« XP卒業計画_DELL_Vista機 | トップページ | 雪がぁぁ »

2013年2月12日 (火)

767比較中

767x2_1

関東の767をひとまず組み上げ.
もう一台『SSBのパワーが足りない?』ということで修理後に関西から戻ってきた767あり,せっかくの機会なので比べてみています.

同じ手順で調整しているのでほぼ同じ状況が再現できているとは思います.

口笛,シングルトーンではフルパワーが容易に出てALCも振る,SSBで普通に喋っているときの私の終端型電力計の振れは30~40%前後と特に問題は無いように思います.

ただし,トランスバータ部で12Wに調整したはずの6mが10Wそこそこしかありませんでしたので再調整.
キャリアポイントも少しズレたかAFジェネレータでチェックすると若干上にシフトしてはいます.

ALCやデジタルパワー計,デジタルSWR計の指示はトランスバータ個別の調整になるのでどうしてもバンド間でばらつきは出ますね,経時変化もあるようです.

|

« XP卒業計画_DELL_Vista機 | トップページ | 雪がぁぁ »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

初心者マーク(?)から質問
SSBで喋っている時、どうしてパワーは減るのでしょうか
オペ個人のパワーの差なんでしょうか
CWはフルパワーですよね、だから大好きなんてすけど・・

投稿: sky | 2013年2月12日 (火) 06時42分

どういう電力が測れる電力計か?っていうことによりますよね.
音声はCWと違ってフクザツな波形で真平らじゃありませんから,PEPでちゃんとフルパワー出ていても平均すると小さな指示になってしまうパワー計が多いですね.
ダイオードで検波しただけの電力計ならSSBでフルパワーの30%前後でいいんじゃないでしょうかね.

波形の潰れたきったないSSBならもっと振るかもHi

投稿: Yamada | 2013年2月12日 (火) 15時15分

先生質問のつづきです
平均パワーで測るんですね、うーん、分かったような‥
そしたら、平均で電信並みのパワーにしたらいいと思う
きったない電波になるのはごめんですけど‥

一時期、A3Aという電波形式があり、当時の10ワット出力
いわゆる「ジャパニーズ・テンワット」の時代
効率が低いのでその電話形式とし、そのままのパワーで
電信を出すとハイパワーになると法律を解釈したらしい

投稿: sky | 2013年2月12日 (火) 15時56分

なんか独特な解釈で免許申請されている方(既得権?)もいるみたいですが,あまり興味はありませんねー

100W機はSSBでPEP100Wですもんね.

投稿: Yamada | 2013年2月13日 (水) 22時53分

お疲れのところご回答を頂き
ありがとうございます
PEPを理解すればいいのですね

投稿: sky | 2013年2月14日 (木) 06時41分

コンプレッサで平均電力は上がりますがピークの潰れた波形になりますね,おまけにスプラッタを撒き散らかす人も...

投稿: Yamada | 2013年2月14日 (木) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/56747772

この記事へのトラックバック一覧です: 767比較中:

« XP卒業計画_DELL_Vista機 | トップページ | 雪がぁぁ »