« 山形_電源_02 | トップページ | 日曜美術館 »

2012年4月15日 (日)

山形_電源_03

Yamagata_ps_08

SWANが途中ですが先に片付けましょう.

メーカーがそれでよしとしているものにケチをつけるようですが,個人的にはやはり熱伝導率がアルミの1/3程度の鉄のシャーシを間に介しての放熱は温度勾配の観点からも感心しません.
オーナーさんの了解も得たので,切り抜いて直接ヒートシンクにとめます.

鉄板を切り抜くというのは正直あまりやりたくない作業ではあります,糸鋸刃を何本折ったことか..^^; 

Yamagata_ps_09

なんか安心感があります.
自己満足かもしれませんが..

 
 
 
 

Yamagata_ps_10お返しできると思います.
仕切りなおしてSWANのほうに戻ります.

 

|

« 山形_電源_02 | トップページ | 日曜美術館 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

うーん、ヤマアラシの鎧みたいですね
存在感がありますね

糸鋸、中一の職業科で始めて触ったが
折りまくるので大嫌いになった記憶がある--

投稿: sky | 2012年4月15日 (日) 06時27分

このヒートシンクに熱が伝わる前に半導体の温度が上がっちまうんじゃないか?という気がしてならず,余計かもしれないことをやってましたHi

アルミならスイスイ切れるんですがねえ
バキバキ折りました^^;
ウデが悪いんですかねー
鉄は大変

投稿: Yamada | 2012年4月15日 (日) 07時59分

ミニフライス盤でも持っているならば別ですが
鉄の金属加工はやりたくない作業ですね。
糸鋸やヤスリ掛けの後は手がプルプル震えたりして
細かいハンダ付けがやり辛くなるし… Hi

大変ご苦労様でした! …が、FETの電流は足りるんでしょうか?

投稿: JA7RHJ/熊谷 | 2012年4月15日 (日) 08時09分

熊谷さん,やったことのある方には大変さが伝わりますねHi

FETもダイオードも片chの定格の合計が30Aなのでせいぜい20AmaxがいいところでしょうねHi
移動運用で50W機を駆動していただけということで..
25Aヒューズも切れてないし,放熱の不良で熱でブレークダウンしたんだろうと思ったわけですけどどうなんでしょう..
あ,RFの回り込みもあるかも,出入り口にコモンモードフィルタがあるといいですね.

しかし,コストダウンでしょうかねー,鉄シャーシを刳り貫かないのは..

投稿: Yamada | 2012年4月15日 (日) 08時23分

鉄板の加工ははちと大変ですね。
私は、ジグソーでと思ってますが、未だ実現してません。
刃はいろいろあるのですが、hihi

投稿: k | 2012年4月16日 (月) 07時08分

いろいろFBな工具があるんでしょうけど,出番が少ないので手加工でやってますHi
鉄は糸鋸で時間をかければなんとか切れますね.
ガラエポ基板がけっこう手強いHi

投稿: Yamada | 2012年4月16日 (月) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/54473614

この記事へのトラックバック一覧です: 山形_電源_03:

« 山形_電源_02 | トップページ | 日曜美術館 »