« フィルタを見てみる | トップページ | 仙台来てます »

2016年10月20日 (木)

ダミーを見てみる

Dummy_s11_0

いつぞや作ったダミーを測ってみます。

300MHzでSWR1.5以下だった。

 
 
 
 
 
 

Dummy_s11_1

そんな感じですね。

ただ、キャリブレーションをVNA本体のコネクタのところでやってますので、スミスチャート表示にすると接続ケーブルの位相が災いして..

 
 
 
 
 

Dummy_s11_2_2

ナルト状のぐるぐる渦巻きになります。
キャリブレーションできてないとこういうことになる。

そしたら、ちょうど今日、PC用アプリがアップデートされてまして..
ziVNAu.exe V1.1


 
 
 
 
 
 

Dummy_s11_4

ポート・エクステンションなる機能が追加されてるじゃないですか!
これは、もしやリファレンスの基準面からDUTまでの線路長による遅延を数値入力すると数学的に処理してくれるものなんじゃないかな?

接続ケーブルの長さはだいたい60cm。
これを光速×短縮率で割って、テキトーなところ3.3ナノセカンドぐらいで入力してみますと..

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dummy_s11_3

おー、すっきりしますね。
はたして、こんな使い方でいいんでしょうか?(汗

※追記 違いましたね。数値を手打ちするんじゃなくてMEAS AVG1ボタンで接続したケーブルをOpen、Shortにかかわらず自動的に計測して数値をセットしてくれるんだそうです。 うーん、ますます便利。

スミスチャートではやや容量性なのか、これを補償してやったりすると特性が改善するのかな。
スペアナ+トラジェネ+リターンロスブリッジではこういうところまではわからない。
いや、便利だー。

 
 

|

« フィルタを見てみる | トップページ | 仙台来てます »

お気に入り・物欲」カテゴリの記事

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

 いやー…これは目の毒です(^^;;;

投稿: JI3KDH | 2016年10月21日 (金) 03時11分

見たことのない景色を、アホみたいに口を開けて見ているような状態ですが、ローコストでありながら持っている機能は私のスキルをはるかに上回りますねHi
使いこなしたいものです。

投稿: Yamada | 2016年10月21日 (金) 07時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/64376098

この記事へのトラックバック一覧です: ダミーを見てみる:

« フィルタを見てみる | トップページ | 仙台来てます »