« 医療器具(鉛フリー対応) | トップページ | AutocadLT起動時エラー »

2014年2月 4日 (火)

多摩_930V_05

Tama_930v_20

PAのFET化を画策.
まずはファイナル周りを撤去し,プリドライバ,ドライバ段までが大丈夫かどうかを確認.
よさげです.

|

« 医療器具(鉛フリー対応) | トップページ | AutocadLT起動時エラー »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

FETは三菱?

投稿: jh7めv/職場だよ | 2014年2月 5日 (水) 09時08分

そう,RD16HHF1で考えてるけど
12Vで十分な石だけど28Vでもいけるよね.

投稿: Yamada | 2014年2月 5日 (水) 09時45分

Vdd25Vでの試作例まではありますね。
規格から考えても問題は無いでしょう。
アイドリングを結構沢山流さなくちゃいけないのかな?
でも広帯域で6mまで問題なく伸びてIMDも-40dBが狙えるんだからメリットのほうが大きいか・・
過入力で簡単に吹っ飛ぶ石のようなのでご注意を。

投稿: jh7めv/職場だよ | 2014年2月 6日 (木) 09時19分

VDSSが50Vありますもんね.
MRF485なんてVceo35VなんだしHi

飛ばさんようにしないとねー
あと,NFBがどうなりますか..

投稿: Yamada | 2014年2月 6日 (木) 09時56分

最大定格で入力が700mWでしたっけ?
1W入ると飛びまくるようですよ~Hi
NFBはメーカーのアンプを見る限りではバイポーラTRと変わりが無いように思えますが、なんか結構雑に作っても6mあたりまですんなりと延びてくれるようなのでNFBの実験をしたデータが見つかりませんね。

投稿: jh7めv/職場だよ | 2014年2月 7日 (金) 09時09分

おー,ALC絞っておかないと ポンっ! だね.
ま,じわじわ出してみます.
NFB要らんかな.
バイアス回路作れば実験出来ますが,現場だー今日から移動

投稿: Yamada | 2014年2月 7日 (金) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/59067414

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩_930V_05:

« 医療器具(鉛フリー対応) | トップページ | AutocadLT起動時エラー »