« PJシリーズ | トップページ | JH1_767GX_9 »

2010年10月12日 (火)

JH1_767GX_8

Jh1_767gx_f

ATUはリレー交換してOK
不良なのは1個ですが,ATUのON/OFFということを考えて2個同時に換え,余った1個は保守用としてもらいましょう.

次に進みます.
リチウム電池は当然のように干上がってます.
フィンつきのCR-1/3Nもそうそう手に入らないですね.

Jh1_767gx_g2032を転がしておく方法で勘弁してもらいましょう.

 

ソケットをつけてテープでぐるぐる巻きにします.

後々の交換も楽に出来るでしょう.

 

Jh1_767gx_h

リードの根元は折れやすいですから,グルーガンで補強しておきます.

 
 
 
 
 
 

Jh1_767gx_i

これで,動作はだいたいOKなんですが,まだ気に入らないところがあるなぁ...

|

« PJシリーズ | トップページ | JH1_767GX_9 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

2032 ソケット交換ですか
今後の保守が楽ですね
何で半田付けするのか不可解な事でした
あれって商売のためでしょうか?

投稿: sky | 2010年10月12日 (火) 20時42分

ソケットを使うと接触不良が心配
ユーザにやらせると
汚い手で触った電池 ⇒ 接触不良
というストーリーが嫌だったんじゃないでしょうか

逆さに入れるとかね
何をやるかわかったもんじゃない

投稿: Yamada | 2010年10月12日 (火) 22時01分

そうですか、「親心」なんですね
ケアレスミスに対応した
ユニバーサルな設計にして欲しい
とヘボは思うのであります

投稿: sky | 2010年10月13日 (水) 06時55分

ま,ちょっと忘れっぽくなるぐらいは
重大な不具合じゃないしってことでしょうかHi

投稿: Yamada | 2010年10月13日 (水) 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/49722991

この記事へのトラックバック一覧です: JH1_767GX_8:

« PJシリーズ | トップページ | JH1_767GX_9 »