« 夏ノ暑サニモマケズ | トップページ | あっつい! »

2010年8月 6日 (金)

JA1_551D_5

Ja1_551d_c

電源をつないだだけでスイッチ断でもブロッキング発振が始まってしまう件.

オシロで監視しているとヒゲ状のスパイクが出てきてその間隔がだんだん狭くなりついにはクエンチング発振のようなノイズに成長します.
ヒゲ状のスパイクはツェナーダイオードでよく見るやつに似ています.

Ja1_551d_d_2

ファイナルユニットにはどうも原因がなさそうで,他にも電圧がかかりっぱなしのところって...

ああ,メモリ関係があるか,と見てみるとこのコネクタに渡りの配線があり,派手な波形が見られます.
回路を追うと,その先にツェナー二個,Tr六個の回路がぶら下がってます.
場所はフロントパネルの裏!
そっちかー
でも,今日は時間切れ(泣

 

|

« 夏ノ暑サニモマケズ | トップページ | あっつい! »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

もう少しで犯人がわかりそうですね!

投稿: 神奈川のK | 2010年8月 6日 (金) 07時19分

ツェナーとケミコンの交換ぐらいで直ってくれればいいですね.
ちょっと遠回りしてしまいました.

投稿: Yamada | 2010年8月 6日 (金) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/49071340

この記事へのトラックバック一覧です: JA1_551D_5:

« 夏ノ暑サニモマケズ | トップページ | あっつい! »