« untitled | トップページ | untitled »

2010年2月24日 (水)

ちょっと残念

“高価格でも付加機能なし”、スウェーデンの空気清浄機「ブルーエア」に勝算はあるか(Nikkei Trendy Net)

日本のなんちゃらイオン空気清浄機と一線を画してHEPA静電フィルタだけの機能で押しているところは好感が持てます.
海外サイトのHPを見る限り潔くて大変けっこう.
ところが日本向けのサイトになると,とたんにこうなる(赤字強調は筆者によります)

空気を浄化する仕組み

  1. 音の静かなファンを通り、汚れた空気が取り込まれます。
  2. 汚れた空気中の粒子は、イオン化チャンバーのイオナイザーにより効率的にマイナスイオン化されることで、フィルターに吸着しやすくなります。
  3. マイナスイオン化された粒子はプラス帯電化した独自の「3ステップHEPASilent™フィルター」によって除去され、清浄な空気となりお部屋の中に戻されます。この仕組みにより騒音レベルは最低限に抑えつつも、最高レベルの粒子除去率とクリーンエアー供給率を実現しています。

海外サイト,たとえばUSだとどこにもマイナスイオンなんて出てこない,それは当然で日本だけで流行った造語だから"minus ion"とか言ったところで『何それ?』状態でしょう.
なんか同じことを言うのに国内じゃとりあえず『マイナスイオン』とくっつけておかないと売れないと思ってる?それは弱腰というかヘタレというか..

|

« untitled | トップページ | untitled »

科学・疑似科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/47649979

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと残念:

« untitled | トップページ | untitled »