« 大分_Astro102BX_12 | トップページ | ゴロゴロ »

2012年7月 5日 (木)

ヒッグスの好き嫌いに感謝

物質に質量をもたらすヒッグス粒子.
NHKラジオが面白いたとえ話をしてたなあ.
キュウリが実る畑,キュウリがヒッグス粒子で畑がヒッグス場.
ニュートリノはニュートリノ場畑に実る,以下同文.

キムタク(ちょっと古いかな,今なら嵐?)が街を歩くとわさわさファンがまとわりついて早くは動けない=動かしにくさ大=質量が大きい.
もうちょっと人気の薄いタレントはもうちょっと早く動ける=質量やや小さい.
全く人気のないヤツは最速で動ける=光子=質量なし.

我々が無線を楽しめるのは光子さんがヒッグス場に人気がないおかげ.

|

« 大分_Astro102BX_12 | トップページ | ゴロゴロ »

アマチュア無線」カテゴリの記事

科学・疑似科学」カテゴリの記事

コメント

キムタク、嵐ときて
光子と来たので、何で「みつこ」さん?
と勘違いしました・・

投稿: sky | 2012年7月 5日 (木) 06時26分

みつこさんの人気がないと言っちゃうと失礼にあたるでしょうHi

投稿: Yamada | 2012年7月 5日 (木) 08時14分

有名人は何人かいるけど
身の回りには居ないので問題なし

投稿: sky | 2012年7月 5日 (木) 08時47分

ヒッグス博士が存命中の発見でよかったね。
遠野市の北上山中にもCERN級の大規模素粒子加速器を作ろうって話しがありますが、期待したいところだ。

投稿: jh7めv/職場ッス | 2012年7月 5日 (木) 09時28分

>skyさん

光子(こうし)と電磁波..
粒子と波動の二重性ですね.
なんか難しいけどワクワクするものがありますねHi

>めv殿

あ,そう 北上にCERN級!?
すんごいね,反物質とかまだまだわかんないことがありますからね.

投稿: Yamada | 2012年7月 5日 (木) 12時03分

正式にはILC(International Linear Collider)かな?
LinearですからCERNのそれとは違って直線タイプです。
CERNで発見されたとするヒッグス粒子の詳細研究のための施設で、全長は30km超となる見込み。
とにもかくにもCERNでヒッグス粒子が発見されない限りはILC建設の意味が無いと言われていましたので、国内の研究者はホッとしている事でしょう。Hi
出来たら見学したいにゃあ・・

投稿: jh7めv/職場ッス | 2012年7月 6日 (金) 09時12分

直線ってことはある程度ぐるぐる加速して最終的にドッカーン,波動砲みたいなイメージでしょうかHi

Linear Amp もいいけど Linear Accelarator もいいねえHi

投稿: Yamada | 2012年7月 6日 (金) 12時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/55122874

この記事へのトラックバック一覧です: ヒッグスの好き嫌いに感謝:

« 大分_Astro102BX_12 | トップページ | ゴロゴロ »