« 収穫の秋 | トップページ | Ready to Go! »

2014年9月30日 (火)

CV・CC電源

Pa1831_0

路上で貢いでいただきました,KENWOODのPA18-3A.

上に乗っているのはもう何十年も使ってきました自作のCV電源18V・1Aです.





Pa1831_1

後姿,自作電源のパワトラの型番はなかなか趣があります.







Pa1831_2

電源コードが接がれていましたので新しいコードに交換.
OUTPUTのon/offが利かないというので追いかけましたところ,タクトスイッチからシュミットトリガ・インバータそれからフリップフロップとちゃんと反転しています.コントロールユニットの出口でも反転していて,どこに行くのかな?と探すとリアパネル下の小さな基板.


Pa1831_3

そうしましたら,なんかOUTPUTという端子の上のスライドスイッチが下向き!
これを上にしましたら...






Pa1831_4

リレーがカチカチ言ってon/offが利くじゃないですか,そういうことかー,写真はoffにしたところ.

sanyoshiさん,これ仕様です,完動でしたHi

|

« 収穫の秋 | トップページ | Ready to Go! »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

おおー、パチパチ!
素晴らしい!

投稿: sky | 2014年10月 1日 (水) 05時42分

リモートできたり、いろいろ高機能な実験用電源なのでマニュアル読まないとよくわかりませんね。
まずはひとつ、理解しましたHi

投稿: Yamada | 2014年10月 1日 (水) 07時43分

私はちょっと違うミスをしました。
菊水の100A電源を転居してしばらく使って無くて必要になり電源を投入したら立ち上がらなく悩みました。
壊れたと思い分解し電源を繋ぎ確認していたら入力電圧が200V起動なのに分電盤のブレーカーが100Vになって笑ってしまいました。
ブレーカーの設定のケアミスをしてた訳です。
笑い話しでした。

投稿: kazu260 | 2014年10月 1日 (水) 10時17分

故障と思う前に一度クールダウンしていろいろ可能性をチェックし直すことが必要ですね。
なかなか難しいですがHi
今回はマニュアルがないので現物を追いかけました。

投稿: Yamada | 2014年10月 1日 (水) 12時27分

いやぁー 良かったです。
電源コードぶつ切りのやつでしたから、まぁー悪くてもYamadaさんなら修理可能と仕入れました。
完動という事で良かった。これで修理に拍車がかかる? hihi

投稿: sanyoshi | 2014年10月 1日 (水) 22時00分

ばっちりですよー
内部の埃も掃除しました.
お化粧も直しましょうかねー
作業が楽しくなります.

投稿: Yamada | 2014年10月 1日 (水) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/60401474

この記事へのトラックバック一覧です: CV・CC電源:

« 収穫の秋 | トップページ | Ready to Go! »