« CX6を観察 | トップページ | 音響外傷性難聴 »

2012年3月20日 (火)

形見のナイフ(試し撮り)

Centofante_0

CX6で何を撮ろうか..と思い出した義弟の形見
私に似つかわしくないお宝ナイフです,引っ張り出してきました.
イタリアのカトラリーショップで求めたものみたいですね.
作者のフランク・セントファンテは2009年9月に亡くなりました.

Centofante_4

緻密なスクリムショーはリック・B・フィールズの手によるものですが,彼も故人です.
こういうものはもう作られないのでしょうね.

 
 
 
 

Centofante_1

波紋のきれいなボルスター

 
 
 
 
 
 

Centofante_3

セントファンテらしいファイルワークです.

 

 

 

 

Centofante_5

|

« CX6を観察 | トップページ | 音響外傷性難聴 »

お気に入り・物欲」カテゴリの記事

ナイフ・刃物」カテゴリの記事

コメント

ただ一言

美しいです

投稿: JA7QQQ/8 | 2012年3月20日 (火) 21時58分

QQQさん
すごいものを作る人がいたもんですよね,職人技に惚れ惚れします.
思いがけなくこれを所有することになったので大切に保管したいと思います.
あと,これの対極としていい仕事の小刀が一本欲しいなと思いますね.

投稿: Yamada | 2012年3月20日 (火) 22時20分

美術品ですね
持ち歩いて見せびらかす物ではないので
滅多にお目にかかりませんね
ありがとうございます

投稿: sky | 2012年3月20日 (火) 22時47分

skyさん
>美術品ですね
そうですね,工芸品なのでしょうけど,とても使えないHi
他のナイフはガシガシ使って研ぎまくってるんですが..

もっとライティングちゃんとしてブツ撮りしたいですね,これは.
CX6は裏面照射型センサのせいか前に比べて室内がやたら明るく写る気がします.(ISO100,フラッシュoffです)

投稿: Yamada | 2012年3月20日 (火) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/54267911

この記事へのトラックバック一覧です: 形見のナイフ(試し撮り):

« CX6を観察 | トップページ | 音響外傷性難聴 »