« クラウドの電源は泣き所? | トップページ | 運用 »

2012年7月 1日 (日)

Leap Second なう

Leapsec_0

うるう秒がやってきました.

ITUではうるう秒を廃止しようという考えもあるようですが,3年後のカンファレンスまで持ち越されたようです.

Leapsec_1

うちのGPS受信機の23:59:60と,そんなことになっているとは気がついていない電波時計のフライングの図(^^

(温度計,室温が35℃あるわけではありません,電源の上に置いたから..)

|

« クラウドの電源は泣き所? | トップページ | 運用 »

その他」カテゴリの記事

コメント

うーむ、忘れていましたね

下の時計の「0:00」の意味するところが分からん

投稿: sky | 2012年7月 1日 (日) 10時30分

下の写真の電波時計はタイム・シフトでUTCにしてあります.
GPSの表示もUTCです.
電波時計はリアルタイムに時刻同期しているわけではないので23:59:59の後にいつもどおり0:00:00を表示してます(そもそも“60”秒は表示できないHi)が,実はそうなるのは一秒後...ということなのですが,わかりにくいですか?

もちろん,40kHzを受信して同期した後は同じ表示になりましたよHi

投稿: Yamada | 2012年7月 1日 (日) 10時46分

おもしろ~い!
60秒を表示した写真、ちょいとお借りしていいですか?
こんなこともあると見せたいので

その時間は寝ていました Hi
先日から課題のAMラジオ、RF系もおかしかったようで
一応受信し始めたんですけれども、バリバリいって不安定。
バリバリ音はある程度入力に比例しますが受信しなくても鳴ってる。
AGCを疑い周辺の電解コンデンサまでは交換したんですが直らず…。
小容量Cは手持ちが揃わず6AMでギブアップしたもんですから。
IC、RF AMPのFET、バリキャップ、ミュートのTrは大丈夫そう。
海外仕様モデルの回路図や基板印刷だと0.022uFなのに22kΩが
付いているところが数ヶ所。1/8W抵抗型のCなんてないですよね?
一応受信しているんでねぇ。
なんでAM受信部ごときに時間かかっているんだろう… Hi

投稿: JA7RHJ/熊谷 | 2012年7月 1日 (日) 12時44分

熊谷さん

今回は珍しいイベントなので狙ってましたHi
写真はどうぞご自由にHi
上の画像はJJYをPCで表示しながらキャプチャしたものですし..

バリバリですか,半導体のマイグレーションかも
>0.022uFなのに22kΩ
うーん,アキシャル型のCもありますけどね,どうなんでしょう.

投稿: Yamada | 2012年7月 1日 (日) 13時07分

あ、UTCだから
ゼロ行進、了解しました

投稿: sky | 2012年7月 1日 (日) 15時02分

はい,UTC
この時計は時間をシフトしたまま電波で時刻合わせしてくれるのでUTC表示に便利に使っています.
この機能がない時計はJSTにリセットしてくれちゃいますからねHiHi

投稿: Yamada | 2012年7月 1日 (日) 15時18分

googleやyahooで『23:59:60』を画像検索してみますと
あらー,この写真が..Hi

投稿: Yamada | 2012年7月 2日 (月) 17時03分

ふふふ
有名なブログになりましたね

投稿: sky | 2012年7月 2日 (月) 19時34分

一瞬トップだったのですがもう落ちてきましたHi

投稿: Yamada | 2012年7月 2日 (月) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/55091901

この記事へのトラックバック一覧です: Leap Second なう:

« クラウドの電源は泣き所? | トップページ | 運用 »