« コンベックス | トップページ | 祝日,休めず »

2011年11月 2日 (水)

ながの_TS-930_09

Nagano_ts930_12_2

narrowフィルタ使用時,CW-VBTで絞り込むと信号を見失ってしまう件.

回路(バージョン違いでいろいろありますが,これは一例)をおさらいすると,VBTのVRをNORMALからNARROWへ絞り込んでいきますとR18,Q3,R17を流れる電流が増加し,結果VF1は上がりOSC1の周波数はバリキャップ電圧が変わることで変化し,8.83MHzのフィルタの肩が中心周波数に対して⊿fだけシフト,VF2は逆に下がりOSC2を2⊿f戻すことによって445kHzフィルタの反対側の肩が中心周波数に対して⊿fシフト,結果帯域が2⊿f狭くなるというものと思います.

現状はどうでしょう,OSC1は300HzシフトしていてOSC2は540Hz戻しているようです.
帯域500Hz(中心周波数±250Hz)のフィルタを300Hzシフトした時点で目的周波数から外れてしまいます,OSC2側も同様で信号を見失う理由がわかります.
取説では500Hzのナローフィルタを使用した場合VBTで帯域約150Hzまで絞れると書いてあります.
ということは⊿fシフト量は本来175Hz程度が目安ということですね.

電源電圧,バリキャップやTrの特性変化,...etcいろいろ要因はありそうですが,症状が枯れて安定しているのか?今後劣化が加速度的に進むのか?判断に悩むところです.
いずれにしろ,二つの局発のシフト量をチューニングしていくことになります.

|

« コンベックス | トップページ | 祝日,休めず »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

そうなんですよね。
出ている症状が「部品の故障」によるものなのか「劣化」なのか・・(単なる「調整ずれ」と言うのは基本的にありえません。 何か原因があってずれている)
劣化だとすれば安定しているのか進行するのか、判断に迷います。
基本的には故障と判断して部品交換しますが、場合によっては大変な「どツボ」にはまる結果に・・ 今拝見しているTS-940がそう。
リレーと言うリレー、半固定VRと言う半固定VRが全滅ですよ。 一部は交換しましたが、キリがないので「復旧」に作業方針を転換しました。 手間掛かる~

投稿: jh7めv/職場 | 2011年11月 3日 (木) 10時09分

換えちゃうのが手っ取り早いんだけどねHi

バリキャップ取り替えちゃうと結局,定数全部見直さないとダメってことになりますね.
容量変化比とかQが似たものがあればいいんだけど.

940かー,けっこう手間かかりますよね.
AGCだいじょぶですか?

投稿: Yamada | 2011年11月 3日 (木) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/53141143

この記事へのトラックバック一覧です: ながの_TS-930_09:

« コンベックス | トップページ | 祝日,休めず »