« 花をもらって帰る | トップページ | 長野_HL62V_01 »

2015年3月21日 (土)

長野_IC201_01

Nagano_ic201_01

ようやく症状が出てきました.
予想以上の大音量でバリバリ,AFの前段で発生しているように思いました.
いろいろ突ついているとまた静かになったり..
『Trの銀マイグレーションかも?』
と思い,見てみますと,あきらかに怪しいのが何個か..

 

Nagano_ic201_02

定格の近いものに交換した後は症状が出てませんが,もう少し様子を見ましょう.
その一方で,VFOを回してガサガサ,RITを回してガサガサ,VRを回してガサガサ.
可変抵抗にはCAIGを少量,VFOは..?
このスラグのガイドのような感じです.

 

Nagano_ic201_03

ボンディングして良くなったかな?
 
 

 
 
 

 

Nagano_ic201_04

だいぶ静かになりました.

|

« 花をもらって帰る | トップページ | 長野_HL62V_01 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

201も501と同じようですね。
当時は斬新な構造のVFOだったのでしょうね?
照明がいいかんじ

投稿: k | 2015年3月21日 (土) 08時15分

201はFMも付いているんですよねぇー 501は無い・・・

投稿: sanyoshi | 2015年3月21日 (土) 08時36分

kさん
VFOはドレークみたいですよね,このころのICOM使ったことないんですが悪くないと思います.

sanyoshiさん
そうなんですね,IC-71との位置づけですかねー
ダイアル上のセンターメータがいいですね

投稿: Yamada | 2015年3月21日 (土) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/61312403

この記事へのトラックバック一覧です: 長野_IC201_01:

« 花をもらって帰る | トップページ | 長野_HL62V_01 »