« 長野_C8900G_00 | トップページ | 元気にしているようです »

2015年3月17日 (火)

長野_IC02N_00

Nagano_ic02n_00

スケルチが閉じない02N,左隣は音が出ない03N.
どちらも原因は同じようなものかもしれません.

 
 
 
 
 

Nagano_ic02n_01

VRを取り出し.

 
 
 
 
 
 

Nagano_ic02n_02

分解.

 
 
 
 
 
 

Nagano_ic02n_03

ブラシが外れる,多いですね,この症状.

sanyoshiさんが
『ジェルの瞬間接着剤がいいよ.』
って言ってたな..
ボリュームの方もやっとかないといけないでしょうねえ.
今日のところは脱脂まで.

|

« 長野_C8900G_00 | トップページ | 元気にしているようです »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

差し上げた12Nのボリューム類は分解し組み直してあるので部品取りに使えると思います。
明日で東北撤退し金曜日から鹿児島へ行ってきます。

投稿: kazu260 | 2015年3月17日 (火) 23時20分

kazu260さん

alpsのこのテのVRはダメですねえ.
チマチマと分解組み立てしたいと思います.
12Nはまだ診ていないのですが,いずれ再生したいと思います.

いきなり鹿児島でしょうか,遠いですね.
体調に気をつけて行ってらしてください.

投稿: Yamada | 2015年3月17日 (火) 23時46分

懐かしいですね。これも例のVRですか・・・・
kazu260さん いただいたPCは快調に動いています。

投稿: sanyoshi | 2015年3月18日 (水) 06時49分

VR,またしても,って感じですHi
うちのIC2Nは動くのかなー?

投稿: Yamada | 2015年3月18日 (水) 08時06分

12NはPLL以外はメンテナンスしまさしたが途中で挫折しました。
アルプのパーツはダメですね
sanyoshiさん
DUはQSOできましたでしょうか
上げていたアンテナは昨年yamadaさんとIC-741にてQSOできました。
また5月中旬以降に行きますのでよろしくお願いします。
パソコンまだ使えてるそうで安心しました。

投稿: kazu260 | 2015年3月18日 (水) 08時14分

PLLですね,VCOからチェックしてみます.

最近のDXはマナーの悪さに悪態をつきながらやらなきゃいけないようで,ストレスですねえHi

PCはwindows10でもいけそうですね.

投稿: Yamada | 2015年3月18日 (水) 08時20分

この時代のハンディに多用されてましたね。
私もつい先日スタンダードのC120のヤツを修理したばかりです。
最初のころはわずかに残ったカシメのボスを半田ごての細いので溶かして復旧させてましたが、作業が大変なのでHi
最近は瞬間接着剤のお世話になってます。
音量側もじきダメになるでしょうね・・

投稿: jh7めv/職場 | 2015年3月18日 (水) 10時53分

あのポッチの出っ張り、コテで潰そうにも余長がないんだよねー
これで使えなくなってる機械も多いのでしょうね。
パーツの品質は大事、BYじゃないんだから。

投稿: Yamada | 2015年3月18日 (水) 11時49分

パーツも大陸が進出する前はBV製もありましたね

投稿: sky | 2015年3月18日 (水) 12時27分

パーツといっても分野が広いですが,BYのコピー商品は雑多に渡りますね.
このVRの場合素材や精度はいいけど設計が悪いっていうパターンですね.

投稿: Yamada | 2015年3月18日 (水) 14時32分

樹脂を熱で潰して留めただけのヤツは取れますね~
特に接点復活剤まみれにされるといけない印象です。

そこまで年季が入っていると抵抗体も傷んでいることが多く
溝が掘れてガリオームの原因になっていたりします。
そこでブラシが現在の溝からずれたところにタッチするように
ずらして接着したり曲げてやると、わりかし良いかなと思っております。

抵抗体が切れていることもあって、鉛筆でしのぐとか…
墨があまりうまくいかなかったのは
洗えば落ちるってヤツだったからだろうか?

投稿: JA7RHJ/熊谷 | 2015年3月19日 (木) 00時06分

先日のC5000も抵抗体がダメで,sanyoshiさんが通販を探し回り,画像をみてパーツ取りできそうなVRを入手して治してました.
多少抵抗値が違ってもなんとかなりますからね.

濃い鉛筆も使いますが,なんとかしてレジンで焼き付けするような方法がありませんかねー

投稿: Yamada | 2015年3月19日 (木) 00時52分

初めまして。IC-03Nの修理検索から来ました。
ボリュームの接点外れと分かり、分解方法が分からず困っていました。
やはりカシメのボスがネックですね。瞬間接着剤で留めるとは知りませんでした。
ボスを外したところに瞬間接着剤を付けるんでしょうね。周りの油分をアルコールで
除去してから取り掛かろうと思います。
気まぐれ天使さんのHPにも、分解写真は載っていましたが、組み立て方が無かった
ので、如何したらいいものか思案してました。

ところで、80~90年代フィリピンではIC-02シリーズが爆発的に売れまくっていました。
日本じゃとっくの昔に市場から消えていましたが、、フィリピン人に言わせると台湾
フェイクじゃないかとか、色んな噂が飛び交っていましたw
補修部品も市場にあふれ、偽ファイナルモジュールまで売っていました。
マニラの下町サンタクルス&キアポの通称ラオン(通り)はフィリピンの秋葉原。
探せばIC-02の部品は今でも売っているらしいです。現地友人からの情報です。

投稿: kelly | 2016年9月 4日 (日) 21時43分

kellyさん はじめまして
定番パーツの定番不具合ですね。
エポキシ樹脂とかいろいろやりましたが、ジェル状の瞬間接着剤もイケる感じです。

フィリピンですか、情報ありがとうございます。
マニラですね、ネグロス島へはちょくちょくお出かけになる方を知ってるんですがHi

投稿: Yamada | 2016年9月 4日 (日) 22時33分

Yamadaさん、早速のレスありがとうございます。
セメダインのジェル状の瞬間接着剤有りましたので、明日にでも挑戦してみようかと思います。

ところでネグロスは西東、どちらでしょうか?西のバコロドや周辺には何度か行った事がありました。東のドゥマゲティは行かずじまいです。みんな昔悪い無線やっていた時代に知り合った現地の友達に会いに行ったのですがw

また何かりましたら、コメントをさせて下さい。

投稿: | 2016年9月 4日 (日) 23時55分

カンラオンとおっしゃってましたのでたぶん東側だと思います。
悪い無線仲間というのは共通する部分があるのかもHi
kazu260さんがくしゃみしてるかな。

投稿: Yamada | 2016年9月 5日 (月) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/61297664

この記事へのトラックバック一覧です: 長野_IC02N_00:

« 長野_C8900G_00 | トップページ | 元気にしているようです »