« JA8_FT1021X_01 | トップページ | JA8_FT1021X_03 »

2017年8月28日 (月)

JA8_FT1021X_02

回復したかと思われた受信回路ですが、ワッチすると妙に騒がしい。
BCバンドをAMで聞いていてもここかしこにビートがあり、これはおかしい。
PLLとかチェックしたもののわからず、サブRXも同様なのでアンテナからRFボードの間に何らかの発振源があるはず。

Ja8_1021_03

そこで、RFボードに直接アンテナをつないでみるとビートなしOK。

え?まさかのLPFボードですかい?

 
 
 
 
 
 

Ja8_1021_04

QSK用のPINダイオードの根元にプローブを当ててみますと..

 
 
 
 
 
 
 
 

Ja8_1021_05

あちゃー、これではRXたまりません。
PINダイオードのドライブ回路が発振してますかねえ。

ヤバい、0100回ってしまった、もう寝よう。

しかし、面白い症状があるもんですねー。

|

« JA8_FT1021X_01 | トップページ | JA8_FT1021X_03 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

面白いトラブルですね。夜更かししてしまう感じ、良く分かります。
相変わらずロジカルですね。
私なんてSR150のパワーが出ないところで何処が悪いのか特定
出来ずで放置中です・・・。恥ずかしい限り。
10211は台持っていたいアナログマシンです。
CWが良いと評判なので、山田さんのテスト報告を楽しみにしています。

投稿: JH1ILX | 2017年8月28日 (月) 11時23分

田村さん
どこが発振してるのか、けっこう悩みました。
RFボードプリアンプのスイッチングダイオード、PLL、ファイナルユニット...
それが、能動素子がほとんどないQSK周りとはHi

FT-1000、FT-1021は地元コンテストクラブの標準機として使用されてきています、そろそろ新スプリアス基準も気にしないと..というところのようです。

投稿: Yamada | 2017年8月28日 (月) 11時38分

おー、問題探究で夜更かし
仕事を忘れてしまいますね
ご用心下さい

新スプリアス問題が無ければ
1000も1011も1021も
人気度は抜群なんですよね

投稿: sky | 2017年8月28日 (月) 11時50分

いいマシンですね、私も持っていたら手離さないと思います。
メンテナンスも比較的容易です。
この年代のYAESU、よかったですねー

投稿: Yamada | 2017年8月28日 (月) 11時56分

ILXさん
SR150貸し出しましょうか?
隣に並べて比較したりして調べるのもいいと思います。

投稿: kazu260 | 2017年8月28日 (月) 15時50分

Yamadaさん、

1021は完治間近ですね。オーナーの方は喜ばれるでしょうね。
それにしてもYaesuは何も出しませんね。
ICOMはやっと7610の販売を始めるようですが・・・。
でも7610は受信機が2台あるメリットを生かし切れていない
設計仕様のように感じます。購入はペンディングです。
今はSDRに舵をきろうとしています。
Ham RadioではEUのSDR花盛りでした。
あ〜、また余計な事を書いてしまいました。

Kazu260さん
ありがとうございます。もう少し確認してNGならお願い
するかもしれません。その際は宜しくお願いします。

投稿: JH1ILX | 2017年8月28日 (月) 21時33分

田村さん

いや、まだまだ送信のテストには入ってませんからねー、怖くてHi
「チューナが収束せず修理に出したが治らなかった」らしいのですが、LPFユニットがこんなだとチューナもまともには動かないでしょうしね。
これで治ってればいいんですけど。

SDRは私も興味あります。
ドイツでは新しい情報ありましたかね。
やはりHPSDRベースのものがいいのでしょうか。
アンプもLDMOSでいとも簡単に2.4kWとか、もうタマではないですねー

投稿: Yamada | 2017年8月28日 (月) 23時24分

田村さん
Yaesuはおとなしいですが、その筋の情報では出す噂です。
ハムフェアーには間に合わないくてデイトンでデビューか・・・
真偽は定かではありませんが何かしら出してくるのでは?

投稿: sanyoshi | 2017年8月29日 (火) 07時10分

Yamadaさん
Ham Radioでは既存のメーカーよりベンチャーのような
会社の展示に人気がありました。Flexは気の毒なくらい
人がいませんでした。個人的にはRed PitayaのSDR TRXに
興味を持ちました。TRX機能の他にスペアナやネットワーク
アナライザーなどの測定器の機能も内蔵しています。
これで価格が10Wモデルで10万ちょいです。
私のところはSPEのリニアなので5WあればKWレベルの
出力になりますのでこれで十分です。
興味深いです。

Sanyoshiさん、
ご無沙汰しております。
そうですか、Yaesuも出すのですね。
どのような物なのか興味深いです。

投稿: JH1ILX | 2017年8月29日 (火) 09時35分

Red Pitayaは測定器として注目していました
ADC、DACは14bitでしたかね
無線機として構成するにはBPFなど要るのでしょうか
どんな実力なのか興味があります。
フェーズノイズの少ないラジオに憧れます。

いやあ、IC-7600でもういいや、と思ったんですがねーHi

投稿: Yamada | 2017年8月29日 (火) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/65718372

この記事へのトラックバック一覧です: JA8_FT1021X_02:

« JA8_FT1021X_01 | トップページ | JA8_FT1021X_03 »