« 夏の音 | トップページ | 町田_706mkIIG_13 »

2014年7月24日 (木)

町田_706mkIIG_12

Machida_706mk2g_40

144MHzの裾野が妙に持ち上がる件.(ピンボケ)







Machida_706mk2g_41

SSB無変調でこれ.
どこでこうなるか?を追いますとファイナルFETのドレイン出口から後です.
VUの出力回路はLPF,HPFからなるダイプレクサで分離する形になっています.
 


Machida_706mk2g_42

気になる修理痕もありましたし,PINダイオードも飛んでましたからT/Rスイッチングやマッチングネットワークに不具合がありそうです,ちゃんと確認すればいいのに,と反省.
それと,受信できてたはずの430MHz帯も感度ガタ落ちで,パワーが出たことによって別の被害が出ている可能性があります.
初段のFETが飛んだかなー

|

« 夏の音 | トップページ | 町田_706mkIIG_13 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/60035529

この記事へのトラックバック一覧です: 町田_706mkIIG_12:

« 夏の音 | トップページ | 町田_706mkIIG_13 »