« 大分_Astro102BX_00 | トップページ | Whiskers »

2012年3月29日 (木)

大分_Astro102BX_01

Ooita_astro102bx_01

まずはヒューズが飛ぶ電源.
テスタであたりをつけて参ります.

 
 
 
 
 

Ooita_astro102bx_02

ヒューズが飛んでます.

 
 
 
 
 
 

Ooita_astro102bx_03

ダイオードブリッジの一角がショートしてました.
これで済んでいない可能性もありますね,本体が無事ならいいんですけど.

 
 
 
 

Ooita_astro102bx_05

 

ダイオードブリッジなら在庫が一つあったよね,とパーツボックスから引っ張り出しますと..
あらあら.. 

 
 

Ooita_astro102bx_06

ひどいウィスカが発生してますね.
物持ちがよすぎたか..^^;

これは使うのやめましょう
発注しますかー

|

« 大分_Astro102BX_00 | トップページ | Whiskers »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

なつかしいですね~
ブリッジが死んでいるということはファイナルは怪しいかな?
石は何を使っているのでしょうか。
2個のVFOのレベルが合わなかったりしてね。

投稿: JA7RHJ/熊谷 | 2012年3月30日 (金) 00時19分

ファイナルはMRF458
ドライバがMRF433です
飛んでたら大変

VFOのFETの動作点って周波数変動にすごく関係しますよね.
VgsとIdsのカーブ傾斜が温度でコロコロ変わるんだけど
カーブが交差する一点があってその辺で動作させる.
ま,そういう設計でしょうけどHi

投稿: Yamada | 2012年3月30日 (金) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/54341567

この記事へのトラックバック一覧です: 大分_Astro102BX_01:

« 大分_Astro102BX_00 | トップページ | Whiskers »