« リミッティングアンプ,できた | トップページ | これ,山田君なら »

2009年9月23日 (水)

工作をしていて

なんだかハンダが融けない.
コテの温度調節器の目盛りを上げたり
でも,どうして?融けない,あーれー?




すずメッキ線融かそうとしてましたorz

|

« リミッティングアンプ,できた | トップページ | これ,山田君なら »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

う~む

目のせいですか?
指先の感覚ですか?

投稿: JA7QQQ | 2009年9月23日 (水) 21時31分

目が・・・・・

投稿: sanyoshi | 2009年9月23日 (水) 22時04分

昔々、KH0のM/Mチームに遅れて現地合流したところ、
到着するなり、のっけからTL-922を修理してくれと言われました。

入力SWRが下がらずエキサイタのパワーが出ないので現地のハードウエアストアで
フォルマル線を買いフィラメントチョークを巻き直したが、やはり入力SWRが
下がらなかった、とのことでした。

チェックした結果、巻き直した線はフォルマル線ではなく、何と裸銅線でした。
よく考えれば、そんな気が利いたものは太平洋の島じゃ売っていないんでしょう。

ところが手持ちには高温じゃ融けそうなフツーのビニル被覆線しかありません。
それで巻き直したらターン数不足で一応ハイバンドのSWRは下がりましたけれど
オペレータの顔は引きつっていました Hi。一応48時間・3,000QSO持ちました。

全くどこかで聞いたような話だ、というわけです。

しかし後日判明したことは、本当に焦げていたのはフィラメントチョークではなく
入力RFCでした。直列点灯されている3-500Zx2本のうち片方のヒーターピンの
半田が融け落ちて点灯しないと、その中点に接続されている入力RFCには
本来流れるはずのないフィラメント電流14.5Aがモロに流れてしまうんですね。

いろいろ経験させてくれる楽しいアンプです Hi

投稿: JA7RHJ/熊谷 | 2009年9月23日 (水) 23時44分

夜更かしして0300過ぎたあたりの出来ごとですHi
こういう状態でアンプとかいじってたら死にますねHi

TL-922はある意味よく作られているのですけど
コンテストやペディではリスクが大きいですね.
フィラメントチョークが裸銅線!タッチしてなかったんですかね(汗

投稿: Yamada | 2009年9月24日 (木) 08時15分

そのとおり、巻線間がタッチしていたからRFCとして機能せず
入力SWRが高かった、というわけです。

このアンプ、KH5/KH5Kにも行っているんですが、
デントロン等がスパークしたりしてこけまくる中、
最後まで生き残ったアンプなのだそうです。

盛岡に帰ってきたときには四角い段ボール箱が卵形になっており
挿したまま輸送された 3-500Z は2本とも粉々に砕けていました。

まぁ壊れるのも困りますけれど、極限に近い状態では
修理しやすい、勘所がわかっている機械が良いですね。

投稿: JA7RHJ/熊谷 | 2009年9月24日 (木) 08時24分

500-Zパラではフロンティアの面倒を見ている時期が長かったです.
その後HENRYか.
922を持っている人は案外少なかった.
SB-2000はソケットがゆるくてヒータ・ピンがよく溶けました

今はロシア球の自作に凝っている方がおられまして
私がメンテする出番はありませんHi

投稿: Yamada | 2009年9月24日 (木) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/46292432

この記事へのトラックバック一覧です: 工作をしていて:

« リミッティングアンプ,できた | トップページ | これ,山田君なら »