« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月28日 (金)

多摩_930V_12

Tama_930v_28

PAのNFBの定数を調整,100Ωと0.066μFにして異常発振しないことを確認.
しかし変調をかけるとハウリングするような発振を起こします,何かやらかしてしまったでしょうか?
送受のダイオードスイッチを追いながらしばらく悩んだんですけど,どうもこれは私の作ったマイクが発振してる?AFジェネレータならば問題ない.
 
そうか,これはまだアレをやってなかったんだっけ!電流容量不足だ.
ムダな時間を過ごしてしまったーorz

Tama_930v_29

気を取り直して..
これは21MHz,CW,ATU ON,OUTPUT12W,
200MHzスパンの様子,いかがでしょう.
送信音をモニタすると申し分なくきれいです,おそらくオリジナルよりも優秀?

やっと細部の調整に取り掛かれますか..

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月27日 (木)

延命する?

Survival_pc

CelelonMのノートが一台あるんですが,こいつでWin7が動くか?をお試し中,O君にまる投げですがHi

メーカーサイトによると一応アップデート対象機なんですが惜しむらくはシングルコア,同型でデュオもあったのにね,最低限あと一世代欲しいところだった.
 
ま,でも,とりあえず動いてます.
メモリは1Gと256しか入ってないので2Gを買い足すか..
やっぱりSSDですよね.

カミさんに相談してみたら
『そんな中途半端なことやってないで新しいの買ったほうがいいんじゃないの?』
うん,まあそりゃあそうなんだけどさ,i3に8ギガ,SSDで\70kぐらいにはなっちゃいますよね,i5で\90k~100kぐらいかな?

Survival_pc1

まずはこの非力なマシンをいぢめてみています.
FirefoxでGoogleMap,PDFビューア,
LibreOffice,Paint.Net,JW-CAD,
重さに定評があるDWG-TrueView...
おや,動画でもなけりゃそれなりに動く,いまのJより格段にマシ,メモリが足りないのでスワップ激しいですけど.
予備機としての余生はありそうですね.
 
難点はCD-Rドライブのみ,電池が死んでる,無線LAN内蔵でない..

| | コメント (7) | トラックバック (0)

パコ・デ・ルシアさん亡くなる

フラメンコじゃないジャンルのLPを何枚か持ってました.
ラリー・コリエル(またはディ・メオラ)とマクラフリンとのトリオとかねー,よかったです.
好きなギタリストのお一人でしたが,66歳か..残念です.

Spanish flamenco guitarist Paco de Lucia dies at 66(BBC)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マスクしてます

私の高感度センサ,今朝やたらくしゃみが出て..
花粉,飛びはじめましたね,早いなー

去年は薬飲まずに乗り切ったんだけど,どうするかなー

体の免疫はむしろ落ちてるから症状は出にくい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩_930V_11

Tama_930v_27

あまり時間を割けませんでノロノロの930V
ファイナルのFET化,フルパワーテストで一見上手く行った?と思ったのですが,バンドによって不具合発生.

たとえば,14MHzSSBで送信状態にするとLPFユニットのリレーがバタつく.

スペクトルを広げてこれを追ってみますと,180MHzより上でアンプが寄生発振しているのがわかりました.
アンプの寄生発振⇒電源をRFで揺さぶる⇒リレーの電源に回り込み⇒リレー動作がハンチング,というストーリーだったみたいですね.

これ,CWで1W以上出ている場合にはNFBが利いて発生しません,帰還が十分かからない範囲で起こるようです,バンドによっても起こりません.

NFBにF特を持たせようと小容量のCを使ったのが間違いだったようで,ポールを形成してしまったのでしょう,電源のパスコンも弱いのかな?明日から代休を取ってますから,定数を見直して再実験だー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

ホテルにて

20140222_1

道中,路面乾燥の直線とブラックアイスに凍ったカーブで怖かったですがなんとか到着です.

さっそくWiFiを試してみたところ,良好につながってます.

さ,カミさんが持たしてくれた海苔巻きで夕食だー^^

※追記

20140222_2

あれ?うちより早くないか?

 
 
 
 
 
 
 

Wrh150

うちだとこの程度しか出てない.

 
 
 

Whr300hp

んで,なんとこいつのほうが遅いという結果に..
なんか設定マズいのかなー

 

Whr300hp_1

無線のチャンネルと帯域を見直して少し上がりました.

ご近所との干渉があるかな?

| | コメント (32) | トラックバック (0)

備忘録です

670k

カウンタ,67万通過でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上るかー

午後も天気いいし、体調もまずまず。
RDPのズレ直しと、TVアンテナの傾き修正してきました。(↓上る前)

20140222_141736

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WiFi

20140222

いわゆるホテル用WiFiルータってやつですか,スマホやタブレット(持ってないけど)のお供に使えるもんなのかな?とポチってみました,\2kちょっとのものですし.

今夜の宿泊先でテストしてみましょう.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

朝から一汗


天気もいいし、二度目のタワー掘り。
前回はアルミスコップが折れて中断しました。


深さは1600ぐらいでしょうか。


むむ、雪庇もヤバくなってきた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

盛岡へ



急きょ盛岡まで打ち合わせに行く案件発生。
雪がたいしたことなく幸いです。写真は岩手山SA
明日の予定だった現場が今朝の変更で日曜日に…
バタバタしてますねー

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

雪かきのあとは

スーパー銭湯でまったり
礼儀正しくコーヒー牛乳


| | コメント (4) | トラックバック (0)

代休消化

おふくろの家、週末降った雪の半分くらい片付けきれずに残してました。


少し締め固まってきてますが、そんな雪はそれなりに…


スノーダンプをぐさっと挿し入れ、アルミスコップでチョンチョンっと切れ目を入れると賽の目に多くの量がすくえます。
ブロック崩しのように運びます。
雪国ではあたりまえですが、馴れない地方の方の参考まで。
でも、スノーダンプが手に入らないのかー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

グッジョブ

今朝、0400ごろ除雪のタイヤショベルが家の前を走ってました。
大雪の後,幹線道路の除雪が一段落してようやく生活道路に回ってきたようです.
今年のオペさんは上手いなぁ、置き土産が極めて少ないです。
効率だけ優先してガーっと高速で走られると重い雪の塊をこんもり置いて行くもんで、朝、呆然とすることがあるものです。
これはいい仕事、スピード・排土板の高さを調整しているな、ってわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

多摩_930V_10

Tama_930v_26

PAユニットを実装,ALCを絞っておいてからおそろおそるパワーを出していきます.
結果,下から上まで安定してパワーが出ているようにみえますが,14MHzのみ送信時にLPFユニットのリレーあたりから異音がしますので見ていきましょう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帳尻合わせてきますねえ

夕べ静かに降ってるなあとは思いましたが


風除室のここまできてますかぁ
長い私の脚の膝までありますなー





0800から午前中いっぱい雪を運んで、まだ残ってたんですがご近所のでかい除雪機登場で片付きました。
おふくろの家もたんまりあるのですが、ちょっと弱点の左膝が痛みます。
今日はもうやめとこう…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

多摩_930V_09

5Vの三端子ではバイアスが浅かったので三端子のコモンにダイオードのゲタを一本履かせました,6Vの三端子を使えばよさそうです.
それと,ゲインが高すぎたのとバンド間のゲイン差がかなりありましたので,NFBのR,Cを二,三度調整してみて..
出力10Wを得る入力電力が

3.5MHz 8dBm
7MHz   8dBm
14MHz  4dBm
21MHz  6dBm
28MHz  4dBm

ぐらいに収まってきましたのでこのへんでPAユニットを実装してみたいと思います,ALC絞っておかないと飛ばしそうです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

大雪お見舞

二週続けて大変ですね,週末というのが不幸中の幸いでしょうか.

カミさんの実家の群馬は?とアメダス見ると8時に73cm!!
青森よりも多いってのは今までなかったよなー
観測史上最高ですか,一生に一度あるかないかの事件ですね.

雪かき道具がホームセンターから消えてるようですね.
通販も足元見て価格高騰中.

こちら,今朝はぜんぜん降ってません,これから来ますねえ.

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

多摩_930V_08

Tama_930v_24

本体のDC28Vを供給してバイアスを流してみると,5Vの三端子ではせいぜい一本あたり最大400mAぐらい.
この石はもっと流さないとダメ?しかし発熱が..

NFBなしでSSGから入力を突っ込むとなんなくパワーが出てきます.


Tama_930v_25

(スプリアス込みですが)10Wに達する入力は
 7MHzで0dBm
14MHzで-3dBm
21MHzで-6dBm
28MHzで-7dBm
上のほうが景気良く出てきます.
ゲイン高すぎでしょうか,一段端折るかATT?
それと放熱板がこれじゃもたないですね^^;

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

多摩_930V_07

Tama_930v_23

FET,バイアス回路を実装してテスト.
まずは仮の電源をつなぎます,あえて最大18V,1Aでリミッタがかかるぐらいの軟弱な電源,信号源はSSG.
バイアスが3.5Vを超えたあたりからアイドリングが流れ始め連続的に変化することを確認.
ただし,今の時点ではあまり流さず,プッシュプルの両側のバイアスを調整して偶数次高調波の最小点があること,妙なスプリアスがないことをスペアナで確認,ここまで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩_930V_06

Tama_930v_21

ほんとにゆっくりゆっくりでオーナーさんには申し訳なく..

バイアス回路を組んでみました.
三端子78L05とon/offコントロール用に2N7000です.

FET実装してみますかぁ..


Tama_930v_22

それはそうと,新しいおもちゃは楽しいですねえ.
ステーション型ハンダごて,なかなかいいですよ,今までより快適Hi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

折れた

土日現場で自宅の雪いじりが出来なかったし、くたびれたので午後から早退。

タワーまわりの雪が締め固まってきたので掘り起こしておこうとやってましたら…


まあ、いいかげん金属疲労だったでしょう。
やめた、やめた^_^



頭上の雪庇も今年はかわいいものですね。
これでも落ちてきたら
『青森市のYamadaさん宅で屋根雪が落ち、下で鉄塔を掘り起こしていたYamadaさんが…』
なんてニュース沙汰に…^_^;

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

風雪強し

天気予報で
『出来るだけ外出を控えて下さい。』
という中、現場です。

昨日、間配りした材が何処にあるのか、宝探し、プロパンバーナーで雪を融かしながらの作業。
下請けさんが日曜なのに一名増員してくれたからなんとか終われるかな?

寒さは、まあ、このくらいなら大丈夫。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

666666

All_6

キャプチャしました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

連泊

やっぱり現場終われなかった,トラブル続出.

1600ごろ元請にレベルを借りて..三脚を据えて,水平器の気泡をセンターにして..
くるっと方向を変えて水平を確認しますと..な・なんとズレが許容範囲を超えてる^^;
元請に
『これって大丈夫なんですか?』
と聞くと
『どうなんだろー,それ,まだ使ってないやつなんだよね.校正はしてると思うけど.』
何度かやってみるけどやっぱりおかしい.
手に持って傾けると何か『カラカラ』って音がするし!ダメだこりゃ..
もう暗くなるし,あとは明日にしましょう.
だけど,明日は大荒れなんだよなー,こちらも..

というわけで昨日と同じホテルに連泊
職人は0500時出発で青森から通ってます,私は体力持ちません(汗

| | コメント (6) | トラックバック (0)

八戸

昨日,吹雪のアイスバーンを移動して前乗り,いまから現場です.

南の方では大荒れみたいですね,近年にない大雪,しかも暴風とか..

こちらもだんだん悪くなるので早く逃げたいのですが,一日で終われないかなぁ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

寒波

冬将軍が調子づいてますね,連日最高気温がマイナス4℃.
雪もボディ・ブローのいいのを二・三発もらった感じです,まあ,今までが楽だった.

電気あんかを入れてるのですが足先が冷たくてなかなか寝付けません.
1200ごろベッドに入ってしばらくゴロゴロして入眠したんでしょう,ふと目が覚めると0200.
がんばって二度寝..
『ゴゴゴゴ..』
という音にまた目が覚める,除雪だ,時計を見ると0500.
二階の窓から覗いてみると巧いオペレータのようで置き土産は少ない,よしよし..三度寝
0600の目覚ましで起床.

この寒波の中,土曜~日曜は八戸の現場だー
雪片付けが出来ないねえ,しかも火曜日に冷蔵庫が来る予定なので窓を塞いでいる雪をどかさないと搬入ができない.
月曜日代休取るしかないですねえ.

※追記
あー,月曜日打合せが入っちゃったorz

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

AutocadLT起動時エラー

いつの間にか(たぶんWindowsUpDateのタイミングで)AutocadLT2008の起動時に

『無効なURI:URIの形式を決定できませんでした。』

というエラーが毎回出るようになってしまい,難儀してました.(OSはXP,風前の灯)
無視して続けると普通に作業は出来るのですがウザいです.

これで困っている人が多数おられる模様で,いろいろな情報ありますがなかなか大変でした.

まずは,.Net Framework がらみと思い,.Netをリムーブ・ツールで抜き去り,再インストール.
WindowsUpDateをかけて,AutocadLTを修復インストールして...

半日つぶれましたがダメでした.

他ユーザでは出なかったりするのでCUIをリセットしてみる...ダメ

起動時InfoCenterへ繋ぎに行く過程でエラーを吐いてるみたいなので,要らんInfoCenterは止めちゃおうといろいろ調べたところ...

レジストリエディタで
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Autodesk\AutoCAD LT\R13\ACADLT-####:###\Applications\InfoCenterAcConn

LOADCTRLS の値を  76  から  0 へ修正

(私の場合)これでなんとか止まりました.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

多摩_930V_05

Tama_930v_20

PAのFET化を画策.
まずはファイナル周りを撤去し,プリドライバ,ドライバ段までが大丈夫かどうかを確認.
よさげです.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

医療器具(鉛フリー対応)

Soldertool_0

皆さんはハンダごてを何本持っておられるでしょうか?
左写真は私の一例,もっとあったと思うけど..
左から,自作のセンサレス自動温調,gootのCXR-41(30W),多用しているgootのピストル型TQ-77ワット数切り換えタイプ,かっこいいANTEX,ニクロムヒータの100W.
こうしてみるとgootが多いです,ハンダ吸取り器もTP-100だし..

ハンダの上手い下手はひとえに温度の管理でしょう.
治療をしてもヘタなハンダ上げでは予後,長持ちしないことでしょう.
何十年もやってると感覚でわかるので濡れたスポンジや布巾で冷ましたりしながら知らぬ間に調整しているものですが,その手間がけっこうストレスだったりします.
また,RoHS規制の無鉛ハンダになると勝手が違ってきて難儀したり...

自動温調を作ってはみたのですがそれはセンサレスだったのでヒータ自体のインピーダンスの温度特性を利用するものでした.
コテ先の温度変化がヒータに伝わる間の熱抵抗,タイムラグがあり,特に細いコテ先を使っていると広いランドでは自動調整の限界を感じてしまいます.
 
Soldertool_1
本格的なセンサ・フィードバックのステーション型ハンダごてっていいんだろうなぁ,とかねてより思っておりましたがとうとうポチってしまいました.

エンジニアのSKZ-01というタイプにしてみました,最高出力は105W,上位機種のSKZ-03は120Wなのだけど,ヒータの交換部品は共通,ドライブのしかたが違うのか..さて?

このハンダごて,あまり評判を聞きません.
これまでどおりおとなしく専門メーカのものを選べばよかったのかもしれませんが,エンジニアというメーカーも気になり試してみたかったのと,ヒータ容量が大きいこと,薄型でコテ台をスタックできること,比較的お安いことが選択理由です.
ローコスト・タイプでオート・パワーセーブやオート・シャットダウンのような機能はついていませんが,まあ,コテの電源を切り忘れるっていうことはまずありません,基本性能に期待です.

これを目の前のニンジンとして少しでもモチベーションを高めたいと思いますHi

Soldertool_2このネジ切りの精度はちょっと残念.



 


Soldertool_3チップとヒータ・センサが分離構造であることが特徴で,一体型のものに比べチップのランニングコストは少なめですが,温度制御のレスポンスとしては痛し痒しのところであります.
(チップの先にセンサをおいてフィードバックするのが最適)

いちおう説明書には

『最近の鉛フリー対応の半田コテは、温度回復と温度コントロール性能を得るために、ランニングコストを犠牲にした 、「コテ先・ヒーター・センサー一体型」が主流になっています。しかし、本製品はスイッチング電源技術と最新の制御システムによって、コテ先とヒーターが分離型であっても優れた熱回復特性を実現しました。』

と記載されています.

Soldertool_4

コンパクトでシンプルな前面パネル




 

 
Soldertool_5
バックパネル.





  

Soldertool_6

ちょっとアヤしげなメーカ名のケミコンが使われています.





  

Soldertool_7(センサ部が)350℃の設定温度に達するまでは20秒弱

これはこの手のステーション型ハンダごてとしては決して早いほうではないでしょう.
まずは使ってみないことには..
 



Soldertool_8

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

多摩_930V_04

Tama_930v_18

10.24MHz,Xtal発振周波数のズレの件
テスト基板を作ってあれこれ確かめ,負荷容量とXtalに小容量のCをパラレルして傾向を掴みます.(ネットアナがないもんでHi)
Cを増やせば周波数は下がっていきますが,発振の余裕度も下がってきますので限界があります.

 
 

Tama_930v_19

本体のPLLボードに移ってトリミングして...

なんとかこれでいけそう.

さて,PAの改造をしないと.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »