« FT655_IFへの抜け_04 | トップページ | 聞こえない »

2015年6月23日 (火)

弘前_TS940_00

Hirosaki_ts940_00

弘前の大先輩から相談があり,いろいろワケありの940のようですが,お世話になっている方からのご依頼なので二つ返事で引き受けました.
CWでパワーがあまり出ないようだとのこと.
美品とは聞いていましたが,たしかにきれいです.
オーナさんが一年ほど使って,以後はシャックでそのままになっていたらしいです.

 
 

Hirosaki_ts940_01

内部もご覧のとおり.
保管状態がいいですねえ.

 
 
 
 
 
 
 

Hirosaki_ts940_02

FMは?と送信してみるとパワー出ません.
CWとFMが出ないとなるとキャリアのCAR-0か?と早合点して開腹,しかしCAR-0は安定して出ているようでした.
(CWとFMの送信は455kHzのIFを使わず,8.83MHzのCAR-0を起点とするダブル・コンバージョンなのでそう推理⇒ハズレ)
あんなことこんなことがデジャヴュで想起されたのですが..

 
 

Hirosaki_ts940_03

そこで,IFTやRFTの同調調整をはじめてみたら,これがまた,とんでもなくズレてました.
経験上,Lはこんなにズレないので,抱き合わせのCが変化してるんでしょうか.
調整だけで所定のパワーが出てきました.
時間をかけて一から再調整したほうがよさそうですね.
まずはひと段落..

|

« FT655_IFへの抜け_04 | トップページ | 聞こえない »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/61785327

この記事へのトラックバック一覧です: 弘前_TS940_00:

« FT655_IFへの抜け_04 | トップページ | 聞こえない »