« 鉄工所で世話になる | トップページ | Gift for me. »

2010年6月13日 (日)

故郷を目に焼き付けながら燃え尽きるはやぶさ

「はやぶさ」大気圏突入前、地球撮影に挑戦

 【ウーメラ(オーストラリア南部)=本間雅江】小惑星探査機「はやぶさ」が日本時間13日午後10時51分に大気圏へ突入する。

 その直前、地球の撮影に挑む。大気圏突入で燃え尽きるはやぶさ。「7年ぶりに戻ってきた故郷の姿を最後に撮らせてやりたい」という研究者らの思いは通じるか。

 はやぶさは同午前9時には地球から27万6000キロ・メートルの距離に迫る。そこから見る地球は地上から見る月の約5倍の大きさになっているはずだ。

 しかし、はやぶさの最後の重要任務は、小惑星の試料を納めた可能性がある内蔵カプセルを機体の前面から地球に向けて放出する作業。それに必要な姿勢を保つため、底面のカメラは地球が見えない方向に向けている。

 相次ぐ故障を乗り越えて帰ってきたはやぶさに、その「目」で、もう一度地球を見せたい――。はやぶさ計画を率いる宇宙航空研究開発機構の川口淳一郎教授らが撮影を思い立った。カプセル放出から大気圏突入までの約3時間、残るエンジンなどの力を振り絞ってカメラを地球に向ける。

 うまくいけば、放出したカプセルも地球の手前に写るとみられている。カプセルは、はやぶさが大気圏に突入してから約20分後、ウーメラの砂漠に落下する見込みだ。

(2010年6月13日03時02分  読売新聞)

いやぁ,今夜,満身創痍でカプセルを見送り,大気圏に突入して燃え尽きる直前のはやぶさに故郷を見せてやろうという..泣けますねえ

この心にくいことをなさる川口プロジェクトマネージャー(wikipedia)って当県弘前の出身らしいです.
こういうアツい科学者,かっこいいですね.
年齢は私と一コ違い,弘前高校卒業ですか,私も入学した高校は弘高なのですが一年で転校してしまったのでニアミスもしてないですね,残念.

地球の画像が送られてきたら,涙無しには見られませんねえ.

|

« 鉄工所で世話になる | トップページ | Gift for me. »

科学・疑似科学」カテゴリの記事

コメント

「はやぶさ君」が大気圏突入して燃えながら落下する様子の和歌山大によるオーストラリアからの中継
http://www.wakayama-u.ac

「JAXA宇宙少年団」のはやぶさ君ライブ中継 管制室の様子も見られる!
http://www.yac-j.or.jp/tv/post-3.html

酒好きにはこんなのも・・skyさんにお勧めHi
「はやぶさ迎え酒」(720ミリリットル入り2本セットで5250円)
http://k-osake.com/hayabusa/index.html

投稿: jh7めv/シャック | 2010年6月13日 (日) 14時32分

jh7めv/シャックさん
どうなんですかねえ
4合ビン2本で5250円
何とも買いたくなる代物ではなさそうですが
これよりも模型が良いかもね

投稿: sky | 2010年6月13日 (日) 16時04分

8Q7では燃えながら落下するはやぶさが見えるんじゃないかって
言ってますね.
いよいよだねえ.

投稿: Yamada | 2010年6月13日 (日) 17時41分

すごいねえ 「はやぶさ」で検索する人が相当いるんだね。
先ほどから何処の検索サイトもアクセス集中でNGになってますよ。

投稿: jh7めv/シャック | 2010年6月13日 (日) 23時24分

すみません
酒のほうに反応しています

投稿: sky | 2010年6月14日 (月) 06時17分

カプセル回収,やりましたね.
それと,またも土壇場に裏技で姿勢を変え
地球の写真が撮れていたそうですね.
すごいや.

>酒のほうに反応

祝杯をあげて下さいHi

投稿: Yamada | 2010年6月14日 (月) 19時03分

そうですよね
最後に向きを変えて地球を撮影した
写真が途中で途切れているのも
何か悲しさが倍増するね
お疲れ様でした
人間なら、国民栄誉賞か文化勲章ものだ

投稿: sky | 2010年6月15日 (火) 13時16分

はやぶさ2の予算は仕分けされちゃってますよね.
開発が遅れてエンジニアの代が変わっちゃうと
どうかなー?って考えてしまいますね.

投稿: Yamada | 2010年6月15日 (火) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/48615467

この記事へのトラックバック一覧です: 故郷を目に焼き付けながら燃え尽きるはやぶさ:

« 鉄工所で世話になる | トップページ | Gift for me. »