« あちゃー | トップページ | 地元_ML12_00 »

2015年1月23日 (金)

地元_C5000_02

Local_c5000_05

VRのブラシを接着,接点を洗浄,再組み立て.
飛ばしたリベット部はステンレスワイヤで絞りました.







Local_c5000_06

電源スイッチ,ボリューム,スケルチ,いずれも良好です.

各バンドとも送受信が可能なことを確認しました.

|

« あちゃー | トップページ | 地元_ML12_00 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

おお! ありがとうございます

投稿: sanyohi | 2015年1月23日 (金) 06時37分

おお、おめでとうございます
元気になって原隊復帰ですね

投稿: sky | 2015年1月23日 (金) 09時21分

毎回、驚嘆しますが本当に芸が細かいですね~、とても出来ないしやろうとも
思いませんcoldsweats01

投稿: ぶっちゃのおやじ | 2015年1月23日 (金) 09時49分

sanyoshiさん、skyさん、ぶっちゃのおやじさん

コメントをどうも、
この作業はやってる人も多いでしょうね。
リベット留めしてあったシャフトを叩き出して整形してもいいのですが横着しましたHi

投稿: Yamada | 2015年1月23日 (金) 10時25分

細いワイヤーも使い方次第ということですね
ワイヤリングというと車の保安パーツをワイヤリングしないとサーキット車検落ちないように使ってたくらいです。
私は動線を通して潰してリベット代わりに代用し接着してました。
ワイヤリングが簡単でいいですね
なるほど、人により違う考えで勉強になります。

投稿: kazu260 | 2015年1月23日 (金) 17時01分

ステンレスワイヤならけっこう軸力がとれるかな?と思いました。
ま、ローカルのマシンなので不具合があればいつでもお預かりできますしHi

もとのシャフトを再利用もできますね。
時計屋さんなど器用に叩いて作ります。

投稿: Yamada | 2015年1月23日 (金) 18時22分

TR751のVRをばらした時はクリップを使いました。グギって曲げてOK

投稿: sanyohi | 2015年1月23日 (金) 22時13分

皆さん苦労してるんですね
潰すときはポンチの先端を利用すると便利です。
ワイヤリングツールを使うと超便利です。
強度が必要なときはワイヤリングにしてみます。

投稿: kazu260 | 2015年1月23日 (金) 22時29分

クリップに銅の単線、皆さんいろいろですねHi
私のは建築の現場でターンバックル代わりに番線で絞るようなノリです^^;
伸びたり巻きが戻ったりしますけど、ケースバイケースで…

投稿: Yamada | 2015年1月24日 (土) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/61016221

この記事へのトラックバック一覧です: 地元_C5000_02:

« あちゃー | トップページ | 地元_ML12_00 »