« 山形_TYPE1D_00 | トップページ | 山形_TYPE1D_02 »

2012年2月 5日 (日)

山形_TYPE1D_01

Yamagata_type1d_04

センターメータのズレはディスクリの調整で.

 
 
 
 
 
 
 

Yamagata_type1d_05

Sメータが振りすぎなので調整しようとしたところ『ポロっ』っとトリマポットが分解!!Hi
なんだーこりゃ^^;

 

 

 

Yamagata_type1d_06

VHFだから-93dBmでS9でいいのかな.

|

« 山形_TYPE1D_00 | トップページ | 山形_TYPE1D_02 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

 eye古いマシンは触るのが怖い、先日もセラミックトリマ-を調整中に
ペキッて! 見事剥離させてしまいました、トホホ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

投稿: ぶちゃのおやじ | 2012年2月 5日 (日) 08時54分

そうですねえ,トリマは生きてりゃラッキー,出来れば交換したほうがいいのですが,全とっかえは総合調整も伴いますから簡単には出来ませんね.
まあ,それも状況次第ですね.
ぐるぐる回された痕跡があれば待ったなしで交換ですね.
何十回も回す部品ではありませんね.

投稿: Yamada | 2012年2月 5日 (日) 09時19分

どうも自分のMULTI-8がそうだったためか、
福山の機械は外見はよさそうでも
造りがチープというイメージが抜けなくて…。

この半固定抵抗も安ものそうだなと思いますけれども
この程度はどこもそんなに違わないかもしれませんね。

交換するときは事前にセット位置の抵抗値を測っておいて
新しい方をテスタで近い値にセットして交換するんですが、
バラバラになられちゃあ~お手上げですね。

MULTI-8はファイナルが松下の2SC1190と独自性があったのに
その後各社が使っていた三菱の2SC1177に戻ったのは
何か理由があるのでしょうね。

FDKも松下の石が多くないですか? 2SC828/829をはじめ。
リレーを多用していません? これをVHFに?っていうような…

投稿: JA7RHJ/熊谷 | 2012年2月 5日 (日) 18時34分

Multi-8は一度修理したことがあったかも.
基板がダメでしたねえ.
FDKはあまり馴染みがありません.
アルインコに流れてったんでしたっけ?

Tr,こいつは2SC839だらけですねNECでしょうか.
あと3SK40を使ってますね.

>交換するときは事前にセット位置の抵抗値を測っておいて

そうするんですが,けっこう全体の抵抗値がバラついてたりするんですよね.

投稿: Yamada | 2012年2月 5日 (日) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/53904367

この記事へのトラックバック一覧です: 山形_TYPE1D_01:

« 山形_TYPE1D_00 | トップページ | 山形_TYPE1D_02 »