« 枚方_930_05 | トップページ | 大分_930_16 »

2013年9月21日 (土)

大分_930_15

Ooita_930_32

怒涛の930シリーズ(このほかにもまだ)..Hi
いったんお返ししていた930が帰ってきました.
バンドが勝手に切り替わったり,そのうち表示もしなくなったとのこと.
おさらいしましょう,このマシンはもともと表示しないなどの不具合でメーカで修理されていたものでした,その際,蛍光表示管用のマイナス電源dc/dcやMPUのハンダ上げに手を入れたようでした.
その後,使用するとすぐにまた表示しなくなり,何度かメーカを行き来したのちメーカの対応も修理に難色を示すようになってきた,ということで私のもとにやってきたものでした.

ケースに貼られているメーカのステッカーに修理者の印が押してあり,その名前は昨日まで診ていて完動レベルになった枚方930Vを『修理不能』と診断した担当者さんと同じ方でした.
なんか,この方の後を追って修理している形になっちゃってますHi

 

Ooita_930_33

さて,診ていきましょう.
まず表示しないのはアンロック以前にマイナス電源のdc/dcが動いてません.(Sメータが逆に振り切れ)
これは私が叩いたモグラじゃない,メーカさんがやった仕事.
あたりをつけてジャンパを一本飛ばしてやるとdc/dcは動作を始めました.
 

Ooita_930_34

アンロックの原因を追いかけますと,なんとPLL基板の10.24MHz水晶が発振していない.

 
 
 
 
 

Ooita_930_35

おそらくトリマの不良なのですが,こないだ作った無調整発振の治具があるのでテスト..

 
 
 
 
 

Ooita_930_36

ふむ発振しますね.

トリマを交換

 
 
 
 

Ooita_930_37

はい,ロックしましたね,とりあえずスタートライン.

まだ,私が前回叩いたモグラをさらに退治しなきゃいけません,データセレクタからの信号がときどき途切れるようです,根競べです.

|

« 枚方_930_05 | トップページ | 大分_930_16 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

うちのも、線一本追加で治るとよいのですがね?

投稿: k | 2013年9月21日 (土) 12時25分

kさん

よくあるのが放熱板のついたTRの上側のパターンが付いてないのとか..今回のはインダクタです.
無理して上側のパターンを使わずジャンパ飛ばすのもいいですね.

投稿: Yamada | 2013年9月21日 (土) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/58236355

この記事へのトラックバック一覧です: 大分_930_15:

« 枚方_930_05 | トップページ | 大分_930_16 »