« 気をつけて | トップページ | JNES »

2011年3月16日 (水)

警戒レベルは..

Analysis: Japan nuclear crisis now seen worse than Three Mile(reuters)

"This is a slow-moving nightmare," said Dr Thomas Neff, a research affiliate at the Center for International Studies, which is part of the Massachusetts Institute of Technology. "This could be a five or a six -- it's premature to say since this event is not over yet."

Experts said that international politics is starting to become evident in the international pressure being put on the Japanese. France's nuclear safety authority ASN said Tuesday it should be classed as a level-six incident.

"We are now in a situation that is different from yesterday's," said ASN President Andre-Claude Lacoste.

An American nonprofit, the Institute for Science and International Safety, went even further.

"This event is now closer to a level six, and it may unfortunately reach a level seven," ISIS said in a statement on its website. ISIS founder David Albright is a physicist who has published global catalogues of nuclear material.

Most, though, say the accident is still well away from the massive explosion that hit Chernobyl.

当初レベル4と発表されてから変えていないわけですが,これを読むと各所で,スリーマイル島の事態を上回るレベル6というべき状態,さらには最高指数の7に至ることも懸念されるという論調ですね.
また,4号機については,水位計が壊れていたことを知らなかったか,押し寄せる多くの問題に対応しなければならず,水位計を見ている人がいなかったのではないか,こうなる前に何らかの手を打てたはずだ,という指摘ですね.

"People literally probably did not know this was happening, either the instruments were wrong that were measuring the water level, were damaged in the earthquake, or they literally had people scrambling dealing with so many other problems at the plant they had no one's eyes on the level of the water in the spent fuel pools," said Seth Grae, chief executive of nuclear consultancy LightBridge Corp.

"My guess is that if they had, they could have dealt with this before it ever became a big problem ... we're literally talking about a hose."

|

« 気をつけて | トップページ | JNES »

震災」カテゴリの記事

コメント

あの広報たちが言うレベルですが
世界的な物差しと違うのでしょうか
もう、スリーマイルよりもチェルノブィリに近い
後手後手と動いている、というか・・

投稿: sky | 2011年3月16日 (水) 14時58分

EU各国で構成する原子力協議会?とかいうのが、”日本の出来事を教訓にしなければならない”とかいって、緊急時に確実に冷却できるかとうかのテストマニュアルをつくり、今秋までに各国でテストするとか。
悪いお手本になって、恥ずかしい。
というか、すると、いままで、t冷却テストって、おこなわれていなかったの?

投稿: JA7JYD | 2011年3月16日 (水) 16時07分

枝野さんの論調だとコントロール出来ているように受け取った人も多いでしょう.
そのあたりが海外メディアから "underplay" だと言われてましたね.
リスクを控えめに語っているのでは?ということでしょう.
ただ,国民の不安の方もエスカレートするとコントロール出来なくなります.
政府の立場,バランスとしたらああいうものになっちゃうのかなーとも思います.
起きている事象そのものから空気を読めば,そんなに楽観出来るもんじゃないってことはわかりましたしね.
悪い予感が次々に現実になってしまいましたが..

出来ることは限られていて,とにかく冷やすしかないんですが,タイミング的に海水注入をためらったような感じも受けますね.
海水入れたらもう炉が使えなくなりますからね.
結果,事態が悪化したように見えます.

>冷却テストって、おこなわれていなかったの?

そりゃ試運転は当然,定期的にやってるでしょう.
災害で動力が絶たれてバックアップも動かなかったわけですから平常時試運転で動いてもしょうがないですね.
設計の基準を見直して改修しないと..ただし,コストをいくらでもかけられるわけじゃない
なんせ古い方式ですし..
最近のは受動冷却で,冷却に動力使わないらしいですね.

投稿: Yamada | 2011年3月16日 (水) 16時37分

当初、アメリカから冷却材を空輸と提案した
しかし、日本政府はいらないと断った
今思うと簡単に止められると考えたのかな

投稿: sky | 2011年3月16日 (水) 17時18分

>日本政府はいらないと断った

このあたり,第一情報を知らないのですが
本当にそうだったのでしょうか
たとえばアメリカから輸送するほどのこともなかったとか..

投稿: Yamada | 2011年3月16日 (水) 20時15分

輸送するほどではなかった
でしようか、現場でそういうものを使ったという
報道、広報も聞きませんが・・
最悪に到らないことを祈るのみです

投稿: sky | 2011年3月16日 (水) 21時53分

信頼できそうな一次情報を得るのは難しいですね.
今日のヘリコプターだって防護服を着ていなかったので作業を中断したみたいですが,素人的には
『なんで着ないで行っちゃったの?』
と思うわけです.
それにも何か理由があるのかもしれませんね.

GEのジェネレータとかポンプが入ってくるのでしょうか,時間との戦いですね.

投稿: Yamada | 2011年3月16日 (水) 22時14分

受動冷却は福島2号にはついていましたね。  
ただ受動冷却と言えども自然対流だけでは非常に冷却期間が長くなってしまうために電磁ポンプなどを使っているので、今回のように電源が全てダウンしてしまったら稼働中の原子炉を何があっても安全に冷やせるか?と言われると「??」なのですが。
1号はなにせ古いので・・・建物も他の原発に比べてチャチなのと、異常に海岸線に近いなあ~と言う印象があります。
もし・・T社にあのまま勤めていたら、もしかしたら私は福島1号に行っていたかも!!

投稿: jh7めv/シャック | 2011年3月19日 (土) 18時46分

GEのMark1は古いですよね,設計者が反対して辞めたとかいう話..

いまごろ廃炉がどうのとか,海水入れた時点で決まりというか,海水入れるのをためらって対応が遅くなったんじゃないかっていう感じがしますね.

部分的メルトダウンでどれぐらいの放射性物質がバラまかれたのやら.
まだ進行中ですしね.
風が北にきそう,めvのところもお気をつけて.

投稿: Yamada | 2011年3月19日 (土) 20時16分

>めvのところもお気をつけて.
はい。 東北大理学部の先生が個人的に大学で測定した線量計のデータを開示してくれているので、それを見ています。
http://lambda.phys.tohoku.ac.jp/
現在0.2~0.3マイクロシーベルト前後のようで大きな変化はありませんが、それでも平常時に比べれば5~10倍ですね。
東電の姿勢は見え見えですね。  大会社にありがちな自己保身のやり口が許せません。
当初の会見に出てきた役員たちのしどろもどろな回答を聞けば、現場の状況を全く把握していないのがよく判ります。
ようやく現場の担当者が会見に応じるようになってきてマシにはなりましたが、原子力保安委員会も内閣も、当初は東電の見解をそのまま引用していましたね。
内閣はともかく、保安委員会の人間はプロなんですからね。 おかしいとは思わなかったんでしょうか?? さすがに菅さんも烈火のごとく怒ったとか・・当然ですね。
しかし、一国の総理が朝の五時過ぎに一般企業の役員室に乗り込んで一喝する!ってのも面白い話ですHi
東電は潰れるかも・・ でも命がけで頑張っている社員の姿が目に浮かびます。

投稿: jh7めv/シャック | 2011年3月19日 (土) 21時37分

アメリカのいう50マイルだとめvのところが入っちゃうよね,マジに
東京にいる理系志向のピアノ演奏者(笑)も,某物理学者のtwitterとか私以上に調べていて毎日電話がかかってきますHi

海外メディアには煽るところもあるのでしょうけど

suicide mission

cautiously optimistic

と,日本の対応が暢気すぎて,何をするべきかわかっていないという論調が目につきます.
ヘリにいたっては

using a squirt gun against a raging forest fire

と言われてましたね.
やっていることが手探りに見えて枝野さんの説明と裏腹,『そんなにマズい状況なんだ』と思いました.

何の責任もとらないお前が言うな,と言われそうですが..

投稿: Yamada | 2011年3月19日 (土) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/51134426

この記事へのトラックバック一覧です: 警戒レベルは..:

« 気をつけて | トップページ | JNES »