« 横浜_767_4 | トップページ | ある講演 »

2011年3月24日 (木)

原発事故関連リンク

左サイドバーに『福島原発事故関連リンク』を暫定的に設けました.
私は全く専門ではありませんが,なるべくならバランスの良い信頼のおけそうな情報源が必要だと思います.
検索すれば済む話ですが,ノイズも多いので...
何かいい情報がありましたらお知らせください.
パニックは避けましょう.

|

« 横浜_767_4 | トップページ | ある講演 »

震災」カテゴリの記事

コメント

混乱を避けるために、正しい(角度の高い、信頼のおける)情報を、という姿勢は正しいと思います。
少なくとも、ここの常連さんは、技術コンシャスな方が多いので、有効だと思います。
ここで確定された技術知識を、それぞれの周辺に広めていただければ、有意義です。

ただ、問題なのは、合理的な、科学的な考えを行う人ばかりではないので、論理情報の積み重ねでは、事態収束はなされにくいと思います。
特に、今は、地震などとの相乗効果で余計に頭がパニックになってるときなので。

ほかのコメントでもいいましたが、基本的な単位換算とかさえ普段苦手な方に、いきなり技術的な那覇市をしても、余計にパニックです。

そうは言っても、知識で乗り切らざるを得ない状況です。
ここは、われわれの周辺のためにも、ここに有効な情報をあげましょう。


投稿: JA7JYD | 2011年3月24日 (木) 13時42分

那覇市 ではなく、話を、ですね。失礼しました。

投稿: JA7JYD | 2011年3月24日 (木) 13時44分

もともと複雑な事象はそうそう簡単にはならないですね.
小めんどくささが伴います.
一方,不正確なデマみたいなものは安直な構造の場合が多く,『腑に落ちてしまう』危険性があります.
『分かりやすさの落とし穴』があると思います.

たとえば『電磁波恐怖』を煽るサイトや本が送電線,ラジオ波から電子レンジ,携帯電話までいっしょくたに『危険!!』という分かりやすい表現をする傾向があります.
それを批判するには周波数ごとに異なる電磁波の性質,発生源の形状,時間的被曝量,熱的効果,非熱的効果,疫学調査の意味,その他ハードルだらけの説明をしなきゃいけないのは何度も経験済みです.

だからといって何もしないわけにはいきません.
手探りの人,勘違いしてしまっている人,詳しく知っている人,境界の人..いろいろです.
なるべく有用なものを広げて行かないと..

投稿: Yamada | 2011年3月24日 (木) 14時37分

はじめの頃の記者会見のときにも東電の担当者がパニくって単位系をゴチャゴチャに話ししていましたね。Hi
すぐに訂正はしたものの口ごもった言い方だったので、ちゃんと伝わってはいないでしょう。
もっとも、拙宅の某有名進学高校に通う国立理系志望の次期受験生も、単位系を全く理解しておらず、唖然としてしまいましたHiHi
しかし、今回の福島原発を起因とする各地の放射線量って、チェルノブイリの時にはるばる8000km旅してやってきた放射線量より一桁くらい小さいんじゃないの??
メルトダウンして原子炉の頭が吹っ飛んだ時に考えますよHi

投稿: jh7めv/シャック | 2011年3月24日 (木) 14時43分

チェルノブイリは試験運転中の黒鉛炉が爆発火災を起こしたわけで格が違いますねHi
でも,まあ油断なさらぬよう..燃料発火するとしたら怖いですから

リンク先のモンリオールさんのスライドのまとめに

>チェルノブイリにおける最悪の一般公衆への影響はストレスと恐怖であった.教育と情報周知に失敗した.

と,ありますね.
やはり,『日本のケースでは秩序正しく適正に対応した』という結果に終わって欲しいのです.
情報過多にならず,なるべく確認が可能な一次情報に近いものを追う必要がありますね.

投稿: Yamada | 2011年3月24日 (木) 15時06分

うーむ
分からん、いったいこれからどうなるのか、何をするべきなのか。

細かい数値より、安全なのか、危険なのか、危険が近づいているのか、終息に向かうのか、これらが全然はっきり出来ない。

被爆と言うものが何かも理解していない方々が、避難指定地域に現在も現地に残っている事を専門家の方々や当事者の方々はどの様に思っているのでしょうね。

現場で作業をしている方々の安全も怪しくなってきました、私はこのまま終息してくれる事を祈るだけです。

専門家と言われる人たちがTVで、てんでバラバラな事をしたり顔して話していますが、今更安全管理はどうのこうのいっても仕方が無いと思うのです。

今何をすれば終息するの、それが知りたい。

投稿: JA7QQQ/8 | 2011年3月24日 (木) 21時15分

とりあえず,使用済み燃料も圧力容器の中も連続的に冷やせるような状態にならないともっと大惨事になるでしょうね.
使用済み燃料は地震に遭う前に100日プールで冷却し続けてきたものですが,それでも冷やさないことにはまだまだ危険な崩壊熱が出続けます.
圧力容器と違って格納容器に入ってませんから干上がったら大変なことになりますね.
放水で水をかけることは危険な作業で根本的な解決になりませんが待ったなしの苦肉の策,時間稼ぎなのですね.
一方圧力容器の中も綱渡り状態,コントロール出来ていないし,手探りのところもあるので目が離せませんよね.
ぜんぶ同時進行なのも難しさがあります.

とにかく連続的に冷やせる状態に!です.

投稿: Yamada | 2011年3月24日 (木) 22時48分

野良犬の遠吠えですが(笑)

原子力の専門家たちにいいたいのです。

テレビにでるような専門家に人たちに一様に言えるのは、想像力の不足、だと思います。
自分の専門範囲のなかに閉じこもって、あり得ない、考えられない、と言い続けてます。
人に害をなすような、放射能のような専門分野では、ありえない、は認められません。
言いきるなら、責任を取って、原子炉容器の中に入って、配線工事の手伝いでもしてほしいものだと思います。

自分は現場の中に入って作業することがないから、てきとうに喋ってばっかりいるのでは

逆にいえば、想像力がないから、専門分野の中に閉じこもって大きな顔してられるのではないですか?

投稿: JA7JYD | 2011年3月25日 (金) 13時57分

おっしゃることがよくわかりません.
誰が何に対して何をどう言ったのか,さっぱり..
現場作業にあたる人の急性障害のことなのか,一般市民の晩発性障害のことなのか...

権威的なものがとにかく嫌だということであればそういう話は勘弁して下さい.

震災に関してNEWS以外のTV(特にニュースショーやワイドショー)なんてまず見ませんし,そこに登場するコメンテータに私を納得させて欲しいなんて夢にも思いません.
ガソリンを学校プールに溜めろって言った与党国対委員長がいるらしいじゃないですか?
バカがうつりますよ.

何度も言ってますが,ゼロ・100%の二元論で怖い,怖くないっていうのが簡単なのでそうなりがちです.
『正しく怖がる』のは小めんどくさいこと,だけど必要なことです.
それが嫌なら,何か,誰か,の信者になるしかないんじゃないでしょうか.
それは私はごめんなのでボンクラな頭でも自分で咀嚼して考えたいと思いますよ.

投稿: Yamada | 2011年3月25日 (金) 15時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/51203777

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故関連リンク:

« 横浜_767_4 | トップページ | ある講演 »