« 延命する? | トップページ | 多摩_930V_13 »

2014年2月28日 (金)

多摩_930V_12

Tama_930v_28

PAのNFBの定数を調整,100Ωと0.066μFにして異常発振しないことを確認.
しかし変調をかけるとハウリングするような発振を起こします,何かやらかしてしまったでしょうか?
送受のダイオードスイッチを追いながらしばらく悩んだんですけど,どうもこれは私の作ったマイクが発振してる?AFジェネレータならば問題ない.
 
そうか,これはまだアレをやってなかったんだっけ!電流容量不足だ.
ムダな時間を過ごしてしまったーorz

Tama_930v_29

気を取り直して..
これは21MHz,CW,ATU ON,OUTPUT12W,
200MHzスパンの様子,いかがでしょう.
送信音をモニタすると申し分なくきれいです,おそらくオリジナルよりも優秀?

やっと細部の調整に取り掛かれますか..

|

« 延命する? | トップページ | 多摩_930V_13 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

オリジナルよりいい音ですか
930はいい音だと評判だった‥
最近、電話には出ていないけどね

投稿: sky | 2014年3月 1日 (土) 08時24分

930が音がいいってのはフィルタの帯域から来るものだと思いますね.

FETファイナルは,並べて比較したわけでもなくIMDを測定したわけでもないですけど,非常にナチュラルな音です毛羽立った感じが全くしません.
アイドリングたっぷり流してますからA級動作に近いのでしょうね.
放熱だけ心配ですけどHi

投稿: Yamada | 2014年3月 1日 (土) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/59215073

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩_930V_12:

« 延命する? | トップページ | 多摩_930V_13 »