« 山形_TYPE1D_09(再入院) | トップページ | GMT_TS60_00 »

2013年9月28日 (土)

山形_TYPE1D_10

Yamagata_type1d_32

いい例題だと思います.
ACで電源単体では電圧出力があるが,負荷をつなぐとヒューズが飛ぶ.
電源回路をバイパスして負荷にDCを直接加えると普通に動作する.
さて,原因はどこでしょう?

 
 

Yamagata_type1d_33

<<答え>>

電源コネクタのDC逆接続防止ダイオードのショートです.

 
 
 
 

Yamagata_type1d_34壊れていたパーツ

 
 
 
 
 
 

Yamagata_type1d_35

ちょうどいい代替パーツがないので注文するとして間に合わせのバラック回路で動作確認

 
 
 
 
 
 

Yamagata_type1d_36

大丈夫そうですね.
部品が来るまで休んでいてもらいましょう.

誘導雷でこの程度で済んだのは幸いでしたね.

|

« 山形_TYPE1D_09(再入院) | トップページ | GMT_TS60_00 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

>逆接続防止ダイオードのショート
経験ありますね。
見つけたのは一番最後でした。
本当は、最初に見ないといけなったと反省した想いがありますhi
これも勉強!

投稿: k | 2013年9月29日 (日) 10時38分

電源故障の場合は対地インピーダンスを確認してからスイッチ入れないとヤバいですね.
この回路だと電源スイッチがACとDCを兼ねてますから,電源単体でテストしても問題なく,電源回路をバイパスしてDCを加えても問題ない.
しかし,全部組んでスイッチ入れるとダイオードでショートHi

投稿: Yamada | 2013年9月29日 (日) 13時10分

軽傷で良かったですね
先月千葉のエリアで駅に落雷しトランスを使ってましたが直撃でしたので全ての機器が全損と24V系にも回り込み信号系も全滅で各方面の専門家が集合かけられましたが機器が焼けてしまい代替え機器が到着するまで半日遊んでしました。
昔FDKのM-2000を送受信分離しJA1FBと共にDXを楽しんでいた時期にどうしても周波数が安定しないのでメーカーに持ち込み検査をし検査状況を除いていたらおばちゃんが同じ無線機を並べてテストをしていたのに驚いた時期があります。
雷は誰しも好きな人はいないですね
当家と八ヶ岳は不在の時はアースに逃がすように接点切替えて無線機側は無銭点状態にして回避してます。
避雷針の先端を極限まで細くし逆電位にし反発するようにし逃がしてます。
皆さんはどのような雷対策をされてるのでしょうか

投稿: kazu260 | 2013年9月29日 (日) 22時08分

雷はタワーをアースしているだけですね,幸い一度も直撃もらったことありません.
それだけ電波も飛ばないロケなのかHi
ゴロゴロしてきたらコネクタ抜いて現実逃避します.

>おばちゃんが同じ無線機を並べてテスト

『鳴き合わせ』ってやつでしょうかHi

福山ってのはこちら周辺ではユーザ少なかったです.
配線なんか見るとわりと基本は押さえてありますね.

投稿: Yamada | 2013年9月29日 (日) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/58282956

この記事へのトラックバック一覧です: 山形_TYPE1D_10:

« 山形_TYPE1D_09(再入院) | トップページ | GMT_TS60_00 »