« 悪あがき中 | トップページ | ラジオストアー閉幕 »

2013年9月26日 (木)

佐渡_TH77_00

Sado_th77_00

重量級が続いたあとの超軽量級です.
144MHzの送信が出来ない,とのこと.
悪い予感がしますが,まずは動作確認.
受信はいいようで,430MHzは送信できますが,144MHzは一瞬送信状態になるもののすぐに送信をやめてしまいます.
 
 

Sado_th77_01

予感的中でケミコン・ブロー,腐食が進んでいます.
以前,奈良方面のラボでも苦戦されておられた
これは治すというより延命措置,しかも難易度の高いマイクロサージャリーになりますのであまりやりたくない仕事.
手をかけることで二次被害が出ることも想像されます,『修理不能』と喉まで出かかりました.
しかし,いずれこのままでは終わってしまうマシン,何かできることはないか,やってみました.

Sado_th77_aa

とりわけ,この抵抗ラダーのあたりの腐食が激しい,ここ覚えておいて下さい.

 
 
 
 

Sado_th77_02

144MHzのみ送信できないのはケミコンの電解液の漏れがVHF送信用電源をスイッチするデジタルトランジスタに影響していると想像されます.

まずは腐食した基板をお掃除

 
 
 

Sado_th77_04

工業用の綿棒があればいいのですがお高いのでベビー用綿棒の頭をペンチでつぶして使います.
アルコールでひたひたにして,針先やヨウジを削った先でカリカリと酸化物を掻き出し綿棒で吸取る,地道な作業.
問題はこの基板,基板というよりフィルムです,しかも多層,逃げ出したくなる作業,困難を極めます.

 

Sado_th77_03

ケミコン直下のパターンは腐食が酷く,救えませんでしたSRI

針先で突付いてましたら不良箇所と思われるデジタルトランジスタがポロっと取れてきました,やっぱり..
 
 
 

Sado_th77_05

長時間の手術でなんとかここまで...
久しぶりにヘッド・ルーペを使いました,カミさんに
『キテレツ君』と言われながら..
実体顕微鏡が欲しい..

 
 
 

Sado_th77_06

なんとか送信できるようにはなったけど,パワーがほとんど出ていない(信号としては存在)
UHFもパワーが減ってしまいました.

やはり二次被害を出してしまいましたか,すみません,ここからさらに悪あがき.
 
 

Sado_th77_08

腐食のひどかった抵抗ラダー
基板のパターンがやられているようです.

パワーコントロールにも関係しているように見受けられます.

 

 


 

Sado_th77_09

裏はスピーカのマグネットが入る穴があいており,多層基板の様子が伺えます,電解液が浸み込んでスルーホールもやられてます.
やはりケミコン下だけじゃなく,抵抗ラダーのあたりもひどい.

 

 

Sado_th77_10

ジャンパを飛ばすためにフィルムをカッターの先でカリカリ削って印刷された銅箔をあらわにし,スルーホールのところに針で穴をあけ...

これ,1ミリ四方もありません.

 

 

Sado_th77_11

細い撚り線をばらした細ーい銅線で両面をつなぐ...

指先の震えを抑えるのが大変

他のスルーホールもこんな感じで補修

スピーカが当たりますので要絶縁.

 

Sado_th77_12

しかし,例の抵抗ラダーの小ささ(左)に苦戦,うまくジャンパできない,一日やってみたところで
『これは手ハンダの世界ではない.』
とあきらめました.
私の限界を見た気がします.
もっと大きな部品(右)でなきゃ...

 

Sado_th77_14

扱いやすい大きな(?)チップ抵抗を立ててリードつきラダーを作ります.
細かい作業に
『あー,もうっ』
の連発Hi

 


Sado_th77_15

パターンが消滅したところはCPUの脚に直付け.

これでなんとかパワーも出てきました..

こんなことをやっていてもどれだけ延命できるかわかりません,バカなことをやっているという自覚はあります.
意地と技術的興味,あとオーナさんがおっしゃってた20数年前にやっと買い求めた思い出多い機械』ということ..

|

« 悪あがき中 | トップページ | ラジオストアー閉幕 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

頭が下がります。
確かに思い出深い無線機があると整理しきれなくなり私のようになります。
通電していても自然には勝てないですね
コンデンサーとか乾電池の液漏れは何に置いても起きることですね
侵食しないコーティング剤を開発と言いたいところですね
ワイヤリングは集積回路内部のボンディングするマシンが欲しくなりますね
メーカーさんも人件費が合わないもねは修理不能で返却してきますが大切にしていたものが簡単にダメって言われると辛いものがあります。
昔の修理屋さんは良くやってくれましたがパーツ交換だけのような作業しかしないのはオーナーも涙ぐんでしまいます。
神の手のキテレツ様と呼びたいです。
ご検討を祈ります。

投稿: kazu260 | 2013年9月26日 (木) 17時48分

液漏れの悪名高いやつは予備的に交換しとくべきかもしれませんね.
ただ,チップの電解コンでフィルム多層基板でRoHSとかいうやつは交換作業で壊しちゃうリスクもありますから迂闊にはできませんねHi

こういうのはプロもアマチュアも『修理不能』でしょうがないかな,と思います.
私がやってるのも『修理』じゃないですね,苦し紛れといいますか.

投稿: Yamada | 2013年9月26日 (木) 18時24分

大事にしてるものは苦し紛れでも息を吹き返せばありがたいものです。
当家にも昭和38年開局当時のものがありますが球の互換性がないのと当時のAM送信機はVFOを回しながらしゃべってるようなものなので笑われてしまいますね
たまに7.195のAMに懐かしい方が出たりしてますが声をかけるとはまりそうでワッチのみしてます。
TR-5200とTR-5000を復活させたくと自分なりに手直しをしましたがyamadaさんの足元にも届きません
私はせいぜいVRを分解して付着した汚れを落とす程度です。
忙しさにかこつけて半年以上半田ごてを握っておりません
本日は松島で終了しホテルに戻る途中です。

投稿: kazu260 | 2013年9月26日 (木) 18時39分

 動態視力さえ現役なら「心臓血管手術heart02」も充分可能な腕前ですね~coldsweats01

投稿: ぶっちゃのおやじ | 2013年9月26日 (木) 19時06分

kazu260さん

昔はVFOの場合,動くのが前提でスタンバイすると探したりしてましたね.
TR-5000は一台ここにもありますが譲られたときからほったらかしになってます.
28MHz改造じゃないか?というウワサもありましたが..Hi
トリオの9R-4とかも..どうしましょうかね,これHi

ぶっちゃのおやじさん

細かすぎますね,見えません.
カッコだけでも双眼ルーペで外科医みたいにいきたいですねHi

投稿: Yamada | 2013年9月26日 (木) 20時46分

実体顕微鏡で手術・・・・すっかり外科医だなぁhi

投稿: sanyoshi | 2013年9月26日 (木) 21時33分

10x1のルーペに顔を近づけてやっと見えるんだけど
それじゃ両手使えないのよねえ
カンでちゃちゃっと作業してルーペで確認Hi
実体顕微鏡ならいいんだけど,めったに使わないしなー

投稿: Yamada | 2013年9月26日 (木) 22時22分

半田付け
最近は見えず、目を近づけると危なく
同軸コネクタさえ付けるのが大変
もう外注するしかないのか情けない

投稿: sky | 2013年9月27日 (金) 05時33分

鼻息で飛んでいくチップ抵抗が大きく見えるね。
半田鏝の先も細い物が必要って言うかやはり限界なのでは?

投稿: sanyoshi | 2013年9月27日 (金) 08時02分

skyさん
やっぱり道具ですよ.
最低限ヘッドルーペ,できる事なら実体顕微鏡,双眼ルーペ..
車もメガネなしでは運転できない.

投稿: Yamada | 2013年9月27日 (金) 08時04分

sanyoshiさん

チップ用のコテ先,自作の温調ハンダごてですがムリでした,ハンダは乗らないし,手は震えるし..呼吸法が大事Hi
2012サイズがデカく見えることといったら..Hi

投稿: Yamada | 2013年9月27日 (金) 08時08分

ご苦労様です・・・私が断念したことを良くやらはりますなぁ。
罪作りの無線機、TH-77
IC-756PRO3のルーフィング取り付け、チップ部品はメゲ
ましたww
『20数年前にやっと買い求めた思い出多い機械』
こういう依頼、良くあるんですよね。確かに、こうこられると、
やってやろうじゃないか・・・という気になりますが。

投稿: JF3DRI | 2013年9月27日 (金) 16時49分

JF3DRIさん

バカなことをやっとります.
チップも2012ぐらいまでにしといて欲しいもんですHi
ピンセットで『プチっ』とやったきり行方不明なチップがシャックのどこかに多数眠ってると思います.

PROⅢあたりは二次被害出しちゃったら気まずいですもんねえ.

投稿: Yamada | 2013年9月27日 (金) 18時47分

はじめまして、最近TH-77を買いました、受信改造は写真ある、緑の線が切って有りますが,これお切れば大丈夫でしょうか。

投稿: araimplala | 2014年4月 8日 (火) 01時12分

こんにちは

私は修理はしましたがTH77のオーナーでもなく、受信改造もしてません。
私に聞くよりはGoogle先生にお聞きになればすぐに分かると思いますよ。

投稿: Yamada | 2014年4月 8日 (火) 07時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/58250986

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡_TH77_00:

« 悪あがき中 | トップページ | ラジオストアー閉幕 »