに任せて手配してもらったら、宿はシリコンハウスまで歩いて12分のところだったGJ。
当のカミさんは
『日本橋って何?おいしいの?』
ですがHi

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ローカル_FT1021_その二_05

負傷レベルの筋肉痛がようやく治まりました。

Local_ft1021_c_10

作業の方はちょっとづつやってました、何もできない日もあるし..
ファイナルとドライバを載せ替え、ドライバはFETのサイボーグです、回路はすっきりしますが良い子はやっちゃいけないですね、この段階ではどうなるものやらわかりません。
あとはドライバ用のAVR回路を組んでテストですが、今夜はもうやめておきます。
土曜も仕事だー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

夕焼け

会社をあがり、車に乗ろうとしたらsanyoshiさんの家の方向に見えた夕焼け


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

バテバテ

大間の現場は過酷でした。
元請にトランシットで通りを見てもらわなきゃいけないのだけど
『こりゃ見通せないね。』
とあっさり拒否され
『ちょっと貸してください。』
と見通せる位置に逃げのポイントを作って作業できたのはいいのだけど、トランシットを据えられた高さは地上900mmぐらい、それをしゃがんで一日中覗いていたので大腿四頭筋がパンパン、今日は猛烈な筋肉痛です。
作業は難航し1800までかかりました、それから約3時間かけて帰宅。
毎週、週末に向かって体力消耗してくるのですが、とどめを刺されましたねえ。
すっかり暗くなった津軽海峡には漁火がずらりと並んで光っていました。
最近の漁火は情緒のある光ではなく高い色温度のLEDでギラギラ輝いてます。

20171015

今日は日曜、やっとお休みですがストーブの支度。
うちのストーブは老朽化で調子悪くなってきていたので、おふくろがケアハウスに移り住んで不在になっている実家にある新しめのストーブと取り替えました。
前のよりコンパクトでかっこいい感じ、床暖パネルはまだいいでしょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

山火事

アメリカ西海岸の山火事でシュルツさんの家が焼けちゃったのかー
https://amp.cnn.com/cnn/2017/10/13/us/charles-schulz-home-california-fires/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

ローカル_FT1021_その二_04

Local_ft1021_c_09

ドライバ周りのパーツを撤去。
部品待ちです。

明日は八戸へ、掛け持ち10件目の打ち合わせに行った後、大間まで移動の予定、けっこうな距離走ります。
そのまま宿泊、土曜は大間の現場を終了したらまた3時間かけて帰る予定なのでその間休院。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

ローカル_FT1021_その二_03

三台中、最後の一台はPA不良でドライバとファイナルが破損。
MRF486、MRF422はもはや入手が難しいし、とりわけMRF486はリプレースも探せない状況なのでサイボーグ化に踏み切ろうかと思うのですね。

Local_ft1021_c_08_2

ドライバをFETにするときのドレインとゲートバイアスの電源を思い描いてテストしてみますが、私ごときの浅知恵で上手くいくのか?ちょっとリスキーな賭けであります。

本機の放熱は心配なところがありますので受信時はバイアスカットオフにしたほうがいいか..

これはこれとして、あとの2台は仕上げて来週末にはお届けしたいところ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

ローカル_FT1021_その二_02

Local_ft1021_c_05

PAのドライバ、ファイナル破損、どうするか。
sanyoshiさんがCBのアンプを持ってきてくれた、ごつい外観、MRF422が2本入ってる。

しかし.. 

 
 
 
 

Local_ft1021_c_06

ダメでしたねー

 
 
 
 
 
 
 
 

Local_ft1021_c_07

同じく、持ってきてくれたこれを使わなきゃいけませんかねえ..
もしやマッチド・クワッド?
もったいない気もしますが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ローカル_FT1021_その二_01

Local_ft1021_c_02

リードリレーの手当てをいたしまして、受信はOK。
送信のテストをする前にLPFの特性をざっとチェック。

 
 
 
 
 
 
 

Local_ft1021_c_03

VNAあるんだからちゃんと測ればいいのですが時間がないのでだいたいのところで..

 
 
 
 
 
 
 

Local_ft1021_c_04

送信テストでは0dBm突っ込んでもパワー出てこず、ファイナルはアイドリング流れず、ドライバも半分ぐらいしか流れてない。
外してチェックしますと両方のファイナルと片側のドライバが死んでました。
さあ、どうするか..

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

ローカル_FT1021_その二_00

こっちがFT-1021の二台目でしたね、前のはFT-1000、何が何だかHi
紙が貼ってあって
『送信不可、発振したようになり、出なくなった。』
と書いてある、ファイナルが生きていればいいのですが..

Local_ft1021_c_00

まずは様子を見ると、あー、見覚えがあります。
2012年のWW直前に応急処置をしたやつだ。
当時、リードリレーがなかったのでミニチュアリレーでごまかしていた。
あのときもだいぶ調子悪かったんですね、ドライバも取り換えてたのか..
これは重症かもしれませんね。

 
 

Local_ft1021_c_01

フロントエンドにも苦労の跡が..Hi
SSGでRFユニットに直接信号を加え各バンドテストしたところ受信はよさそうです。
LPFボード経由ではおかしくなるのでまたリードリレーからはじめましょう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

ローカル_FT1000_03

うっかり送信のテストをしてしまって青ざめました。
High SWRのインジケータが点灯し、スペアナには高調波がずらり。

Local_ft1021_b_10

LPFユニット、ダミーを直結してもSWRが悪いのは、例のリードリレーのリードが固着していてブレークせず受信経路が常時ぶら下がって送信時のパワーがフロントエンドに流れ込むからなのです、そしてダイオードが飛ぶ。
これは持病ですね、手当の順序が逆でした、ボケてきてますねえ。

 
 
 

Local_ft1021_b_11

こっちが先でしたよ、あーあ

リードリレーの大人買いは正解だったなー

 
 
 
 
 
 

Local_ft1021_b_12

ちなみにパターン改変の様子。 

一回目にやった作業をもう一度やって受信が復帰するのを確認。
SSGで全バンド受信感度が大丈夫なことを確認。
フロントエンドに流れ込んだ送信パワーがBPF群のダイオードスイッチをズタズタにすることがあります、今回はそこまで逝ってない模様。

Local_ft1021_b_13

さあ、いよいよ送信テスト。
14MHzで200W以上出てます。


 
 
 
 
 
 

Local_ft1021_b_14

その時のスペクトル。
まあまあですかね。

再調整すれば、これで二台復活かな?

さあ、3台目だー

 
 
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

八甲田山

冠雪してますねー


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

技術者のレベル低下

0520出発で秋田の琴丘まで、ノンストップなら片道2時間15分、休憩入れて2時間半。

現場は小さい規模で予定では午前中に余裕で終わるはずでした。
元請さんがトランシットを覗き、その指示で私たちが据え付けた部材の位置を微調整するのだけど、サブ監督の兄ちゃん、なんかA通りの材がことごとく10~15mmズレてると言う。
『そんなわきゃないんだけどなー?』
と思いつつ2時間かけて動かす。
んで、そこを基準に次のB通りに移ると、これまた10mm、
『これじゃ、全体が平行移動になっちゃうけどいいの?』
兄ちゃん、もう一度トランシット据え直す。
そしたらさっきと指示が違う、せっかく動かしたところを元に戻さなきゃいけないぐらい。
それに、何度も見直しているけど見るたびに指示が違う。
兄ちゃんがちょっといなくなった隙に私が覗いてみる。
ぜんぶ元に戻してほぼOKなぐらいに合ってました。
けっきょく手戻りで1500までかかりました、それから二時間半かけて帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローカル_FT1000_02

サブRXの受信不良、PLLがロックしてないのだけ確認してましたのでその先へ。

PLL・ICのQ6049(MC145163)がunlock、原因は1番ピンに入力なし
     ↓
Q6044で40.96MHzのXtalは発振しているけど
     ↓
Q6047プリスケーラ(uPB555C)に出力なし
     ↓
プリスケーラのVCCに電圧かかってない 

Local_ft1021_b_08

電源系でした。
三端子のところのケミコンC6342がショートしてました。
この黄色いケミコン、ちょくちょくショートモードで逝くね。

 
 
 
 
 
 

Local_ft1021_b_09

ケミコン交換してデュアルワッチができるようになりました。
ふー、一歩前進。
さて、送信できるのかな。このマシン。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

ローカル_FT1000_01

大間から帰ってきて、明日は早出で5時前に起きて秋田琴丘へ行かなきゃいけないので夜更かしはできませんが、少し診ておきます。

Local_ft1021_b_06

受信時、T9に電圧が漏れてくる件、前回RFユニットは手当てをしましたがまだ若干漏れてきます。
どうやらIFユニット、T9に接続されるダイオードを片っ端から外してみて3回目にヒットしましたD2048、これを交換してT9への漏れが止まりました。
メインRXは回復した模様、ところが..

 
 
 

Local_ft1021_b_07

サブRX、ノイズは出ますが受信できず、追ってみますとPLL-2の40.96MHzループがロックしてないですねえ。
さてさて、DDSかもしれないなあ。
これは本腰を入れませんと。
今日はやめておきましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

りんご電話ケース

Iphone7_case

群馬の義妹から、私に合いそうなのが高崎のイオンにあったから、ということで送ってくれました。
めっちゃいいです、ありがとうござります。

厚みのあるラバーでケースを装着した方が持ちやすくなります。
裸だと薄くてつるんとしていて今にも落としそうなのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

ローカル_FT1000_00

Local_ft1021_b_00

プロセッサを入れると受信、と書いてある。
先日のJA8の1021でも同じような症状を確認したことがあります、受信中なのに送信回路用9VのT9に若干の電圧がリークしてミュートが誤動作するのでしょう。
RFゲインを絞ってもSメータが全く振りません。

 
 

Local_ft1021_b_01

あのときはRFボードからのリークでした。
今回も0.8Vほどリークしてます。
RFボードからのT9を切り離してみるとSメータが振りだしました。

 
 
 
 
 

Local_ft1021_b_02

同一犯人のダイオード、D1005です。
逆方向の抵抗が低くなってました。

 
 
 
 
 
 
 

Local_ft1021_b_03

スイッチングダイオードにはPINダイオードの1SV128を多用してまして、JA8のときもこれを入れておいたのですが、逆耐圧が足りませんかねえ、なにせコンテストステーションで使うので..
計算してみるとシリーズにしても11mAぐらいは流れるのでやってみましょうか。

 
 
 

Local_ft1021_b_04

はは、Ugly Work。(汗

 
 
 
 
 
 
 
 

Local_ft1021_b_05

メータが振りました。
しかし、まだT9に0.4Vほど残ってます、プロセッサを入れると3mVほどに減ります、まだどこかからリークしているようです。
今日は時間切れ、現在0105。
本業は平川市の現場に直行、終わったら大間まで移動、宿泊なので続きの修理はちょっと中断。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

ローカル_FT1021_その一_00

Local_ft1021_a_00

ここいらで、『月末の競技会までになんとか治して。』というアスリートが3人おられますので取り掛かります。
そのうちの一人目1021、あー見覚えがある患者さん、電源を入れたところ極端に受信感度悪し。

 
 
 
 
 

Local_ft1021_a_01

開けたらいきなりヒューズが飛んでますね、なんかストレスがあったんでしょうね。

 
 
 
 
 
 
 

Local_ft1021_a_02

SGからRFボードに直接信号を入力すると良さそうなのでLPFボードです、QSKのスイッチングがおかしいし、リードリレーもあやしい。

 
 
 
 
 
 

Local_ft1021_a_03

こんなこともあろうかと大量に仕入れておいたリードリレーの出番です、急に欲しくなってもなかなかhard to findだったりしますからね。

 
 
 
 
 
 

Local_ft1021_a_04

NRリレーはピンアサインが違いますからパターンは改変します。
リレーの駆動回路が手持ちマニュアルと違っているので本機はバージョンが古いのか、そのあたりもマニュアルに合わせて作り直します。

 
 
 
 

Local_ft1021_a_05

基板単体でテストしてOK、でも、組み込むと壮大に発振してNG。
何事?とチェックしてみるとANT端子にありえないDC13.8Vが出てきている。
この電圧がRFユニットのダイオードスイッチに悪さをしている。 

 
 

Local_ft1021_a_06

漏れるとすればこのC7678、テスタでは導通ないのだけど(テスタのレンジが低かった)13Vはリークするのか?狐につままれたような感じ。

 
 
 
 
 
 
 

Local_ft1021_a_07

外してチェックしたらクラックが!そうかー..
やはりよっぽどのストレスがかかったんですね。

 
 
 
 
 
 

Local_ft1021_a_08

このクラスのチップコンは手持ちにないので動作チェック用に急ごしらえ。

 
 
 
 
 
 
 

Local_ft1021_a_09

ふむ、受信OKになり、送信もOK。
この一台はパーツ取り寄せと再調整でイケそうだな。

お次の方どうぞ~

 
 
 

| | コメント (17) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »