« 桜が咲いたとか | トップページ | 代休です »

2014年4月24日 (木)

広島_TS850_01

Hiroshima_ts850_06

LPFユニットを開いて目視したときに気になっていたサージ・アブソーバ.

 
 
 
 
 

Hiroshima_ts850_07

放電痕があります,オーナさんはローバンド志向でビバレッジをつなぐようですから取り替えておくことにしました.
オリジナルはDS-301L,用意できたのはDS-302M.
両者,放電開始電圧は3kVで同じですが,その電圧の確度の定格が違うようです,ま,大丈夫でしょう.

 

Hiroshima_ts850_08

キャリアユニットのチップケミは待った無しで交換しておきましょう.
いちおう,長寿命のものにしておきました.

 
 
 
 

Hiroshima_ts850_09

バンドのデコーダICも交換し,受信感度もフラットになりました.
さて,送信パワーは?
あらま,ぜんぜん出てきません,何か二次被害を出してしまったでしょうか?
DriveのTrのベースまでは来ていてコレクタ出力がスイングしません.
 
各電極の電圧はサービスマニュアルどおりかかっているように見えます. 
Trが壊れた?外してチェッカーで見てみますとDCではhfeあります,しかしRFは増幅しない?
とにもかくにもTrを手配してみました.

|

« 桜が咲いたとか | トップページ | 代休です »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

チェッカー活躍してますね
私の使っていた850はチップコンを売却前に2度目の交換をし再調整し昨年55Kでオークションで落札されました。
今シャックにTS950SDが邪魔になり転がってます。
最近のメインマシンは30MhzまでがFT2000 50MhzまでがJST245となってます。
4ラインが私的には好きなのですが熱さに負けてメインシャックからサブシャックへ移り定住しちゃいました。
球で育った自分はどうしてもTRより球に片寄ってしまいます。
球だと灯りを見ながら判断も楽ですし球テスターでチェックと手抜きできますね
球の時代の機器は故障が少なく使いやすいからですね
ツマミが沢山あって操作をマスターするのにマニュアルを眺めるだけでも大変です。
2台づつ所有する理由は故障しても比較したり部分的に入れ換えて試すことができるというメリットがあります。
同じ機器を10台くらい並べるのも違う意味でも魅力的ですね

投稿: kazu260 | 2014年4月25日 (金) 08時58分

たしかに2台あるとリファレンスとして便利ではありますね。
なかなか予算が許しませんがHi
タマはヒーターを焚いているのがなんか後ろめたいです、味があるのはわかるのですが、エミッションが…とか気にしながらというのも落ちつきません。
TRチェッカー便利ですね、ピンアサインがわからなくてもOKです。

投稿: Yamada | 2014年4月25日 (金) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/59524855

この記事へのトラックバック一覧です: 広島_TS850_01:

« 桜が咲いたとか | トップページ | 代休です »