« 来ました | トップページ | 大分_Astro102BX_03 »

2012年3月30日 (金)

大分_Astro102BX_02

Ooita_astro102bx_07

電源のダイオード・ブリッジはRSコンポーネンツに発注,明日には届きますが暫定的に容量の小さなブリッジをつないで点検してまいります.
電源はブリッジを交換すれば正常に動くようです.
しかし,配線の細さが気になります.
ワイヤの引き回しも私ならこうはしないなぁ..
変えるかも.

Ooita_astro102bx_08

さて,本体の方は..中もきれいですねえ.

 
 
 
 
 
 

Ooita_astro102bx_09

裏面はさらにピカピカ.
プロ機っぽい基板ですね.
これはメンテしやすそう.

 
 
 
 

Ooita_astro102bx_10

おそるおそる電源投入.
元気に受信しています.
ノッチにガリがあるか..
QRHについてはたしかに突然走り出しますが,どうやらRITのスイッチゼロ調整のトリマポットの接触不良みたいですよ.

|

« 来ました | トップページ | 大分_Astro102BX_03 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

PICのコントローラーはVFOの上辺りに付けられそうですね。

投稿: k | 2012年3月31日 (土) 08時05分

最近の無線機と異なり
スペースが沢山ありますね

投稿: sky | 2012年3月31日 (土) 08時14分

kさん
PTOとカウンタの隙間に入るかな?Hi
穴あけしなくていいように粘着テープで貼る基板用のスタンドピンを発注しました.

skyさん
これでシールドがしっかりしていれば軍用機ですね.
さすがCUBICの息がかかっているだけあります.
ただ,回路構成は時代を感じます.

投稿: Yamada | 2012年3月31日 (土) 08時18分

あまり使っていなかったのでしょうか。良いですね~。
RITボリウムの交換ですむなら、代替品があれば簡単そうですが
最近はVRも入手難らしいですから、大変な世の中です。

RFでも配線が細いと締まった音が出ないとかあるのだろうか Hi
TR-7の純正電源PS-7は電源投入時に「カン」って言うんですが
オーディオアンプでは良くある話なので、それ位の方が良い?
でも 良く壊れるのは電源投入時のショックが大きすぎるから
ではないかと疑い、何年間も通電しっぱなしにしていました。

現在はずっと通電もされず。
何とかしたいけれど、そのチャンスは一体いつやって来るのか…
その前にスプリアス規制が始まって使えなくなるかな?
その点ではTR-7は問題多きRIGなので… Hi

投稿: JA7RHJ/熊谷 | 2012年3月31日 (土) 09時36分

TR-7 面白いマシンですよね
付属のマイクに釣られて買おうかと考えた事も
しかし、置く場所も、余分な小遣いもなく
計画は頓挫しました
コレクションは電鍵に留めておきたい

投稿: sky | 2012年3月31日 (土) 09時58分

基板のつくりがTR-7に似てますよねHi
古いRacalもこんな感じだった.

スイッチつきのRITボリュームは分解してみます.

ノッチ用のBournsの250k二連は分解は難しそう
メタルのピンを飛ばさないと...
同じのもなかなか無い感じです.
アルプスあたりのじゃダメですかねえ

この電源も投入時オーバーシュートがある感じで
メーターランプがピカっと光りますHi

投稿: Yamada | 2012年3月31日 (土) 10時04分

skyさん
TR-7は飼い馴らすのが大変ですよ.
メンテナンスなしには使えないと思います.
ファンも一定数いるようですね.

投稿: Yamada | 2012年3月31日 (土) 10時08分

キイとマイクが同じプラグなんですね?

投稿: k | 2012年3月31日 (土) 12時04分

まだ送信テストはしてないのですが
3Pのフォーンジャックでして,マイク・キー兼用のようです.
PTTラインがそのままキーイングになるんでしょうね.
マイクはハイ・インピですHi

投稿: Yamada | 2012年3月31日 (土) 13時39分

あー、3Pプラグ
ヤエスのデスクトップマイクもそうだった
アルゴノートもそうだった

投稿: sky | 2012年3月31日 (土) 20時17分

テストするのに何かマイクをでっちあげなきゃいけませんねHi

投稿: Yamada | 2012年3月31日 (土) 23時03分

全く話が外れますが、エイプリル・フールのお楽しみ企画なんでしょう、
Goole がモールス信号で日本語入力できます。
ホームページから簡単に行けます。

ちょっと試してみましたが、いささか反応が鈍くて
続けて文字入力できません。
漢字変換の時間もあるからでしょうか。

今日だけでしょうから、どうぞお試しあれ。

(同内容で複数のリストに送っています。悪しからず)

投稿: JA7RHJ/熊谷 | 2012年4月 1日 (日) 00時24分

うは Goole ⇒ Google

投稿: JA7RHJ/熊谷 | 2012年4月 1日 (日) 00時53分

へぇ,ちょっと見てきました
面白いですね,和文なんですねHi
40字ぐらいで打つとけっこうまともに変換されてましたHi

投稿: Yamada | 2012年4月 1日 (日) 01時35分

マイクですけど
お預けしていた箱にコンデンサマイク
くっついていたと思いますけど
3Pプラグだった筈

投稿: sky | 2012年4月 1日 (日) 06時54分

はて,ありましたっけ,アドニス?探してみます.
まあ,なければないで何とでもなりますので.

投稿: Yamada | 2012年4月 1日 (日) 07時42分

キーは裏パネルにもRCAが出ていました.

投稿: Yamada | 2012年4月 1日 (日) 16時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/54347647

この記事へのトラックバック一覧です: 大分_Astro102BX_02:

« 来ました | トップページ | 大分_Astro102BX_03 »