« おかしいなあ | トップページ | 横浜_767_3 »

2011年3月21日 (月)

横浜_767_2

767などを聞いていて気になるのがVFOを回したときに音調がリニアに変化せず,ピロロロ,ヘロヘロという感じになることです.
(エンコーダのミスカウントのことではないです)
回路的にはPLLのサブループにVXOを用いて,デジタルデータをR・2RのDACへ入れ,バリキャップのアナログ制御電圧を作っていますが,この電圧をプロットしてみると100Hzごとにスキップしているのがわかります.

Yokohama_767_2_2

Yokohama_767_3

 
 

10Hz台を受け持つDAC(4bit)と100Hz台のDAC(4bit)がカスケードになっており,その間をつなぐ固定抵抗R269(270kΩ)を換えたらいいんじゃないか?と思い,やってみました.

 

 Yokohama_767_4

実際には半固定抵抗で調整を繰り返し,よさそうな状態になったら外して抵抗値を測って置き換えます.
今回は250kΩぐらいでしたが,他のマシンでもこれで上手く行くとは限りません.
だいぶ改善したように思います.
SSBのチューニングはわりと自然な感じになりました.

しかし,シングルトーンを聞いてダイアル回すと100Hzごとに入る「ポコ」というpopはあいかわらずでそんなに変わった感じがしませんねえ.

 

|

« おかしいなあ | トップページ | 横浜_767_3 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/51179833

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜_767_2:

« おかしいなあ | トップページ | 横浜_767_3 »