« お休み | トップページ | 現場ねこ監督 »

2017年8月 7日 (月)

藪から棒ですが

ふと思ったんですけども、皆さん生涯でオニヤンマを何頭捕獲したことがあるでしょうか?
同じくレアなギンヤンマの美しさも捨てがたいですが、ここはオニヤンマで。
自分を振り返ってみるとせいぜい片手ぐらいのものじゃないかな?と思うのです

ラジオ小僧になる前は虫を追いかけ、フナやドジョウを掬う少年でありました。
捕虫網については駄菓子屋で売っているようなものではなく、けっこう本格的なものを買ってもらい駆け回っていた記憶があります。
それでもオニヤンマとなるとなかなか巡り合わず、かつ捕獲が難しかった。
トンボは同じルートを何度も通るので一度見かけたらひたすら待つ、網はヤツの後方から狙う、なんてね。

今思うと、リアル・ポケモンですね、ずっと面白いと思いますが。
田舎の現場でオニヤンマを見かけると血が騒ぎますHi

|

« お休み | トップページ | 現場ねこ監督 »

その他」カテゴリの記事

コメント

オニヤンマは20頭以上捕獲しています。
自分の子供の頃は精々10頭にも満たなかったのですが、
妻の実家がオニヤンマの通り道になっているので、
1頭捕まえると子供同士で奪い合いになるのでどうしても2頭捕獲する必要がありました(笑)

どちらかと言うとギンヤンマの捕獲数の方が少ないです。

投稿: JA7QQQ/8 | 2017年8月 8日 (火) 08時42分

おお、20頭以上はすごいですね
青森市内、うちの近所ではなかなか見られませんでした
酸ヶ湯へ行ったときとかそんなときがチャンスでした

たしかにギンヤンマの方が少ないかもしれません

投稿: Yamada | 2017年8月 8日 (火) 08時47分

子供達が小学校の高学年になる頃には捕まえても放してあげるようになりました。
窓から入ってきてブンブン飛んで歩きガラスにぶつかるので可哀そうなんです。
以前はヤゴが生息できるような小川も改修が進んで生息できる場所が少なくなりました。

投稿: JA7QQQ/8 | 2017年8月 8日 (火) 09時09分

いいロケーションだったのですねえ
私が住んでたところも最初はゲンゴロウもいたしタガメもいた、ホタルも飛んでたのが急速に消えていったなーと感じます。
田んぼしかなかったのに今では中心街区です。

投稿: Yamada | 2017年8月 8日 (火) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/65632166

この記事へのトラックバック一覧です: 藪から棒ですが:

« お休み | トップページ | 現場ねこ監督 »