« 大分_930_06 | トップページ | 大分_930_08 »

2013年8月 1日 (木)

大分_930_07

安定化電源出力電圧が異常に高い件.
930はときどきこんなことがありますから要注意です,いつもよりメータ・ランプやVFDが明るいな?とか思ったらすぐに電源を切ってファイナルユニットへの供給を切り離してから安定化電源の28B端子の電圧を当たってください.
端子の電圧が高いケースは2パターンありそうです.

Ooita_930_17

一つはパワーTrのエミッタ・コレクタ間のショートでUnRegの42Vぐらいがそのまま出てきてしまっている場合.
もう一つは33Vぐらい出ている場合で,電圧調整回路の何らかの不具合で保険的なツェナーのD7が効いている場合です.
今回は前者でした,2N5885の一方がやられてました,ヤバかったです.

Ooita_930_18

二本とも買い置きのパワーTrと入れ替えて恐々スイッチ・オン.

よろしいようで,ファイナル・ユニットも無事のようです,パワー出ます.

いやぁ,一安心,ゆっくりモグラ叩きましょう.

|

« 大分_930_06 | トップページ | 大分_930_08 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

RSの2N5885, Gから来るんですね

投稿: k | 2013年8月 3日 (土) 10時41分

kさん

Gから4日とか言ってますねHi
私は5885じゃなくて100V,30A,PC200Wのものを注文しました.

投稿: Yamada | 2013年8月 3日 (土) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/57908810

この記事へのトラックバック一覧です: 大分_930_07:

« 大分_930_06 | トップページ | 大分_930_08 »