« 研ぎました | トップページ | FR-101D »

2009年10月14日 (水)

これはタイムマシン?Hi

以前からなんだか気になっているお店
Granpa's Shack

三號型水晶片,海軍型水晶発振子,スプリングリバーブ,シーメンスキー,レコード針...

|

« 研ぎました | トップページ | FR-101D »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

これは商売というより趣味なんでしょうかねぇ
「ぢいちゃんの小屋」か

今年の夏、50MHzて遊んでいたら、コールが近いからと呼ばれました
STJさんとラグチューしていて、近所のOTを誘って訪ねて見ました

http://www.yokohamaradiomuseum.com/index.html

なかなかのコレクションでしたが
公表していない、私物が手前の部屋にありまして
こっちはアマチュアの無線機が沢山、TRH-1なんていう
マニアックなものもありました

投稿: sky | 2009年10月14日 (水) 17時41分

旧軍無線機の資料館,個人で公開されてるんでしょうか,すごいですねえ.
HPもシブいです.

TRH-1はトリオですか,
私の世代よりも前ですねえHiHi

投稿: Yamada | 2009年10月14日 (水) 18時18分

どちらもすごいタイムマシンですね。

TRH-1スカイドリームは高校のクラブにありました、
現役で7MHzのA3で交信しましたね。
ファイナルは807だったような、
受信部は5球スーパー並みだったような。

投稿: JA7QQQ/8 | 2009年10月14日 (水) 21時58分

skyさん

いろいろ有難うございます。

投稿: JA7QQQ/8 | 2009年10月14日 (水) 22時00分

BFOがついててかろうじてSSBが聞けるんでしたかね.
TRH-1は使った事ないです

投稿: Yamada | 2009年10月14日 (水) 22時09分

TRH-1・・別名QRH-1だっけ?Hi
ローカルにもレストアしているOMが居ますよ。
使い物にならないと判ってはいても、ピカピカだったりするとさすがに存在感があるもんです。

FR-101D そうとう良い状態になったんですがFMのスケルチが開きっぱなしなのが判明!
ノイズ検波段の出力がほんの0.2Vほど低いためのようですが、原因が判らずちょっと頭を冷やします。

投稿: jh7めv | 2009年10月14日 (水) 23時35分

FM-DETモジュールのケミコンのリークじゃないのかなあ,
特にベースに入ってるやつ
でなけりゃダイオードかハンダ割れ?

投稿: Yamada | 2009年10月15日 (木) 08時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/46483521

この記事へのトラックバック一覧です: これはタイムマシン?Hi:

« 研ぎました | トップページ | FR-101D »