« 熱中症 | トップページ | 大分_930_06 »

2013年7月30日 (火)

大分_930_05

Ooita_930_14

点検箇所をデジタルボードに移して,モグラをもう3~4匹叩いたでしょうか.
少し安定してロックするようになってケースを閉じるとまたアンロック..を繰り返していました.
VFO-Aで起動するとアンロックでVFO-Bだとロック,という症状についてはデータセレクタからマイコンのI/O,分周データ出力に入ってるNANDゲートのハンダ上げで改善.
PLLのロックアップスピードとデータのセットのタイミングに問題があったみたい.

さあOKか?と思えば表示が一瞬チラついたような気がしてVFDのヒータ周りをハンダ上げ.
DC/DC回路部分は以前にメーカが修理したようで,パーツを一度外して組み立て直した痕跡があります,ただ,それもあやしくなってきているのでしょう.

これでいいか,と思えばダイアルロックしっぱなしでメモリの表示もおかしくなり,これはマイコンのI/Oポートとスルーホールの二次被害でした.

で,今は安定しているように見えるんですが,この状態がどれだけ長続きするかは神のみぞ..
ケース閉じていいのかなぁ..Hi

Ooita_930_15_2

※追記

まだダメでした,ドミノ倒しHi
ヒートランしてたら突如表示がチカチカし始め暴走.
スルーホールの不良です.
スルーホールの補修は線材を差し込んで,単にハンダ付けされていることが多いですが,スルーホールとランドの接触自体が悪いのでそれだけでは不十分です,改修します.
黄色○のところのようにパターンのレジストまで剥いで裏表つなぐべきでしょう,これは対策済みの図.
実はこれでもダメで赤○のところ,RAMのピンとパーツ面パターンが接触不良でした,この後ハンダ上げして安定.
まだ出ますかねえ,モグラさん

※注意
じゃあ,ぜんぶハンダ上げすりゃいいじゃないか,と手をかけることは全くお勧めしません.
二次被害が続出する事になると思います.
フラックスが悪さをしてテンプラ,パターンはコテの熱でペロペロに剥がれてきます.

|

« 熱中症 | トップページ | 大分_930_06 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

夏名物の怪談みたいですね
新種の「モグラー」が沢山出ていますね
ぶるぶる、キャーッ!

投稿: sky | 2013年7月31日 (水) 05時35分

長いこと退治されてないのでモグラが多数棲みついているようですHi
やっと尻尾を掴みましたか.

毎朝,起床してやる最初の日課が
『ちゃんと起動するかな?』
と930にスイッチを入れる..Hi

まあ,症状が出てくれているうちは対応が出来ます.
しかし問題はいつまで持つか..
これは保証できません.

投稿: Yamada | 2013年7月31日 (水) 07時52分

> ぜんぶハンダ上げすりゃいいじゃないか

はいはい、良くありますね~ 私もドツボに嵌まりましたね~
数百ヶ所のやり直しとパターン修正…
想像したら、手を付ける前から萎えます Hi

投稿: JA7RHJ/熊谷 | 2013年8月 1日 (木) 08時21分

熊谷さん

うっかり手をつけられない基板ってありますよねー
途中で気がついて後悔するんですがHi

この930の基板も作り直したいぐらいですよ.
こっそりパターン起こそうかなと思ってもみたんですが
『いまさら』感,ありまくりですし...

投稿: Yamada | 2013年8月 1日 (木) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/57895896

この記事へのトラックバック一覧です: 大分_930_05:

« 熱中症 | トップページ | 大分_930_06 »