« 高分解能OK!! | トップページ | 記念写真 »

2013年9月 9日 (月)

カウンタ復活!!

いやぁ,オリンピックが決まったと聞いた時以上にうれしいですね,飲まない私ですが祝杯をあげたい気分Hi
比較用の完動マシンを提供して下さったkazu260さんには重ねてお礼申し上げます.

Mf76a_fix_00

INPUT2が動作しなかったわけですが,まずこのユニットを完動マシンのものと入れ替えてみて不良箇所を特定しましょう.

(HI RESOLの不具合はこの二つの同軸コネクタの接続先を間違えていたのでした.)

 

Mf76a_fix_01

1GHzを入れますと正常に表示されます.
やはり悪いのはこのユニット.

 
 
 
 
 

Mf76a_fix_02

不良のユニットに戻してスペアナ+FETプローブで観察しますとミキサ出力がスキャンしている様子が見えました.
AutoモードではPLLでIFがロックするまでLOをスキャンしてロックしたときの Divide by N を演算に利用して周波数を計算しています.
Manualモードで周波数を指定してやるとNを決め撃ちするはずだけどどうなんだ?すると,ちゃんと周波数表示するではないですか!
写真は500MHzを表示中,おお,少なくともマニュアルモードならば測定が出来るのか,ここでテンション一気に上昇.

Mf76a_fix_03

AutoモードでNを検出できていないので,Detector基板を見るとトリマ・コンデンサあり,不具合候補のトップクラス,当然ぐりぐりしてみたくなりますよね,そうしますと..

 
 
 
 

Mf76a_fix_04

やったー,Autoモードで表示!
INPUT2復活,これで完動です,\7kは安かったなー(昔の定価は\900k以上なんですよ,これ)
『中古相場で10倍はするんだよ.』  
ってカミさんに言ったら
『売れ!』
いや売らないHi
 

Mf76a_fix_05

ほれぼれするケースなんですよねえ..

側板,天板,底板は個別に二本のネジだけで取り外せます.
精度の高いアルミダイキャストのフレームが美しいです.

 
 

Mf76a_fix_06

 
 
 
 
 
 
 
 

Mf76a_fix_07

 
 
 
 
 
 
 
 

Mf76a_fix_08

|

« 高分解能OK!! | トップページ | 記念写真 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

復活してラッキーでしたね
劣化しそうなCを交換するばしばらく使えますね
復活してしまったということはKENWOODのOEMのSSGを点検と称して送ろうと計画は失敗に終わってしまいました。
復活に祝杯ですね
私も飲まないからミルクティーで乾杯しておきます。
始発の新幹線で東京に戻ります。
夕方には福島に戻ってきます。

投稿: kazu260 | 2013年9月10日 (火) 00時02分

このたびはありがとうございました,比較用リファレンスがないとわからず終いだったかもしれません.
意外にもeasyな原因でしたね,ラッキーでした.
修理が楽しくなりますね.
私の測定器はこんなのばっかりですがHi

お忙しいようですがお気をつけて,私の方はいまのうち社内業務をやっておこうと思っていますHi

ミルクティーで乾杯,いいですね,マリアージュのマルコポーロでも淹れて..

投稿: Yamada | 2013年9月10日 (火) 00時15分

さすがドクター
修理できてよかったですね。
やっぱり専門外の分野はそれなりの人に見てもらわないとわかりまんせねhi
それにしても詳しいですね

投稿: k | 2013年9月10日 (火) 08時41分

ユーザマニュアルの少ない情報(測定原理とダイヤグラム)と同型完動機があればこそです.
あとは運ですねーHi
まあ,しっかりしたメーカーのものはそんなにひどいことになっていないというのはあると思います.

投稿: Yamada | 2013年9月10日 (火) 08時53分

Xさんの売ってしまえ、が良く分かる
ガラクタ(?)だらけの部屋を知って知らぬか
売ったら、それで何を買う魂胆か

アルミのフレームが芸術ですね
借りた完動品があったからですね
ここまでトレース出来るという見本
美しい!

投稿: sky | 2013年9月10日 (火) 10時15分

売っちゃうとこのクラスはなかなか買えないので大事に使いますHi

もともと難ありでしたが,ケースだけと考えてもいいなと思ってました.

ただ,サービスマニュアルがないというのは誤算でした.
少ない情報の範囲で治ってラッキーでした

投稿: Yamada | 2013年9月10日 (火) 11時04分

プロ用の測定器は何百万円もするのだから
それなりのつくりですね。
アマチュアとは別物ですね
長持ちするんじゃないかなー

投稿: k | 2013年9月10日 (火) 14時25分

基板がしっかりしてますし,CRのリードは剥き出しじゃなくて一本一本イラックスチューブが被せてあったり,違いますよねー

メンテナンスも楽な構造です.

投稿: Yamada | 2013年9月10日 (火) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/58161759

この記事へのトラックバック一覧です: カウンタ復活!!:

« 高分解能OK!! | トップページ | 記念写真 »