« ペプシ・あずき | トップページ | 牛乳+ペプシあずき »

2009年11月11日 (水)

JA1_660_4

Ja1_660_4CWは通常セミブレークイン状態になる仕様のTS660.
しかし,電源入れた直後はブレークインが動作しません.
いったんマニュアルで送信すると利くようになる.

回路図を眺めますと,どうもセミブレークイン回路系の電源は他の系の電源よりも遅れて入るような遅延回路が組まれています.
このリレーが曲者なのか?

Ja1_660_5接触不良はありましたが,リレーを磨いても症状は改善されませんでした.

さらに見て行きますと,リレーのドライバTrを駆動するタイマ回路自体が遅いことがわかりました.

 
 
 

Ja1_660_6 基板を見ると中途半端な修理の痕.
時定数のケミコンの足が見るからにイモハンダ.

ついでにこの辺のTr,ケミコン,バイアス抵抗をいじりました.
電源投入後5秒ぐらいでセミブレークインが有効になるようになりました.
もっと早くてもいいか..

|

« ペプシ・あずき | トップページ | 牛乳+ペプシあずき »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

5秒くらいミューティングを掛けておかないと
ポップノイズ等が出て誤動作するとか?

投稿: JA7RHJ/熊谷 | 2009年11月12日 (木) 12時17分

たぶん「よーい!どーん!」だと送受のステータスが安定しないんでしょうね.
電源入れたとたんに送信状態とか?

あと,なんらかの原因でキーダウンされた状態のまま電源入れて送信になるとヤバいので,電源入れていきなりサイドトーンを聞いたら『あれっ?なんだ?電源切ろう』と対応するまでの時間稼ぎ?

投稿: Yamada | 2009年11月12日 (木) 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/46737358

この記事へのトラックバック一覧です: JA1_660_4:

« ペプシ・あずき | トップページ | 牛乳+ペプシあずき »