« ぐったり | トップページ | 地震後のハイチの様子 »

2010年1月17日 (日)

ヒータで思わぬトラブル

20100117_0息子が使ってたヒータがあるので使ってみようと寒ーいシャックへ持ち込みました.

900Wと450Wの切り換えがありますが,450WにするとTS-850の電源(PS-32)が唸るのです.
900Wでは唸りません.

何でだろ?と考えましたが,シャックのACの電圧降下が大きいんだなという結論になりました.

20100117_1 どうやって電力を切り換えてるかというと,ダイオードで半波をバッサリやっているだけです.
そのせいでシャック内のACが電圧降下で半波サイクルだけ落ち込み,バランスが悪くなってPS-32のトランスが唸るんだろうと思います.
他のブレーカ系統で使っても問題ありません.

どうしたらいいか,というとシャックのAC配線の見直しでしょうねえ.

どうも電気屋さんの仕事がよくなかったみたいです.

|

« ぐったり | トップページ | 地震後のハイチの様子 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

Diで片方切るなんてのは手の良い方ですね。

普通は良くてリレー接点、それも5A程度のヤツでやらかしますんで数年で接点は溶着、もしくは黒焦げになります。Hi

修理は普通しません。 買ったほうが安いのでHi

投稿: jh7めv | 2010年1月18日 (月) 00時37分

シャックは増築部分なんですけどね
最初からレギュレーションが悪かった気がします.
隣のトイレの温水ヒータが入ると
電灯が暗くなりますHi

投稿: Yamada | 2010年1月18日 (月) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/47322103

この記事へのトラックバック一覧です: ヒータで思わぬトラブル:

« ぐったり | トップページ | 地震後のハイチの様子 »