« お手上げ | トップページ | 扇子 »

2013年6月19日 (水)

興味津津,SDR

タッチパネル・スペアナ対応のFPGAラジオ(PDF・CQ出版)

FPGAはこんなことができるのですよねえ,垂涎..

0~50MHz
AM・SSB
帯域2k~10kHz可変
ノッチなんかもあり

基板を見ると愕然としますね,おなじみのLCがどこにも見えないラジオ
これからの物造りはこうなりますかねー
FPGA,VHDL..興味はあるのですが..頭が堅い

|

« お手上げ | トップページ | 扇子 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

これ面白そうですよね、だんだんとソフトウェアで動く物が増えてきました、今後はこの方向に行くのでしょうか。

投稿: JA7QQQ/8 | 2013年6月19日 (水) 09時11分

アナログでやったらえらいことになりますよねHi
SDRであってもアナログに強い人が設計すると面白いものになりますよねえ
若かったらのめり込みそうな分野ですが..いかんせん^^;

投稿: Yamada | 2013年6月19日 (水) 09時18分

SDRは私もまだ未経験の部分ですね。
興味はあっていろいろと読み漁ってはいるものの・・なかなか手が出ない!
球からTRへの切り替えは出来ても、その先ICやLSIの世界になかなか踏み出せなかった時分を思い出しますHiHi

投稿: jh7めv/職場だよ | 2013年6月19日 (水) 11時58分

アンテナからいきなりADコンバータだもんねえ
昔,夢物語のネタのつもりで話していたことが現実になっちゃったよね

投稿: Yamada | 2013年6月19日 (水) 12時09分

当局はFUNcube Dongle Proと言う以前CQ誌に紹介されたSDRを試してみています。
USBメモリーと同じ大きさですが、私が運用できるアマチュアバンドは全てカバー
していて面白いです。ソフトはフリーなのが数種類あります。
まあ、おもちゃ的に使っていますが、現用機が壊れたら次の実用機はSDRでしょう。
昨年行ったDaytonでFL6000だったかな?新製品が出ていました。
凄い時代ですよね!
旧い球の機械とSDRとで両極端な設備になりそうです。(^_^;)

投稿: JH1ILX | 2013年6月19日 (水) 13時46分

JH1ILXさん

安価なワンセグチューナを改造して...っていうのもあるみたいですね,実に面白いです.

FlexRadioもハイパフォーマンスで面白そうですね.
各バンド,まるごと受信っていうのがすごいですHi

投稿: Yamada | 2013年6月19日 (水) 14時40分

6mでFlexRadioの1500だったか、使っている方がいます。
例の音創研究会のメンバーの方ですが、現時点では音は
然程ではないようですが、受信は次元が違うでしょうね。
ちゃちいドングルのやつでもびっくりするくらいの性能
ですから。
デジタル派には答えられない時代かと。

投稿: JH1ILX | 2013年6月19日 (水) 15時15分

もう一皮剥けると『これでいいじゃん』ってことになるかもしれませんね.
SDRにしかできないこともあるし..

CWのフルブレークインにデコードがついてくるか,とかいうこともありますか.

しかし,真空管ビンテージとSDRですかHiHi

投稿: Yamada | 2013年6月19日 (水) 15時48分

現代的なシステムなのに
外観が昔のオーディオ風に見えるのは
私だけでしょうか
値段はなんぼの物なんでしょうか

投稿: sky | 2013年6月19日 (水) 16時18分

製品ではありません,いずれキットになって登場すると思います.
こちらでは『準備中』となっています.

APB-3というFPGAの汎用基板がありまして書き込むファームウエア次第でいろいろなものに変身します,ラジオはそのうちのひとつということになります,ケース,LCDやエンコーダをつけ足したキットになるのだろうと思います.(APB-3のみのキットは\37kで販売されています)

おおもとはおじさん工房でして,キットといってもかなり上級者向けです.
こういうものを開発する技術をお持ちの方は尊敬してしまいます.

投稿: Yamada | 2013年6月19日 (水) 17時11分

あれ、JH1ILXさんもDaytonに行かれてたんですね
私も3日ほど滞在し遊んでからVP5へ移動運用してきました。
VP5にも3日ほど滞在し最終日にフォーンサービスを各国からの要望が多く3時間ほど運用し400局ほどサービスしてきました。

私も保守コンソールとオプションを持ち歩けば便利なので使ってます。

投稿: kazu260 | 2013年6月19日 (水) 18時26分

はい、キットだという事は取説を読んでも分かっていました
おじさん工房、凄いですね
単なる工作会ではありませんね

投稿: sky | 2013年6月19日 (水) 21時54分

kazu260さんもJH1ILXさんもデイトンへは去年お出かけになって,今年はお休みですかね,今年は目玉が少なかったんでしょうか,ヤエスの低価格機ぐらいだったですか..
ICOMさんどうしたのでしょう,ハムフェアで動くのかな?

skyさん
すごいキットですよね.
測定器としてもヴェクター・ネットワーク・アナライザなど立派なものになります,欲しいなー
いろいろガレージキットを作ってみてがっかりすることも多いのですが,これはよさそうです.

投稿: Yamada | 2013年6月19日 (水) 23時27分

おじさん工房、凄し!!
やるねえ凄い凄い。  
おなじ「おじさん」としては修行がまだまだ足りないなあ・・と反省。
食わず嫌いで出遅れるのは改めないといけませんねえ。

投稿: jh7めv/職場だよ | 2013年6月20日 (木) 10時22分

すごいよねえ
アナログ・デジタル,ハード・ソフト,工作技術ほかオールマイティーでないと出来ないことだね,数学も必要
もしも,こんなことが出来たらあれも,これも..楽しくてしょうがないよね.

とりあえずVNA欲しいわ―

投稿: Yamada | 2013年6月20日 (木) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/57622114

この記事へのトラックバック一覧です: 興味津津,SDR:

« お手上げ | トップページ | 扇子 »