« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月30日 (金)

大分_Astro102BX_02

Ooita_astro102bx_07

電源のダイオード・ブリッジはRSコンポーネンツに発注,明日には届きますが暫定的に容量の小さなブリッジをつないで点検してまいります.
電源はブリッジを交換すれば正常に動くようです.
しかし,配線の細さが気になります.
ワイヤの引き回しも私ならこうはしないなぁ..
変えるかも.

Ooita_astro102bx_08

さて,本体の方は..中もきれいですねえ.

 
 
 
 
 
 

Ooita_astro102bx_09

裏面はさらにピカピカ.
プロ機っぽい基板ですね.
これはメンテしやすそう.

 
 
 
 

Ooita_astro102bx_10

おそるおそる電源投入.
元気に受信しています.
ノッチにガリがあるか..
QRHについてはたしかに突然走り出しますが,どうやらRITのスイッチゼロ調整のトリマポットの接触不良みたいですよ.

| | コメント (17) | トラックバック (0)

来ました

Radio_lisence

早いし簡単ですね.
けど,なんとかならないのか?という声の多い返信用封筒のSASE.
カミさんと同時期の更新なので並行して手続きし,返信用封筒も分けてSASEしたのですが,総合通信局からの返信は一つの封筒にいっしょに入ってきました.
もう一通のSASEはそのまま没収のようです.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

SDカード

Sdcard_12

メモリカードのSDじゃなくてSafe Driverの方の..

無事故無違反,12年だそうです.
何の役にも立ちません.
いろんなところでちょっとした割引があったりするみたいですが,まあ使いませんよね.
JARLの会員証と同じで..
 

Sdcard_12_1

※追記
上の写真をCX6の機能で『斜め補正』するとこの通り.

カメラ単体で出来るのは便利.
CX2にもあった機能だけど,処理スピードが上がっていて歪みが少ないです.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Whiskers

Whiskersこんなにはっきり撮れた立派なウィスカははじめてですので記念にアップしておきますHi

こんなのが飛び散ってファンに吸い込まれ...とか考えたくもないですね,

くわばら,くわばら..

※追記
ウィスカの画像についてはこちらのNASAのギャラリーがおすすめ.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

大分_Astro102BX_01

Ooita_astro102bx_01

まずはヒューズが飛ぶ電源.
テスタであたりをつけて参ります.

 
 
 
 
 

Ooita_astro102bx_02

ヒューズが飛んでます.

 
 
 
 
 
 

Ooita_astro102bx_03

ダイオードブリッジの一角がショートしてました.
これで済んでいない可能性もありますね,本体が無事ならいいんですけど.

 
 
 
 

Ooita_astro102bx_05

 

ダイオードブリッジなら在庫が一つあったよね,とパーツボックスから引っ張り出しますと..
あらあら.. 

 
 

Ooita_astro102bx_06

ひどいウィスカが発生してますね.
物持ちがよすぎたか..^^;

これは使うのやめましょう
発注しますかー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大分_Astro102BX_00

Ooita_astro102bx_00

先回のFT-900のオーナーさんからもう一台,Swan/CubicのAstro102BXです.
オールTrなのでお預かりしました,
真空管ならめv選手にお願いしたかもHi
今年はRJX1011やらFDKやらはじめてお目にかかるマシンが続々...
長いことやってるとこういう機会があるもんなんですね.
非常にきれいな外見,デュアルPTOの迫力があります.
中身は基本的には9MHzIFのハイフレ・タイプですね,間にPBT用の13.8MHzIFが入ります.
LOはPLLで生成しています(プリミックス),PTOはアナログでカウンタにてデジタル表示しています.

さて,症状は,久しぶりに灯を入れたらQRHが大きくて,送信テスト中にヒューズが飛んだ,というもの.

オーナーさんによると,2KHzほど動くとのことですが,それはデジタル表示の読みの変化のことのようでして,まずはカウンタのドリフト,PTOのドリフト両者が実際にどうなっているのかを調べて補正していかなきゃいけません,長期戦になりそうです.

それに,こういうマシンを目の前にしますと,『Xtalに簡易オーブンを抱かせたい.』とか『PTOに Huff 'n Puff のスタビライザーを入れてみたい.』とか思いついてしまうのですねぇHi
オーナーさんからは『やってよし.』と言って頂いてますが..

| | コメント (8) | トラックバック (0)

London 2012

Coke2012

気がついたらこんな缶になってた..

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

揺れましたー

東北の北のほうと千葉に近い方が,最近,よく揺れますねえ.
カミさんのAUのスマホに緊急地震速報が届いて身構えてました.
私のDoCoMoには何も届かず...

| | コメント (14) | トラックバック (0)

おやつ

20120327

社用車が車検中で,代車がやたら調子悪くて,しかもタバコ臭いので乗りたくない.
書類作りもあるので今日は内勤にしました.

15時になりますと女子社員が
『○○さんから頂いたものですが..』
とやってくる.

 

以前,総務部所属でシステムを見ていたころは座りっぱなしだし,毎日のようにせんべい,和菓子,チョコ,ケーキ,クッキーの類いが運ばれてきて激太りしたことがありました.
( その後,現場に出るようになって激痩せしました^^; )

今でもたまたま社内におりますとおやつが回ってきます.
和菓子,ケーキ,クッキーの類いはパスするようにしているのですが,チョコは嫌いじゃないし頭をすっきりさせるにはいいか?と,ときどき頂きます.
O君はせんべい以外はパスのようですHi

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

ダメな鳶さん

先日,現場で鉄骨の建て方調整が終わるのを待っていたのでした.

『歪み直し』といいますが,元請の監督さんがトランシット(wikipedia)を覗いて指示を出し,鳶さんがワイヤーを引張って鉄骨の柱の垂直を直していきます.

左端の柱を垂直に建てたら反対側の右端の柱も同様垂直に建つべきところ上で30mm以上もズレて傾きました.
1/1000の精度を要求されるところでこのズレはちょっとした事件です.

そしたら,その鳶の親方(50代かな),監督(30代だろな)に向かって

『トラ(ンシット)の見方,わかってんのか!?』

と怒鳴りだしました.
まぁ,鳶さんには威勢のいいのが多いけど,いささか品がない.
もう一度測ったけどやはり傾いてる.

すると,鳶さん

『脚が悪いからなんだろ!』

これは基礎の柱脚の間隔の精度のことを言っています.
しかし,メジャーテープを当ててみると1mmも狂っていません.
ということは彼らが組み上げた梁のスパンがおかしいのでは?ということになります.
そこで梁のスパンを測ると実際30mmほど短いのでした.

いろいろ怒鳴り散らかしたわりにはその原因は自分らのミスなんです.

『さん』と書きましたが,とび職がヘソを曲げたら現場が回りませんのでスーパーゼネコンの監督であっても一目おいて『鳶さん』と呼ぶことが多いです.
監督に向かってタメ口で来る鳶さんもいたりしますが,荒い口調も安全のため,そこはプロの仕事でかっこよくキメる職人さんが多く,尊敬もされるわけですが.
口は悪い,ウデは悪い,じゃ...ねぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

山形_TYPE1D_08(出戻り)

Yamagata_type1d_26

先日お返ししたFDKですが,使用されていて不具合が見つかったとのことで戻ってきました.
症状は,
『送信から受信へ切り替わるときに信号を見失うことがあり,PTTをカチャカチャすると復帰することもある』
とのことです.
 

オーナーさんが,『リレーだろうと思い交換してみたけど違うみたいだ』とのこと.

調べてみたところ,全く受信していないわけではなく,SSGのレベルを上げるとかすかに聞こえてきます.
どうもフロントエンドの3SK40がダンマリするようで,症状があるときにはドレイン電圧が下がり,ソース電圧が上がります.
スペアナにFETプローブをつけて当たってみたところでは自己発振している様子でもありません.
症状はたしかにPTTのON/OFFで出たり出なかったり...

Yamagata_type1d_27

これはFETのDC的な不良でしょう.
手持ちに3SK40はないなぁ,虎の子の3SK45は一個あるけど..
ここは3SK73に交換させてもらってもいいかな?

交換後は安定してます.

明日,3台退院できそう,いい週末でした.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大分_FT900_01

Ooita_ft900_03

いい感じでしょうか.
少しヒートランして様子を見ます.
6エリアじゃぁ行ったり来たりは大変ですからねHi

オーナーさんの話では一昨年,YAESUに聞いたら修理保証期限切れで断られたとのことでした.
このぐらい修理してあげてもいいかと思うんですが,どうなんでしょう..

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大分_FT900_00

Ooita_ft900_00

まあ遠いところをよくぞおいでになりました.
症状は7MHz帯以下の周波数でunlock.

4分割されているVCOの一つがアクティブじゃないんでしょう.

 
 

Ooita_ft900_01

これ,ちゃんと元に戻るんでしょうか(汗

バラす前にデジカメでバシバシ撮っておきます.

 
 
 
 

Ooita_ft900_02

VCOは単体でフリーランさせテストができます.
VCO切り換えのデジタル・トランジスタのひとつがスイッチングしきれていません.
デジタル・トランジスタの出力をダイレクトにグランドに落とすと発振します.

かといって,Trだけの不具合じゃなさそうな感じ.
スイッチング・ダイオードも含めて試験中.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

神奈川_IC736_03

Kanagawa_ic736_10

>焼けたBC帯BRFを修理したIC-736ですが,返送しようとしたところ,オーナーのkさんから
『送信も診てくれませんか?バンド間で出力差が大きいみたいです.』
との申し出があり,調べてました.
いまどきのマシンはALCでほぼフラットな周波数特性になるはずで,差がある場合BPFの切り換えが正常でないとか,特にハイバンドで落ちるときは高調波成分が多いとか,考えられます.
出力調整をしてみるとトリマポット回しきりでも14MHz以下で100Wやっとこさ,ハイバンドは50W程度....
そこで,ファイナルユニットを単体で動作させ,SSGから信号を入れて挙動を見たりしてました.(写真はテスト用ケーブル)

Kanagawa_ic736_09 しかし,結論からいきますと不具合は過電流保護回路の調整不良でした.
低い電流で保護回路が動作する状態になっており,ハイバンドで効率が落ちてくると保護回路にひっかかり始めるのが原因でした.

あらためて基板を眺めるとALC・保護回路周辺に痕跡がありますので何かあったのでしょう.

Kanagawa_ic736_11

受信感度も全体に低く,IFのトータルゲイン調整が狂ってました.

他人の手が入ったマシンは情報がないと苦労しますHi

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

こやつらめー

20120323_0

今日は現場でした.
100mほど先に見える邪悪な表情を見せはじめたやつら.
光学ズーム,テレ端×10.7です.

 
 
 

20120323_1

超解像ズームでさらに×2
色がちょっと変
手持ちではきつい

 
 

 

20120323_2


さらにデジタル・ズーム,これは手持ちではムリですね.
三脚使ってもレリーズ使わないとブレそうです.

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

比較

Cx2_cx6

比べてみました,室内,ISO100,フラッシュoffで撮ったものをトリミング.
被写体はhpのPCのカタログです.
CX6のほうがノイズリダクションが利いてる感じでしょうか.

Cx6_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

音響外傷性難聴

O君が出社するなり

『やっちゃいましたー,耳鼻科行かなきゃ..』

と..
ハイエンドなオーディオ装置やスピーカーは時として凶器になるようです.
耳元で大音響,という事故があったんですね.

私にも経験があります.
昔,リニアアンプの電源を点検中に高圧のオイルコンをスパークさせ,しばらく難聴と耳鳴りに悩みました.
耳鳴りはちょっと残ってしまった感じもしますが,やがて脳内プロセッサのDSPが利いたか,あまり気にならなくなりました.

大きな音響エネルギーも怖いですね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

形見のナイフ(試し撮り)

Centofante_0

CX6で何を撮ろうか..と思い出した義弟の形見
私に似つかわしくないお宝ナイフです,引っ張り出してきました.
イタリアのカトラリーショップで求めたものみたいですね.
作者のフランク・セントファンテは2009年9月に亡くなりました.

Centofante_4

緻密なスクリムショーはリック・B・フィールズの手によるものですが,彼も故人です.
こういうものはもう作られないのでしょうね.

 
 
 
 

Centofante_1

波紋のきれいなボルスター

 
 
 
 
 
 

Centofante_3

セントファンテらしいファイルワークです.

 

 

 

 

Centofante_5

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

CX6を観察

Cx6_1

CX2にはなかったオートフォーカス用センサ窓.
CX5にはあったのかな.
たしかにフォーカスは早くなっています.
あと,液晶モニタにズームアシストの小窓が表示されて,ズーム範囲が表示されるのは便利です.
CX2ではズームしたときに被写体をうまく探せずシャッターチャンスを逃すこともありました.

Cx6_2

左がCX2用,右がCX6用.
バッテリーが小さくなって,チャージャが大きくなってる.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CX6,ポチっと..

Cx6

CX2がそろそろ寿命らしいので思わずポチっとしてしまいましたCX6.
CX2との一番大きな違いは裏面照射型センサになってるってことで,それならCX5でもCX4でもよかったんですが,高速になったというAF,シャッター優先・絞り優先が可能らしいというところを試してみたいという部分もありました.
まあ,しょせんコンデジ,大きな期待はしてません.
とりあえず,CX2のマクロの良さには不満がありませんでしたし,意外と撮りたいイメージの写真が撮れてた感じがしましたから..

ただし,外装はグレードダウンしてますね,つるぴかのボディが気に入らなかったのでサードパーティーのライカ風貼り革なんてものを貼っちゃいました.
両面テープなんでそのうち剥がれてくるかも.
液晶保護フィルムを貼って,16GB・SDHCを入れ充電,いよいよデビューです.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

包丁4本研ぐ

20120318_0

おふくろから預かりました包丁4本.
上から
ヘンケル
木屋のスエーデン鋼(サンドヴィック鋼)
スエーデン鋼割り込みのもの
そして一番下が銘も何も入っていない包丁なんですが,錆びかた,研ぎ味からすると白紙か,ハンマーのあとが見えてけっこうちゃんとした打ち刃物のように見えます.
刃こぼれがひどいものは垂直に砥石に当てて直し,#180から中砥,仕上げ砥と研ぎました.
親父が生きていた頃からの包丁でしょうけどちゃんとした鋼材のものはいい刃がつきます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

うれしいね

20120317_0

あのコーヒーと,もう一人の甥っ子が送ってくれた美味しいパン.
彼が勤務する某有名パンやさんの自慢の商品で,当地ではなかなか手に入りません.
もちもちっとしてうまいんですよ,うれしい朝食.
我が家の好物に大ヒットです.

 
 

20120317_1

居間でまったりしてましたら『ピンポン』と,カミさんの友人.

『早く,大きいボールかなんか持ってきて!』

ホタテのお裾分けです.
うーん,デカい,2年もの,3年ものが入ってそう.
あとでお刺身にしよう.

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

代休の金曜

Compo_0

普段,気になっていることを片付けましょう.
まずは包丁,ナイフを研いで..

 

古いミニコンポ,ここのところ調子悪くCD聴いてて音飛び,FM聞いててバサバサ,それ以外にも音量が途切れたりとか...

Compo_1

CDはピックアップの汚れをきれいにしてレーザーの微調整..

FMはアンテナ端子をハンダ上げ

 
 
 

Compo_2

あとはミュートのリレーの接触不良があるんでしょう.
このリレーもオリジナルじゃなくて過去に一度取り替えているものですHi





あとは,トイレの蓋ですが
人が入ると自動的に開くやつなんですが,感度が悪くなっていて開きにくくなっています.
おそらく焦電型赤外線センサの劣化なんでしょうけど,修理中入れないってのも..ねえ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

甥っ子から

20120316

カミさんへのホワイトデーでスタバのコーヒーを送ってもらいました.
うちがコーヒー好きであること,主にコーヒーを淹れる当番は私であること,そして本当なら豆のままでいいんだろうけど今年は雪かきで大変だろうからあえて挽いてもらいました..と
まー,気遣いのできるように育った甥っ子にぐっときます.
早くして亡くなった義弟も喜んでいるでしょう.
コーヒーはエスプレッソにするのが最適な細かいメッシュで挽いてあります.
エスプレッソマシンを引っ張り出してきましょう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

every 5 years

Lisences

通信局からこんな案内が来るんですね.
さっそく申請しましょう.

3アマ・ペーパーライセンスのカミさんの分もやっときます..
カミさんはJF7だからそこそこ古いHi

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

上北郡方面

上北郡方面
降りましたねえ!
青森はアスファルト見えてましたよ。
ここは飛ばせる道なんですが、スノーポールが埋まって路肩がわからずホワイトアウトするのでゆっくり行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川_IC736_02

Kanagawa_ic736_06

オーナーさんからパーツが届きましたので作業に入ります.

まずは,焼け焦げを掘り込んだ部分に生基板を削って埋め込み,エポキシ樹脂接着剤で固め,ランドを作って部品を載せていきます.
先回,『サイボーグ化』と書きましたが,歯科技工士みたいで『入れ歯』って感じもしますね(^^;

Kanagawa_ic736_07

 

修理後..

 
 
 
 
 

 Kanagawa_ic736_08

 

いいと思います.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

太平洋側にドカ雪

春先に太平洋側にドカっとくると,いよいよ春が近いという感じがします.
こういうときは青森にはそれほど降らないのが通例で,実際,会社の駐車場に置いていた車に積もっていた雪はたいしたことなかったのですが...
自宅に帰ってきたら20cmほど積もってました,やっぱり山なのか,ここはorz

それにしても太平洋側は大変でしたね,↓三戸町の積雪の推移をご覧下さい.

20120312

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

山形_FDKs_このへんで

Yamagata_type1d_24

一通りチェックして返送すればいいやと思いつつ,週末ごとに仕事が入って長引いてしまいました,ウィークデーの夜はほとんどぐったりしてますのでダメ..
だいたいいいと思いますので返送したいと思います.
なかなか並ぶことがないと思うので記念撮影しときますHi

 

Yamagata_type1d_25

今回はパーツ交換しましたねえ.

執念深くやるならまだまだやらなくちゃいけませんが,『どこまでやるか?』はコストと価値観を含む問題になってきます..

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Leap Second

Leapsecond_alart

Leap Second Pending の黄色いアラートが出てましたGPS DO.

そうかぁ,今年は閏秒があるんでしたね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

土曜日ちうと現場

20120310

ここは次回も二週間後の土曜の予定.

近いなー杉,近すぎ.
今日はまだ大丈夫だけど次回はきびしいかも.
薬もらってこよう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

くしゃみ,鼻水

まだ早いと思うんですがなぜか私のセンサが働いてアラートを出しています.
今シーズン,初マスクしてます.
雪の次はまた厄介なものが降ってきますねえ.
現場も余計にきびしい状況になってきます.

20120309_2

※ 追記

あらー,始まってるようですねえ.

しかし高感度ですね,私 ^^;

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

建物倒壊多発

県内各地で建物の雪害相次ぐ(東奥日報)

大雪の今冬、県警地域課によると雪の重さによる県内の建物被害は7日午後5時半現在、126棟に上っている。同日は15棟で、このうち同時刻以降に7棟の被害が確認されていることから、被害棟数は130棟を超えた。昨冬を通じた被害は11棟だった。同課は、除雪作業中の屋根陥没などへの注意のほか、屋根雪が重くなって落ちやすくなっている時期を迎えていることから軒下付近の歩行を避けてほしいと呼び掛けている。

・・・・・・・・

>屋根雪が重くなって

重くなっていますかね?比重は増えているでしょうけど,追加の積雪がなく,暖気で融けてきているので乗っかっている雪の重量自体は減っているのでは?
(*追記 落ちてきたときの雪が重いから気をつけろっていうことのようですね.)

建物の倒壊が増えてきているのは気温が低くて凍りついていたときには雪荷重を屋根面全体で受けていたものが暖かくなって屋根面との摩擦が減り,重心が移動してより少ない本数の柱に荷重が集中して座屈するからなんじゃないでしょうか?

あー,うちの車庫もなぁ..マズい

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

デリンジャ

20120307

おととい大規模なフレアが発生したようで,宇宙天気情報でも荒れそうだということです.

さっそくブラックアウトが来てますねえ.
3月7日UT0000~0300の様子(アニメーション)

※追記
本日もX5.1,X1.3のフレアが連発しているようです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

備忘録です

460k_2

カウンタ46万通過でした.

熊谷さん,画像キャプチャ,ありがとうございましたHi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川_IC736_01

Kanagawa_ic736_04

前回,燃えたのはノッチと書きましたが,回路定数を見ると複同調からなるBC帯のBRF(Band Rejection Filter)の一部なんだろうと思います.
本来なら横で21MHzを運用されても同調して大電流が流れるようなところではありませんが,L成分だけのインダクタ,C成分だけのコンデンサというのは実在せずそれぞれに自己共振周波数のポールを持っていますので浮遊容量などと相まって変な周波数に共振している場合があるものです.

Kanagawa_ic736_05

BC帯のBRF回路なら,バイパスすると普通に受信できるはずですので試してみました.

極端に言うと『直さない』という選択肢もあるのかもしれません.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

神奈川_IC736_00

Kanagawa_ic736_00

山形FDKを最終チェックして返送したいところなのですが部品調達の都合でちょっとお先に拝見します,IC-736.
 

18MHzを受信中に煙が上がったということです.
当時,TS-930で21MHzにて運用中だったとのこと.

 

Kanagawa_ic736_01

ああ,燃えてますね,かなり.

 
 
 
 
 
 

Kanagawa_ic736_02

何が燃えているのかわからないくらいに燃えてます.
基板へのダメージも大きいですね.

燃えてたのは受信入力のフィルタ回路(ノッチ)のチップコン3個,チップインダクタ1個のようです.
DCには無縁の場所なのでやはりRFの回り込みでたまたま同調しちゃったんでしょう.

Kanagawa_ic736_03

炭化した部分を取り除いたところ.
かなり深いです.

なんとかサイボーグ化できるか..

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

kさん,30年前の作

Mr_k_trx_0

kさんからメールあり
『30年前にこんなの作ってました.』
とのこと.(21MHz TRX)
当時のCQ誌の記事を参考にされたようですが,FV-301をケースごと使われたようでFBにまとまってますねHi
ご本人の了解を得たので,ご紹介しときます.

 

Mr_k_trx_1

 
 
 
 
 
 
 
 

Mr_k_trx_2

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mr_k_trx_3

| | コメント (8) | トラックバック (0)

現場にてドーナツ

20120305

記事が前後しますが...

うちにドーナツがある確率がとっても高い我が家、カミさんが『お弁当が足りないかもしれないから持ってけ』というので。。
実際のところカロリーオーバーかも(汗
この箱にいっぱい入ってるわけじゃなく、二個だけねHi
いや、二個でもけっこうなカロリーか。。
現場動きまわってますから大丈夫かな^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

あー,疲れた

現場に20時過ぎまで居ました.
投光器使ってやってましたー
現場から自宅まで90分かかります,さっき(22時)夕飯食べ終わったところです.

職人さんが,この仕事二回目っていうビギナーでしてね,やっぱり遅い.
規模の小さい現場だし,上司が『この業者使ってくれ.』っていうから私ははじめて使ったんだけど,じゃあ自分で現場見ろよって感じ..
レベル覗いてても目がショボショボします(汗

| | コメント (6) | トラックバック (0)

現場です

現場です
土曜日っていうと現場が入る。
いま休憩中。
昨日、レンズ駆動部の洗浄をしたデジカメは調子いいです。
全ネジのところをプラスチックのパーツが軸方向に移動する箇所が経年変化で動きにくくなっていたんでしょうか、まあ、そんなに長くは保たないかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

不調なカメラ,その後

20120303

起動に失敗するCX2.
いったん起動しますとしばらく調子が良くて,冷えたり時間をおくとまたダメになったり..
そうなりますと,可動部分の不具合かもしれません.
ズーム・AFの機構にある全ネジとギアのところを洗浄してみました.
いまは機嫌よく起動してますが,どうなりますやら.
また様子を見ましょう.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

機転が欲しい

今朝,関東方面で大きな地震があったようですね,通勤の 社内 車内,NHKラジオで知りました.

速報を伝えるアナウンサー

『震度3を記録した地域をお知らせしています...
群馬県の行田市,熊谷市...』

これを何度も何度も繰り返すのですよね.
原稿が間違っているのでしょうけど,アナウンサーでしたら行田や熊谷が何県か知らないわけではないでしょう.
ディレクターとかスタッフも訂正させないのでしょうか.
パニック感を漂わせるようで非常にマズいと思うのですが..

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »