« リスク認知 | トップページ | 横浜_767_5 »

2011年3月26日 (土)

組織

東電に情報公表を厳しく指導 作業員被曝で枝野氏(sankei.jp)

 東京電力福島第1原子力発電所3号機で作業員3人の被曝(ひばく)した事故で、枝野幸男官房長官は26日午後の記者会見で、東電が作業前に放射線量を確認しながら作業員に注意喚起しなかったとされる問題について「官邸にそういった報告はなかった」と述べた。

 その上で枝野氏は「必要な情報は正確かつスピーディーに報告しないと、政府も適切な指示を出せないし、国民からも不信の念を持たれる。政府として、情報の公表や報告を東電に徹底していくよう厳しく指導していかなければならない」と述べ、東電の対応を批判した。

東電という企業からの報告を待っていて,それが上がってこないから政府としても対応のしようがない?
非常時の待ったなしのときにそんな古臭い上意下達の組織のままでいいのでしょうか?
政府も保安院も前線に近いところで参加するプロジェクトチームが必要だろうし,ネットワーク型の組織じゃないと迅速な対応は無理だと思うのですが.

|

« リスク認知 | トップページ | 横浜_767_5 »

震災」カテゴリの記事

コメント

こんにちは 今日も職場ですHi  買い出しするにはその方が都合が良いので・・
しかしずいぶん前に政府直轄の担当官を現場に派遣したので情報がスムーズに入るようになったと言っていたのではないか??と思うのですが。

平素「報・連・相」を徹底しなさい!とよく言われますが、非常時には現場の判断が優先すると思うんですよね。  いちいち上に報告して検討して上意下達で事を進めようとしたら手遅れになる・・とは思わないんでしょうか?
それが嫌なら現場に責任者を配して権限を委譲し、迅速な対応をとるようにしないとダメですよね。
もっとも平素から現場の判断で勝手に動いていた私が言える立場ではない?Hi

投稿: jh7めv/職場 | 2011年3月27日 (日) 10時50分

軍でも最前線のミッション担当者の装備から送られるカメラ映像やデータをある程度の権限を持った専門家のチームがリアルタイムで分析して指示を出す,それを上層部も同時に見ている,というスター型・ネットワーク型組織になってますよね.
今はテロとか戦争とか,それに匹敵する非常事態だと思うんですが..
それを,東電という一企業からの連絡がなかったから今後迅速に連絡するするように厳しく指導...って,何をするべきかが分かっていない気がしますね.

原子炉の状態,拡散した放射性物質の総量の把握,大事なところがいまだコントロールされていないので気が休まりませんね.
現場を知っている人間が判断しなきゃ,待ってちゃ手遅れという場面もけっこう発生していると思いますね.

私も現場に行けば個人プレーになります.
相談するべき相手がいないHi
建て前上,エンジニアなんていないことになってますので..

投稿: Yamada | 2011年3月27日 (日) 11時34分

まいったね・・東電さんには。
トレンチにほぼ満杯の状態で放射性物質の混じった水が溜まっていたとか。
それも丸一日経ってからの公表だもんな。
おまけに敷地内でプルトニウムかあ。
トレンチは放射線管理区域外ですから、通常は作業員が普通の作業服に帽子で作業している場所です。  原子炉やタービン建屋から直接配管が出入りしているような場所ではないので、放射性物質が入り込むなんてありえないんですよね。
そこに満杯の水って・・相当深刻な損傷が構造物にあるという証だと思うんですけどね。
ちなみにトレンチは比較的簡単に外気に触れる場所です。  しかも海のすぐ横。
しかし北西方向50kmはやばそうだなあ・・  我が家はほぼ真北か?

投稿: jh7めv/シャック | 2011年3月29日 (火) 00時11分

あんだけ注水して水位が上がらないっていうのに,どこへ行ってると思ってたんですかね.
まあ,注水するしかなかったし,温度と圧力の板ばさみで綱渡りってのもわかる(それこそが危機的状況),しかし後手後手で先回りの対応ってのがさっぱり見えないね.
拡散してるのはわかりきってるですよね,その総量と範囲,経路を把握する,把握できなければ推定して何かしなきゃね?..違うのかなあ

プルトニウム測ってみました,出ました,じゃなくてその総量は?わからないならどうやって推定?今後どうすんの?

私のボンクラ頭ではチェックメイトになる前にもっともっと大規模な先回りの対応が必要じゃないかと思えるのですが..違うのかなあ

投稿: Yamada | 2011年3月29日 (火) 00時40分

何だか素人が現地に集まっているとしか思えません
水蒸気爆発した時点で大変危ないと判断したはず
配管だって外れていると分かっていたはずですよね
初期段階で「廃炉」と決めて対応が何故出来なかったのか
ど素人の私には理解を超えています
政府は現地対策本部に人を送っていないのか
下請け孫受けの人たちだけが働いているみたいだし・・

投稿: sky | 2011年3月29日 (火) 06時40分

ますます『組織形態』の問題だと思うようになりました.
リーダーシップもあやしい.

海の上も含め土壌,水系,空気中の放射性物質のモニタリング,これは諸外国の力も借りてグリッドをきめ細かくして,拡散した物質の総量を見積もらないと対策も違ってきますよね.
煙や水蒸気はどこから?成分は?
分からないことが多いのはしょうがないけど傾向から推定することにも力を入れないと.
注水しても水位が上がりません,というならその水はどこへ行ったのか?周辺のピットやトレンチはカメラや水分センサでも据えて監視するぐらいじゃないとダメなんじゃないのかね.
『溜まってました』って言われてもなー

投稿: Yamada | 2011年3月29日 (火) 08時03分

あの数年前の女川原発が「煙」の時
きっちりと調査したのでしょうかねぇ
どうも適当な集団としか思えません

投稿: sky | 2011年3月29日 (火) 11時10分

私たちシロウトが後付けの情報をもって「実は自分は知ってた」みたいな認知バイアスに陥ることもあるのは承知しております.
(間違った情報を鵜呑みにすると9.11の陰謀論みたいなものに嵌ってしまったりするわけですね.)

ただ,今回はどうでしょう? 誰も考えてなかったのでしょうか,累計注水量とそれの行き先.
報道のされ方次第でどうとでもなるので余談を許しませんが..
さすがプロと言えるような対応がまったく見られません.

投稿: Yamada | 2011年3月29日 (火) 12時40分

一階にある女房のPCより書き込みHi
しかしなあ・・トレンチの出口数十センチレベルで水位を調整中なんですってよ。
漏れたら即OUT!! なんちゅう綱渡り状態でしょう・・
そうこう言っているうちに原子炉の温度が上昇→トレンチから水が海へ流れ込むのを承知で原子炉に給水するか、でもそうすれば原子炉内部の圧力があがって危険領域に・・ 三すくみですねこれは。
現場の人間の中にも原子炉の部分的破損や配管破損を考えて、今後外部に放射性物質を含んだ水が流れ出すであろうことを忠言した人はいるでしょうにね。
思うに、上の人がその考えを黙殺したか封じ込めたんじゃないかな?(東電ならやりかねないHi)
でも、この状況下で作業前に作業場所の放射線レべル測定を怠っていたという事が、まず理解できません。  平常時の現場ですらあり得ない話ですネ・・
放射線管理区域内では至る所(それこそ20mおき位に)に放射線モニターが設置されていますが、今回は停電のためにそれらが全く機能していないんですよね。
だったらそれを補って余りあるくらいの監視体制を敷かなくちゃ、作業員はたまったものではないですよ。  現場で命がけで働いている人たちは間違いなく下請け孫請けの人たちでしょうね。  まともに放射線管理教育も受けていないか、お決まりの教科書みながら解答OK!で無理やり合格したような人たち・・気のどくです。
先の3人が被ばくした事件の時、3人とも個別線量計が警報を発していたのに「誤動作だと思った」として作業を続けていたとか・・ 現場の安全指導は「警報が鳴ったら即作業を中止しすぐにその場から出ろ!」です。
「放射線管理手帳」 まだ手元に持っていますからね・・他人事ではないな。

投稿: jh7めv/女房のPC | 2011年3月29日 (火) 16時35分

一民間人の思い描く悪いシナリオを裏切って欲しいのですがそのままに物事が進んでいて悪夢のようです.
現実感が無くなってきました.

確かに過去の一連の会見の雰囲気よりはずっと厳しい状況だろうし,やれることも少ないのだろうとは思ってましたけど,それも初動のマズさからでしょう.
何もコントロール出来ていませんね,時間稼ぎが間に合わなかったら汚染拡大が一気に...
そんなこと言わないほうがいいのかなぁ,現実になりそうで.

投稿: Yamada | 2011年3月29日 (火) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/51222704

この記事へのトラックバック一覧です: 組織:

« リスク認知 | トップページ | 横浜_767_5 »