« JH1_767GX_1 | トップページ | Euオープン,試し射ち »

2010年8月20日 (金)

JH1_767GX_2

Jh1_767gx_6_2

アンテナ・リレーまわりのパターンを見ると送信系統のパターンのレジストが黒く変色していて,ハンダも焼けたような色をしています.
何か過酷なストレスがかかったんじゃないかと思います.


 

Jh1_767gx_7

でも負荷の異常ならプロテクトが働くはず,想像するに,リレー接点にオーミックなロスがあって発熱し熱が伝わる...それが長い時間をかけてこうなったんじゃないでしょうか.
先回確認したリレーのモールド・ケースの膨らみもその影響かな.

 

松下のNRリレーはリードリレーで1msec以下の高速な動作をするリレー(とっくに廃盤)です.
ただ,これがなかなか入手できません.
今回はオーナーさんの了解を頂いて,普通のミニチュアリレーに置き換えました.
このリレーの動作速度は数msecで,高速QSKはきびしいでしょう.
オーナーさんには当面,フルブレークインの使用は控えるようお願いしました.

Jh1_767gx_8

受信感度を心配しておられましたが,この状態でSSGの0.05μVが充分識別できますし,我が家のTS-850と比較しても感度は遜色ないように思います.
あとでざっと調整はしますけど,大きな問題はないんじゃないかと.

これで当初承った病状の『受信できない,ダイアルがミスカウントする』は回復しました.

送信パワーも問題なく出てます,しかし,アンテナチューナの動作がおかしいみたい.

|

« JH1_767GX_1 | トップページ | Euオープン,試し射ち »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/49194696

この記事へのトラックバック一覧です: JH1_767GX_2:

« JH1_767GX_1 | トップページ | Euオープン,試し射ち »