« おー,かの有名な | トップページ | 不思議な主張 »

2010年10月 9日 (土)

地元ラジオにつっこみ

今朝,寝床でラジオを聞いていたら,天気の予報について
『昔からの言い伝えに,実は科学的な根拠がある.』 
というような内容の番組を放送していました.
『夕焼けの次の日は?』 とか 『ネコが顔を洗うと?』
という類のものです.

その中で
『カマキリの卵の位置で大雪になるかどうかがわかる.』
というような趣旨の話が紹介されていました.

この話は新潟の民間研究者から出てきた通説で,カマキリの卵は積雪に耐えられず,埋もれると窒息して死ぬのでカマキリはそれを知っていて高いところに産卵する,というものです.

しかし,これについては我らが地元,弘前大学の安藤名誉教授が調査,研究発表されていてカマキリの産卵する位置はまちまちであり,雪の中に埋もれていても孵化率に変化が無いということでその通説を否定しておられたはずです.
地元のローカル番組ですから,新潟発の通説よりも地元発の学説の方を重視してもらいたいと思い,放送局にはその旨投稿しておきました.

|

« おー,かの有名な | トップページ | 不思議な主張 »

科学・疑似科学」カテゴリの記事

コメント

某クラブ局、JA7Y**のアンテナタワーの途中にも、カマキリの孵化後の卵の残骸がありましたが、地上高、2mくらいありましたかねえ。
どのくらいの高さまで登って産卵するんでしょうか。。。。。

投稿: sugiyama | 2010年10月 9日 (土) 08時28分

安藤先生のことについての東奥日報の記事では
産み付けられた高さは180~18cmとまちまちであった
とのことです.
雪に埋もれて冬を越すものが多いようです.

投稿: Yamada | 2010年10月 9日 (土) 08時36分

最近は見かけませんね
しかし、あの孵化してきたところは
すさまじい数の子供たちだった!

投稿: sky | 2010年10月 9日 (土) 09時18分

室内で孵化しちゃうと悲惨なことになりますよねえ
一度あったような記憶が...

投稿: Yamada | 2010年10月 9日 (土) 09時26分

近所の子供か欲しがったのでウチの庭のを大量にあげました。
その子はもって帰って、宝物だと机の中に…後は予定通り (^_^;)

投稿: oです | 2010年10月 9日 (土) 16時20分

うーん,想像しただけも
さぶさぶが出ますねえー

投稿: Yamada | 2010年10月 9日 (土) 16時34分

昨年、クラブシャック脇の卵が地上30cm!
みんなで今年は雪が少ないぞと言ってたのに、結構降りました。
今日クラブの作業でシャックに行ったら、カマキリが子作りの行為を!
始めて見ました!
さて、今年はどうなるか???

投稿: kci@ito | 2010年10月 9日 (土) 19時21分

青森発で新発見があるかも?Hi

新潟の民間研究者の方も悪気はないのでしょうけど
バイアスがかかっているので自説に都合の良い
データの見方をしてしまったんでしょうね

投稿: Yamada | 2010年10月 9日 (土) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/49689265

この記事へのトラックバック一覧です: 地元ラジオにつっこみ:

« おー,かの有名な | トップページ | 不思議な主張 »